「スマート・フォーフォー」の一部仕様・装備が変更

2016.12.07 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、「スマート・フォーフォー」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、操舵時に進行方向のフォグランプを点灯させることで、夜間走行時の視界を確保するコーナリングライト機能が追加された。また、「フォーフォー パッション」と「フォーフォー プライム」には、センターアームレストが装備されている。

ラインナップと価格は以下の通り。

・フォーフォー パッション:216万円
・フォーフォー プライム:237万円
・フォーフォー ターボ:257万円

(webCG)

 

「スマート・フォーフォー プライム」
「スマート・フォーフォー プライム」拡大

関連キーワード:
フォーフォー, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーフォー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマート・フォーフォー パッション(RR/6AT)【試乗記】 2016.1.26 試乗記 新しい顔を得て、一段と立派に生まれ変わった新型スマートシリーズ。その本命ともいえる4人乗りの「フォーフォー」に試乗した。ドイツからやってきた新しいシティーコンパクトは、こんな人にお薦めだ。
  • スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブ(RR/6AT)【試乗記】 2018.8.22 試乗記 よりパワフル、そしてスポーティーに仕立てられた、スマートの高性能バージョン「BRABUS」に試乗。今回のテスト車はリアシートを備えた4座の「フォーフォー」。スマートのミニマリズムに共感し、初代モデルを2台乗り継ぐ下野康史はどう評価する!?
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る