「三菱i-MiEV」のインテリアが新デザインに

2016.12.21 自動車ニュース
「三菱i-MiEV」
「三菱i-MiEV」拡大

三菱自動車は電気自動車「i-MiEV」の一部仕様を変更し、2016年12月21日に発売した。

「三菱i-MiEV」のインテリア。ブラック/アイボリーのシートカラーが採用された。
「三菱i-MiEV」のインテリア。ブラック/アイボリーのシートカラーが採用された。拡大

今回の仕様変更では、インテリアに手直しが施された。インストゥルメントパネルは、ブラックのモノトーンからブラック/アイボリーのツートーンに変更。各種スイッチ類をセンターパネル中央下部に集約し、操作性を向上させるとともに、センターコンソールにはスマートフォンなどの小物類が置けるカップホルダートレイが設置された。

フロントシートも、よりサポート性に優れる新形状に。インストゥルメントパネルとのコーディネートに配慮したブラック/アイボリーのシート地が採用され、背もたれ前面にはレッドのアクセントコードが、座面と背もたれ前面にはレッドステッチが施された。さらに、ステアリングホイールやシフトノブをブラックの本革巻きとすることで質感の向上が図られた。

メカニズムについては、ステアリングコラム部にパドル式の「回生レベルセレクター」を装備。従来は3段階の設定だった回生ブレーキ力の調整が、6段階まで可能になった。空調機能も変更され、充電中にもエアコンが使えるようになった。

価格は、エントリーグレード「M」が227万3400円で、上級グレード「X」が262万4400円。ボディーカラーは、新たにレッドメタリックとライトニングブルーマイカの2色を加えた、全5色がラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
i-MiEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 i-MiEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱 2009.10.27 画像・写真 三菱ブースに並んだコンセプトカーや市販予定車を写真で紹介する。
  • そこにはどんなメリットが!?
    「三菱i-MiEV」が軽自動車を“卒業”した理由
    2018.4.25 デイリーコラム 2018年4月の改良で、登録区分が軽自動車から小型自動車へと変更された「三菱i-MiEV」。ランニングコストなどを考慮すると、メリットはなさそうに思えるのだが……。その背景にはどんな事情がある?
  • 三菱 i M (4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2006.4.14 試乗記 ……161万1750円
    総合評価……★★★★

    リアミドシップという清新な構想とプロトタイプを思わせる大胆なデザインで、鮮烈なデビューをはたした「三菱i」。販売は好調だが新たな発想が見られなかった軽自動車界に、豊かな将来性を見せた意義は大きい。


  • 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)【試乗記】 2011.9.7 試乗記 三菱i-MiEV G(MR/1AT)/M(MR/1AT)
    ……387万3500円/283万1100円

    マイナーチェンジを受け、ラインナップが拡充した「三菱i-MiEV」。電池容量が異なる「G」と「M」を、箱根で乗り比べた。
  • 三菱 i 【試乗記】 2007.4.2 試乗記 ……105万〜161万7000円

    いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!
ホームへ戻る