クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

カロッツェリアAVIC-CE900VE-M
プラットフォームからOSまで一新、最先端サイバーナビの実力は?

2016.12.01 カーナビの達人2017 WINTER
カロッツェリアAVIC-CE900VE-M(トヨタ・ヴェルファイア専用の10V型モデル、パネルキットほか付き/想定価格=40万円前後)。8V型の汎用モデルはAVIC-CL900-M(オープン価格、想定価格=23万円前後)
カロッツェリアAVIC-CE900VE-M(トヨタ・ヴェルファイア専用の10V型モデル、パネルキットほか付き/想定価格=40万円前後)。8V型の汎用モデルはAVIC-CL900-M(オープン価格、想定価格=23万円前後)拡大

2016年5月にフルモデルチェンジしたカロッツェリア・サイバーナビ。期待の新機能も、6月の発売時点ではまだフルに味わえるわけではなかったが、冬になってようやく体制が整ってきた。その実力やいかに?

フルモデルチェンジしたサイバーナビはプラットフォームからOSまですべてが一新した。これは新たにデザインされたホーム画面。
フルモデルチェンジしたサイバーナビはプラットフォームからOSまですべてが一新した。これは新たにデザインされたホーム画面。拡大

サイバーナビ史上最強を高らかに宣言

ナビ能力に関しては、他の追随を許さないものの、操作レスポンスやエンターテインメント機能、音質等の面でライバルに一歩を譲った感のあった先代サイバーナビ。その課題を克服しつつ、ナビ機能に関してはさらに一歩進んだ先進性を手に入れるべく開発したのが、すべてを一新したサイバーナビ2016年モデルだ。プラットフォームには、コードネーム「AJ」と名づけられた最先端のものを採用、カーナビの心臓部ともいえるナビエンジンは、従来に比べて約3倍もの処理能力を持つものに進化、その結果2016年モデルはサイバーナビ史上、最速の演算処理&描画レスポンスを身につけるに至った。

カロッツェリア・ナビが飛び抜けた性能を誇っていた自車位置精度に関しては、さらに性能を向上。カーナビ基板上に、レグルスという自車位置精度専用システムを搭載するスペースを確保し、6軸3Dハイブリッドセンサーからの情報を含むさまざまな位置情報を精密に演算することで、従来を大幅に上回る自車位置精度を実現している。受信できる測位衛星はGPSのほかみちびき、グロナス、SBASまで多数。自動運転では高精度地図と自車位置精度がひとつのキモになるため、それに向けた布石ともいえそうだが、自車位置精度の高さは圧倒的だ。

カロッツェリア・ナビのもうひとつの持ち味が、スマートループを活用した渋滞情報などのリアルタイム配信。もっともこれらの情報は他社のナビにも提供されているが、サイバーナビ2016年モデルではさらに高度化したスマートループを実現している。情報の収集と提供が従来型スマートループだとすれば、新しいスマートループはスマートループ自体で情報を分析し演算して提供してくれるようになるのだ。これは2016年11月時点では実現していないが、12月からスタートする予定だ。

従来のスカウターユニットの進化版ともいえるMAユニットは安全運転支援機能を強化したほか、セキュリティーの要素も身につけた。すべてが一新したサイバーナビは久々にワクワク感のあるモデルだ。

基本性能その1<検索の特徴>

目的地を検索する場合、まずは画面の下にあるホームボタンにタッチし、ホーム画面をオープン。ここに、自宅検索などのよく使う検索項目を表示させておくことができる。それ以外の検索方法を使用したい場合は、画面をフリックするか、画面右上の「>」マークにタッチ。すると住所検索や電話番号検索など、他の検索方法の画面が表示される。

ガススタ価格情報や駐車場の満空情報は、通信を利用して検索だけではなく情報も収集できるもの。ガソリンスタンドを周辺検索する場合、ガススタ価格情報を使えば、価格まで表示してくれるからガソリン価格が安いスタンドが見つけられるし、駐車場満空ではその駐車場が満車か空きがあるかがわかるので、検索した駐車場に着いたら満車でとめられなかったという事態は避けられる。もっともタイムラグがあるため、必ずとめられるという保証はないし、ガソリン価格も多少の変動があることは知っておきたい。

音声検索もできる。これもなかなか便利だ。検索メニューにある「フリーワード音声検索」にタッチして、探したい場所の名前をしゃべる。フリーワードだから、名称に限らず好きな言葉でしゃべればいい。通信によりサーバーへつながり、候補をリストアップしてくれる。たまに、同じ名称の施設がずらりと並ぶ場合もあり、この辺はもう少し整理できないかなぁとも思うが、使える機能であることは確かだ。

検索メニュー。住所、電話番号、ジャンルなど、ナビ内に収録されたローカルデータによる検索からクラウド利用のガススタまで混在している。
検索メニュー。住所、電話番号、ジャンルなど、ナビ内に収録されたローカルデータによる検索からクラウド利用のガススタまで混在している。拡大
フリーワード音声検索も通信&クラウドを利用するが、ローカルデータを使う検索メニューと同じ場所にあり、通信を利用していることを感じさせない。
フリーワード音声検索も通信&クラウドを利用するが、ローカルデータを使う検索メニューと同じ場所にあり、通信を利用していることを感じさせない。拡大

基本性能その2<ルート探索の特徴>

カロッツェリア・ナビのルート探索は、到着予想時刻の正確さに定評があるが、それは今回も感じることができた。ルート探索した直後に表示された到着予想時刻と、実際に走って目的地に到着した時刻がほとんど違わないのだ。だからドライブの予定を立てやすい

そのルート探索が、今後さらに賢くなるというのだから期待は大きい。12月から開始予定のスーパールート探索は、サーバーを使ってルート探索を行う方式。従来のルート探索はナビ内で処理していたため計算能力に限界があったし、スマートループ渋滞情報を加味してルートを探索するとルートが提示されるまでけっこうな時間を要していたのだが、スーパールート探索はサーバー内の高性能なコンピューターで計算するので、速さも精度も上がる。たとえば、目的地とは逆の方向に高速の入り口があるケース。一般的なカーナビなら、目的地方向にある入り口から高速に乗るルートを探索するから、場合によっては一般道を長く走るケースも出てくるが、スーパールート探索なら目的地とは逆方向の入り口から乗ったほうが結果的に目的地に早く着く場合は、そちらのルートを提示してくれる。

ETC割引を考慮したルート探索も、ETC割引に対応した情報を持つサーバーを利用してルート探索を行うからこそできるもの。これまでは、ルート探索時に表示される料金と実際にかかった料金が異なることも多々あったが、これからは実際にかかる料金を事前に確認することができる。

6ルート探索は推奨1有料優先/推奨1有料回避/推奨2有料優先/推奨2有料回避/時間優先/料金重視の6つのアルゴリズムで計算。リストでは距離や所要時間、料金などを比較できるので、好みのルートを選択できる。これまでもサイバーナビは、時間が正確で頼れるナビだったが、スーパールート探索でさらに頼れるナビになること間違いない。

6ルートを同時に探索可能。12月にはサーバーを使ってドライバーに最適なルートを導き出すスーパールート探索が始まる予定で、さらにルートの質が高まる。
6ルートを同時に探索可能。12月にはサーバーを使ってドライバーに最適なルートを導き出すスーパールート探索が始まる予定で、さらにルートの質が高まる。拡大

基本性能その3<案内の特徴>

新サイバーナビの地図画面を見て、まず気づくのは地図表示が変わったこと。全体的なトーンは従来のものを引き継いでいるが、見やすく洗練された印象だ。というのも、新サイバーナビの地図は、従来のL-FORMATをやめ、最新のフォーマットを採用したから。ゼロベースで地図を見直し、より滑らかな道路の表現や、きめ細やかな陰影の表現を実現している。新サイバーナビでは液晶パネルも新しくなり、それとも相まって従来の約70倍もの色彩表現力を手に入れている。

道案内の表示に関しては、とくに目新しいものはないのだが、案内の正確性に関しては安心感が高い。それは高い自車位置精度からくるものだろうが、今走っている場所を正確に把握できるし、自車マークの動きもスムーズ。また、スピードが出る幹線道路を走っている時でも、狭い道を低速で走っている時でも、音声がジャストのタイミングで曲がるべき道を案内してくれるから、地図画面を見なくても、音声案内を聞いているだけで道を間違えることはほとんどない。

ドライバーズビューの表示をやめたのも、個人的には喜ばしい。実は前モデルまで採用していたドライバーズビューにはどうにもなじめなくて、その表示で走っていると道を間違えることが多々あった。それをなくしたのは評価したい。ターゲットスコープ表示はドライバーズビュー的な表示になるが、わかりやすさは大きく向上している。

ルート案内中にも前を走っているクルマに近づくとターゲットスコープが現れて注意を喚起する。車線の認識は高速だけではなく一般道路にも適用された。
ルート案内中にも前を走っているクルマに近づくとターゲットスコープが現れて注意を喚起する。車線の認識は高速だけではなく一般道路にも適用された。拡大
一般道をグリーン、高速道路をブルーで区別する案内ルートは、カロッツェリア・ナビのよき伝統。
一般道をグリーン、高速道路をブルーで区別する案内ルートは、カロッツェリア・ナビのよき伝統。拡大

マルチドライブアシストユニットで安全運転支援が充実

フロントカメラで捉えた映像を使い、前車との車間距離を検知したり赤信号や速度標識を捉えるような装備&機能は先代のサイバーナビからあった。旧モデルでは、カメラを含むユニットをクルーズスカウターユニットと呼んでいたが、新サイバーナビではそれが進化して、走行中だけでなく駐車時セキュリティーとしても活用できるようになった。そのため、新たにマルチドライブアシスト(MA)ユニットとネーミングされている。

前のクルマを捕捉するターゲットスコープは、捕捉能力と描画能力を向上。一般道、高速を問わず、ドライブしていると前方を走っているクルマを捉えて、推定車間距離や車間時間を教えてくれる。車間時間は自車と前方を走るクルマのスピード差を把握し、リングで教えてくれる。距離と時間が十分で安全な場合は小さいブルーのリング。前車に近づいていくとリングが大きくなり黄色に変わって注意を喚起し、さらに近づくとリングが大きくなって警告音が鳴るという具合だ。前車を捉えた画像の右下には、数字で前車までの推定車間距離を表示する。

ほかにも誤発進警告や右折時つられ発進検知、一般道のレーンキープサポート機能が新たに加わった。誤発進警告とは、信号待ちで停車中、ブレーキが緩んでクルマが動きだし前のクルマに近づいた時などに音と表示で知らせるもの。右折時つられ発進検知とは、ヒヤリハット地点での右折時に、前のクルマにつられて動きだすと音で注意を喚起するもの。交差点の手前では「この先ヒヤリハット地点です」といったアナウンスも流れる。

レーンキープサポートはこれまでも高速道路では表示していたが、新サイバーナビは一般道でも表示するようになった。車線をキープして走っていると、白線の上は水色で表示され、車線をはみ出すとその表示が黄色に変わって注意を喚起する。

従来もあった横断歩道予告検知表示などは残されているが、前モデルに採用されながら新モデルではなくなった機能もある。たとえば速度標識検知表示。ドライブ中に速度制限の看板を捉え、その画像を切り取って画面上に表示する機能だが、画像が粗くてよくわからなかったり、看板が汚れていてわかりづらかったこともあり、省略したのだろう。もっとも速度制限の看板表示は、実際に走って捉えた画像を元にするのではなく、地図データに組み込むこともできると思うので、そちらのほうが正確なのだが。

MAユニットになって新たに加わった機能がセキュリティー機能である。駐車中に衝撃や音感、電圧の各種センサーが異常を検知した時に、MAユニットが起動して、起動後約20秒間の映像を自動的に録画してくれるのだ。今回試乗した「トヨタ・ヴェルファイア」専用ナビの場合、パネル部にカメラが仕込まれていて、車内の映像も取れる。その映像と外を写すカメラの映像をひとつの画面に合成して表示する機能もある。

クルマに異常があった時、メールでドライバーに教えてくれる機能もある。MAユニットはドライブの安全をサポートするだけではなく、駐車中もクルマを見守ってくれるのだ。

付属のカメラが前車を捉えて、ドライバーに安全な運転を支援する。
付属のカメラが前車を捉えて、ドライバーに安全な運転を支援する。拡大
クルーズスカウターユニットが進化したMA(マルチドライブアシスト)ユニットはカメラ部と本体がセパレート構成。カメラは小型で目立たない。
クルーズスカウターユニットが進化したMA(マルチドライブアシスト)ユニットはカメラ部と本体がセパレート構成。カメラは小型で目立たない。拡大
MAユニットの本体サイズは幅177×高さ28×奥行き128mm。高さが28mmと薄いから、シート下の空きスペースなどに設置しておけばいい。
MAユニットの本体サイズは幅177×高さ28×奥行き128mm。高さが28mmと薄いから、シート下の空きスペースなどに設置しておけばいい。拡大
ターゲットスコープは前を走るクルマを捕捉して前車までの距離を教えてくれる。画像の右下にある44mというのが前車との距離。これは安全圏内。
ターゲットスコープは前を走るクルマを捕捉して前車までの距離を教えてくれる。画像の右下にある44mというのが前車との距離。これは安全圏内。拡大
ルートを引かずに高速走行中。画像は表示されないが、MAユニットは前車をしっかり捉えていて、近づきすぎた時などは警告を発してくれる。
ルートを引かずに高速走行中。画像は表示されないが、MAユニットは前車をしっかり捉えていて、近づきすぎた時などは警告を発してくれる。拡大
これもMAユニットにより実現した機能。路面に描かれたひし形のマークをMAユニットが認識して横断歩道があることを教えてくれる。
これもMAユニットにより実現した機能。路面に描かれたひし形のマークをMAユニットが認識して横断歩道があることを教えてくれる。拡大
こちらは地図データに収録されている機能で、「止まれ」の場所を地図に表示する。事前に一時停止の場所がわかるので安心感がある。
こちらは地図データに収録されている機能で、「止まれ」の場所を地図に表示する。事前に一時停止の場所がわかるので安心感がある。拡大

操作性を高める機能や操作アイテムも充実

操作レスポンスがあまりよいとはいえなかった旧モデルに比べ、大幅に操作レスポンスが向上したのが新サイバーナビ。フリック&ドラッグをはじめとしたスマホライクなユーザーインターフェイスでは後れをとっていたのだが、いよいよタブレット並みのスムーズな操作性を身につけたほか、ホーム画面のボタンの配置や大きさをドラッグやピンチイン/ピンチアウトで変更したり、ホーム画面に配置するボタンをカスタマイズできるなど、タブレットに近いユーザーインターフェイスが新型では実現した。

その操作レスポンスに関しては、他にもっと速いものもあるため、カーナビ史上最速というわけにはいかないが、サイバーナビにおいては史上最速であることに間違いはない。これくらいストレスなくスムーズに動けば、不満を言う人は少ないと思う。

ほかにも操作性を高めるアイテムが充実している。スマートコマンダーもそのひとつ。確か何年か前の楽ナビで初めて採用されたと記憶しているが、新サイバーナビは専用のスマートコマンダーを同梱(どうこん)している。さらに新型には車種別専用サイバーナビもあって、ヴェルファイア用のようにセンターコンソールに装着可能な専用のスマートコマンダーホルダーもある。左手がすぐに届く位置にスマートコマンダーが配置され、使い勝手がいい。とくに地図スケールを拡大/縮小したい時の使い勝手は抜群だ。スマートコマンダーのダイヤルを回転させるだけでいい。

リアスマートコマンダーアプリも用意された。今回試乗したヴェルファイアのようにフリップダウン式のリアモニターを組み込んだ場合、リアシートからダッシュボードにあるサイバーナビを操作してDVDを再生したい時など、このスマホアプリは便利だ。新サイバーナビは、スマホライクな操作が可能なタッチパネルやスマートコマンダー、音声操作、リアから操作可能なスマホアプリなど、さまざまなユーザーインターフェイスを駆使して操作性を大幅に高めているのだ。

ホーム画面のボタン配置はドラッグで自在に変更できる。ボタンの大きさも変更できるので、ユーザーが使いやすいようカスタマイズできる。
ホーム画面のボタン配置はドラッグで自在に変更できる。ボタンの大きさも変更できるので、ユーザーが使いやすいようカスタマイズできる。拡大
付属のスマートコマンダーはセンターコンソールに専用ホルダーで装着されていた。地図スケールをダイヤルで切り替えられるのが便利。
 
付属のスマートコマンダーはセンターコンソールに専用ホルダーで装着されていた。地図スケールをダイヤルで切り替えられるのが便利。
	 拡大

ネットワークを活用して最先端のドライブを楽しもう

スマートループやスーパールート探索、駐車中のアクシデントをドライバーにメールで知らせるセキュリティーインフォやアクシデントインフォなど、通信を利用したネットワーク機能が充実した新サイバーナビだが、ライブインフォも、ネットワークを駆使して情報を提供する機能のひとつである。

ライブインフォに含まれているのは、スマートループアイやスポットウォッチャー、パーキングウォッチャー、各種お知らせといった情報。スマートループアイは、サイバーナビのユーザー同士で、渋滞しがちな道路や交差点などの情報を共有できる機能で、これから通る道の交通情報をいち早く取得できる。従来のスマートループアイは表示の仕方にやや問題があり、情報を見ようと思うと地図と自車位置が見えなくなっていたが、新サイバーナビではその辺が改良されていて、見えるようになっている。また、ショッピングモールなどの駐車場の混み具合が事前にわかるパーキングウォッチャーも、前モデルから受け継いだ機能だ。ユーザー同士で画像情報を共有できるのも、サイバーナビならではの楽しみだ。

(解説=石田 功/写真=小河原 認)

パーキングウォッチャーはショッピングモールなどの駐車場の混み具合を画像で事前に確認できる機能。スポットウォッチャーは道路の様子が画像でわかる。
パーキングウォッチャーはショッピングモールなどの駐車場の混み具合を画像で事前に確認できる機能。スポットウォッチャーは道路の様子が画像でわかる。拡大
MAユニットのカメラは駐車中の監視も可能。AVIC-CE900VE-Mはパネルに室内カメラを搭載し、車内監視もできる。アクシデント時にはメールで知らせる機能もある。
MAユニットのカメラは駐車中の監視も可能。AVIC-CE900VE-Mはパネルに室内カメラを搭載し、車内監視もできる。アクシデント時にはメールで知らせる機能もある。拡大
「トヨタ・ヴェルファイア」のようなクルマには大画面ナビがお似合いだ。
「トヨタ・ヴェルファイア」のようなクルマには大画面ナビがお似合いだ。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。