シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)

2016.12.22 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「シボレー・コルベットZ06クーペ」に試乗する。6.2リッターV8 OHVスーパーチャージャーユニットのピークパワーは実に659ps。低く、広く構えたボディーは一体どんな走りを披露するのだろうか。谷口が愛をもって挑む!?

659psがさく裂すると……

「いやあ、このクルマは面白いですよ」
谷口信輝がようやくコルベットZ06の走りの印象を語り始めてくれた。

「ここ(試乗のスタート地点)からブーンと出て行って、あの最初のカーブを曲がったとき、もう、笑っちゃいましたよ」
なにがおかしかったのか?
「もう、ガサツ。粗い。サスペンションが硬すぎて跳ねるし、ブッシュもグニャグニャ」
久しぶりに歯に衣(きぬ)着せぬ谷口が現れたようだ。
「エンジンはすごいパワフルですよ。もう、凶暴といってもいいくらい力がある。踏めばぐわっとエンジンパワーがわき上がってくるし、サウンドもいい。でも、シャシーはまったくダメ。本当に、冗談かって感じですよね」

私も試しに乗ってみたが、たしかにコルベットZ06のサスペンションは硬い。それもただ硬いだけでなく、ストロークするときのしなやかさが不足気味で、路面が荒れていると断続的にグリップを失う傾向がある。しかも、6.2リッターV8エンジンにはスーパーチャージャーが組み合わされて659psの暴力的ともいえるパワーを生み出すからたまらない。コーナリング中にリアのグリップが薄くなったところで不用意にスロットルペダルを踏み込めば簡単にトラクションコントロールが効き始めるし、発進時に乱暴な運転をすれば後輪は空転するばかりでちっとも前に進まないという状況にもなりかねない。

ただし、シボレーの名誉のために付け加えておくと、同じ6.2リッターV8エンジンでもスーパーチャージャーを組み合わせていない「コルベットZ51」であればそんな事態に陥ることもない。それも、単にZ06より最高出力が200ps近く少ないからというだけではなく、サスペンションがはるかにしなやかで、タイヤが路面にしっかりと追随してくれるからだ。しかもボディー剛性は高いから、「C6」までのコルベットとは別次元の、シュアで安心感の強いコーナリングを示してくれる。

 
シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像拡大
 
シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像拡大
 
シボレー・コルベットZ06クーペ(後編)の画像拡大
シボレー・コルベットZ06クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4515×1970×1230mm/ホイールベース:2710mm/車重:1610kg/駆動方式:FR/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:659ps(485kW)/6400rpm/最大トルク:89.8kgm(881Nm)/3600rpm/タイヤ:(前)285/30ZR19 (後)335/25ZR20/車両価格:1485万円
シボレー・コルベットZ06クーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4515×1970×1230mm/ホイールベース:2710mm/車重:1610kg/駆動方式:FR/エンジン:6.2リッターV8 OHV 16バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:659ps(485kW)/6400rpm/最大トルク:89.8kgm(881Nm)/3600rpm/タイヤ:(前)285/30ZR19 (後)335/25ZR20/車両価格:1485万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の導入を発表 価格は1550万円 2020.8.27 自動車ニュース GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の日本導入を発表した。コルベット初のリトラクタブルハードトップを採用したオープントップモデルで、ルーフの開閉に要する時間は16秒。車速が48km/hまでであれば走行中でも操作が可能となっている。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • マセラティが新型スーパースポーツカー「MC20」を世界初公開 2020.9.10 自動車ニュース 伊マセラティは2020年9月9日(現地時間)、新型のハイパースポーツカー「MC20」を世界初公開した。同ブランドの新時代到来を告げるモデルとうたわれており、自社開発の3リッターV6ツインターボエンジンをリアミドに搭載している。
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
ホームへ戻る