シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)

2016.12.22 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「シボレー・コルベットZ06クーペ」に試乗する。6.2リッターV8 OHVスーパーチャージャーユニットのピークパワーは実に659ps。低く、広く構えたボディーは一体どんな走りを披露するのだろうか。谷口が愛をもって挑む!?

659psがさく裂すると……

「いやあ、このクルマは面白いですよ」
谷口信輝がようやくコルベットZ06の走りの印象を語り始めてくれた。

「ここ(試乗のスタート地点)からブーンと出て行って、あの最初のカーブを曲がったとき、もう、笑っちゃいましたよ」
なにがおかしかったのか?
「もう、ガサツ。粗い。サスペンションが硬すぎて跳ねるし、ブッシュもグニャグニャ」
久しぶりに歯に衣(きぬ)着せぬ谷口が現れたようだ。
「エンジンはすごいパワフルですよ。もう、凶暴といってもいいくらい力がある。踏めばぐわっとエンジンパワーがわき上がってくるし、サウンドもいい。でも、シャシーはまったくダメ。本当に、冗談かって感じですよね」

私も試しに乗ってみたが、たしかにコルベットZ06のサスペンションは硬い。それもただ硬いだけでなく、ストロークするときのしなやかさが不足気味で、路面が荒れていると断続的にグリップを失う傾向がある。しかも、6.2リッターV8エンジンにはスーパーチャージャーが組み合わされて659psの暴力的ともいえるパワーを生み出すからたまらない。コーナリング中にリアのグリップが薄くなったところで不用意にスロットルペダルを踏み込めば簡単にトラクションコントロールが効き始めるし、発進時に乱暴な運転をすれば後輪は空転するばかりでちっとも前に進まないという状況にもなりかねない。

ただし、シボレーの名誉のために付け加えておくと、同じ6.2リッターV8エンジンでもスーパーチャージャーを組み合わせていない「コルベットZ51」であればそんな事態に陥ることもない。それも、単にZ06より最高出力が200ps近く少ないからというだけではなく、サスペンションがはるかにしなやかで、タイヤが路面にしっかりと追随してくれるからだ。しかもボディー剛性は高いから、「C6」までのコルベットとは別次元の、シュアで安心感の強いコーナリングを示してくれる。

 
シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像拡大
 
シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像拡大
 
シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像拡大
シボレー・コルベットZ06クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4515×1970×1230mm/ホイールベース:2710mm/車重:1610kg/駆動方式:FR/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:659ps(485kW)/6400rpm/最大トルク:89.8kgm(881Nm)/3600rpm/タイヤ:(前)285/30ZR19 (後)335/25ZR20/車両価格:1485万円
シボレー・コルベットZ06クーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4515×1970×1230mm/ホイールベース:2710mm/車重:1610kg/駆動方式:FR/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:659ps(485kW)/6400rpm/最大トルク:89.8kgm(881Nm)/3600rpm/タイヤ:(前)285/30ZR19 (後)335/25ZR20/車両価格:1485万円拡大
 
シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像拡大

関連キーワード:
コルベット, シボレー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA200d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る