そこにはどんなメリットが!?
「三菱i-MiEV」が軽自動車を“卒業”した理由

2018.04.25 デイリーコラム

全長が軽規格からはみ出した

2018年4月19日に発売された電気自動車(EV)の「三菱i-MiEV」の改良モデルが、にわかに脚光を浴びている。なんと、今回のマイナーチェンジによって登録車、つまり白ナンバーになっているのだ。軽自動車のままでいた方が、メリットがずっと多いように思えるのだが……。一体、どんな事情があるのだろうか。

今回の改良は主にエクステリアを対象としたもので、前後バンパーとサイドスカートの形状を変更している。これにより全長が85mm延長され、新たなボディーサイズは、全長×全幅×全高=3480×1475×1610mmとなった。軽自動車規格はボディーサイズが全長×全幅×全高=3400×1480×2000mm以下と決まっているので、ボディーが長くなった結果として、軽自動車を卒業することになったのである。

EVらしい改良も行われており、新たに「電池高温時お知らせ機能」を追加している。これは高負荷運転を続けて駆動バッテリーの温度が高くなったときに「いま急速充電を行うと充電時間が長くなってしまいますよ」と教えてくれるというもの。一般的に公共の急速充電器は、最大30分の時間制限が設けられている。そのため、電池が高温のときに充電すると、駆動バッテリー保護のため、同じ30分でも充電量が少なくなってしまうことをユーザーに教えてくれるお役立ち機能だ。ほかにも、ボディーカラーを追加設定したり、グレード構成を見直してバッテリー容量の多い「X」に一本化したりしている。

ちなみに価格は従来型比で+21万3840円の294万8400円と、こちらもだいぶ立派(?)になっている。さらに、小型自動車になったことで、税金や高速料金といったさまざまなランニングコストもアップしてしまう。見た目と電池高温時お知らせ機能以外は変わっていないので、乗車定員は4人のままだ。

一部改良を受け、登録区分が小型自動車となった「三菱i-MiEV」。新デザインのフロントバンパーには、フォグランプも備わる。
一部改良を受け、登録区分が小型自動車となった「三菱i-MiEV」。新デザインのフロントバンパーには、フォグランプも備わる。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • そこにはどんなメリットが!?
    「三菱i-MiEV」が軽自動車を“卒業”した理由
    2018.4.25 デイリーコラム 2018年4月の改良で、登録区分が軽自動車から小型自動車へと変更された「三菱i-MiEV」。ランニングコストなどを考慮すると、メリットはなさそうに思えるのだが……。その背景にはどんな事情がある?
  • 三菱i-MiEV 2009.6.10 画像・写真 ついにデビューした本格電気自動車「i-MiEV」。そのディテールを写真で紹介。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • 三菱「i-MiEV」の上級グレードを大幅値下げ 2013.11.14 自動車ニュース 三菱が「i-MiEV」と「ミニキャブMiEVバン」を一部改良し、販売を開始した。
ホームへ戻る