「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車

2016.11.24 自動車ニュース
「日産エクストレイル20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「日産エクストレイル20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」拡大

日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。

新デザインの専用18インチアルミホイールを採用している。
新デザインの専用18インチアルミホイールを採用している。拡大
画面左のアラウンドビューモニターには移動物検知機能が備わる。画面右はインテリジェントパーキングアシスト機能の、駐車場所選択画面。
画面左のアラウンドビューモニターには移動物検知機能が備わる。画面右はインテリジェントパーキングアシスト機能の、駐車場所選択画面。拡大

今回の20Xttは、ガソリン車の「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやフォグランプをはじめ、手をかざすだけで開く「リモコンオートバックドア」、新デザインの専用18インチアルミホイールを採用。さらに、移動物検知機能付きの「アラウンドビューモニター」「インテリジェントパーキングアシスト」「BSW(後側方車両検知警報)」などの先進安全装備や、「Nissan Connectナビゲーションシステム」を採用している。

ラインナップと価格は以下の通り。

・20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”(FF/2列シート):282万8520円
・20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”(FF/3列シート):290万0880円
・20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD/2列シート):303万4800円
・20Xtt“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD/3列シート):310万7160円

(webCG)

関連キーワード:
エクストレイル, 日産, 自動車ニュース

日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 日産が「エクストレイル」の安全装備の仕様を向上 2019.1.11 自動車ニュース 日産が「エクストレイル」の仕様を変更。「ハイビームアシスト」「日産オリジナルナビ取付パッケージ」を全グレードに標準装備化。また標準装備である「踏み間違い衝突防止アシスト」機能に前進時歩行者検知機能を追加した。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
ホームへ戻る