「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車

2016.11.24 自動車ニュース
「日産エクストレイル20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「日産エクストレイル20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」拡大

日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。

新デザインの専用18インチアルミホイールを採用している。
新デザインの専用18インチアルミホイールを採用している。拡大
画面左のアラウンドビューモニターには移動物検知機能が備わる。画面右はインテリジェントパーキングアシスト機能の、駐車場所選択画面。
画面左のアラウンドビューモニターには移動物検知機能が備わる。画面右はインテリジェントパーキングアシスト機能の、駐車場所選択画面。拡大

今回の20Xttは、ガソリン車の「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやフォグランプをはじめ、手をかざすだけで開く「リモコンオートバックドア」、新デザインの専用18インチアルミホイールを採用。さらに、移動物検知機能付きの「アラウンドビューモニター」「インテリジェントパーキングアシスト」「BSW(後側方車両検知警報)」などの先進安全装備や、「Nissan Connectナビゲーションシステム」を採用している。

ラインナップと価格は以下の通り。

・20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”(FF/2列シート):282万8520円
・20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”(FF/3列シート):290万0880円
・20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD/2列シート):303万4800円
・20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD/3列シート):310万7160円

(webCG)

関連キーワード:
エクストレイル, 日産, 自動車ニュース

日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • 日産エクストレイルAUTECH iパッケージ(2列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2020.4.22 試乗記 オーテックジャパンの手になる、「日産エクストレイル」の純正カスタマイズモデル「エクストレイルAUTECH」。新たにザックス製のダンパーが装着された最新モデルの出来栄えを、デビューから6年を経たエクストレイルの進化とともにリポートする。
ホームへ戻る