「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売

2016.11.28 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight」
「スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight」拡大

富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。

「インプレッサG4 1.6i-L EyeSight」
「インプレッサG4 1.6i-L EyeSight」拡大

2016年10月のモデルチェンジ発表時に、1.6リッターエンジン搭載グレードは同年末の発売とアナウンスされていた(2リッターエンジン搭載グレードはすでに発売済み)。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションはCVTが採用される。

4ドアセダンの「G4」、5ドアハッチバックの「スポーツ」とも価格は同じで、FF車が192万2400円、4WD車が213万8400円。

(webCG)


 

 

関連キーワード:
インプレッサG4, インプレッサスポーツ, スバル, 自動車ニュース

スバル インプレッサG4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • 今度の7代目は買いなのか?
    新型「スバル・レガシィ」に思うこと
    2019.2.22 デイリーコラム 7代目となったスバルのフラッグシップ「レガシィ」。アメリカ国内でデビューした新型は、ファンの期待に応えられるか? 日本の“スバリスト”が、現在分かっている情報を元に同モデルを評価する。
  • スバル・レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.5 試乗記 6代目となり、先代よりさらにひとまわり大きくなった「スバル・レガシィ」。セダンの上級グレード「B4リミテッド」に試乗し、どのような変化を遂げたのか確かめた。
ホームへ戻る