第3回:どいつもこいつも走りが楽しい!!
輸入車チョイ乗りリポート~イタリア編~

2019.02.28 JAIA輸入車試乗会2019
JAIA合同試乗会の会場

	
	
	JAIA合同試乗会の会場拡大

輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! 第3回は、ファッションもグルメも、そしてクルマづくりも文化といえそうなイタリア編。「アバルト695Cリヴァーレ」「フィアット・パンダ4×4フォレスト」そして「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」の走りをリポートする。

アバルト695Cリヴァーレ
アバルト695Cリヴァーレ拡大
 
第3回:どいつもこいつも走りが楽しい!!輸入車チョイ乗りリポート~イタリア編~の画像拡大
 
第3回:どいつもこいつも走りが楽しい!!輸入車チョイ乗りリポート~イタリア編~の画像拡大
 
第3回:どいつもこいつも走りが楽しい!!輸入車チョイ乗りリポート~イタリア編~の画像拡大
 
第3回:どいつもこいつも走りが楽しい!!輸入車チョイ乗りリポート~イタリア編~の画像拡大

海と陸のコラボ 
アバルト695Cリヴァーレ……422万円

695Cリヴァーレ、なかなか良いあんばいに仕上がっている。今までのコラボレーションの相手はマセラティだったりフェラーリだったりと、誰が聞いても分かりやすいものだったが、今回はひと味違う。相手は「リーヴァ」なのである。 

リーヴァとは聞き慣れない名前だが、イタリアでは有名なラグジュアリーボートを製造するメーカー。自動車ブランドではない。そのリーヴァが製造した、最新鋭のフライブリッジボート「56リヴァーレ」からインスピレーションを受けてデザインされたのが今回の限定車だ。 

初めて目にする695Cリヴァーレは、リーヴァブルー/グレーのツートンカラーのボディーに、アクアマリンのアクセントラインが印象的。各部にはクロームパーツがあしらわれ、ベースモデルの「アバルト595」とは明らかに違うことが一目で分かる。あからさまではなく、どこか上品で優雅な雰囲気をまとっている。 

最高出力180psの1.4リッターターボエンジンは、「595コンペティツィオーネ」に準ずるもので、スポーツモードで走らせると、迫力のあるエキゾーストノートとともに、20Nm増したトルクを生かしてグイグイと加速するが、ノーマルモードで乗っている分には扱いやすくジェントルそのもの。「腰高な見た目の印象とは裏腹に、安定した姿勢でいくらでも曲がっていく感覚」も健在である。 

595コンペティツィオーネは、サイドサポートの大きなスポーツシートが付き、“屋根開き”が選べず、どちらかというとかなりスポーツ性能に振った印象が強い。それとは対照的に、この695Cリヴァーレは、キャンバストップを開け太陽に照らされたマホガニーのインパネを眺めながら、ネイビーのレザーシートに身をゆだねていると、まるで優雅にクルージングしている気分に浸れる。中身は高性能だけど、見た目は上品。この絶妙なバランスが、BMWで言うところのMではなくアルピナを選ぶような人にはかなり刺さるのではないだろうか。

(文=webCG 神戸/写真=峰 昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:どいつもこいつも走りが楽しい!!
    輸入車チョイ乗りリポート~イタリア編~
    2019.2.28 JAIA輸入車試乗会2019 輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! 第3回は、ファッションもグルメも、そしてクルマづくりも文化といえそうなイタリア編。「アバルト695Cリヴァーレ」「フィアット・パンダ4×4フォレスト」そして「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」の走りをリポートする。
  • FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車に 2020.3.5 自動車ニュース FCAがイタリア・ミラノで新型「フィアット500」を世界初公開。100%電気自動車となっており、パワーユニットには最高出力87kWの電動モーターを搭載。リチウムイオンバッテリーの蓄電量は42kWhで、320kmの航続距離を実現しているという。
  • アバルト500C(FF/5AT)【試乗記】 2010.11.29 試乗記 アバルト500C(FF/5AT)
    ……339万円

    かわいらしいイメージの「フィアット500C」にアバルト仕様が登場。ベースモデルとの走りの違いを確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビュー 2020.3.6 自動車ニュース 仏ルノーは2020年2月24日、コンパクトなEV「トゥインゴZ.E.」の概要を発表した。乗車定員や荷室の容量はガソリン車の「トゥインゴ」と変わらず、一充電あたり215kmの航続可能距離を実現している。
ホームへ戻る