どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ!

2020.12.25 デイリーコラム
筆者がかつて所有していた空冷の「ポルシェ911」(写真)は、いまや一般人は買えないほどの高値になってしまった。定価で買えるいまの新車のなかに、そうした有望株はあるだろうか?
筆者がかつて所有していた空冷の「ポルシェ911」(写真)は、いまや一般人は買えないほどの高値になってしまった。定価で買えるいまの新車のなかに、そうした有望株はあるだろうか?拡大

いずれは得する? 5台の貴重車

「クルマは売っても買っても損をする」とは、故・徳大寺有恒さんの言葉だ。さすがは希代の自動車評論家にしてクルマ趣味人。誠に正論といえましょう。

興味あるクルマに対して、「いくらくらいするんですか?」とは、どうしても聞きたくなる質問だけれど、金銭的価値だけを直接的に知ろうとするのは、あまりにやぼというもの。ましてや「いずれ値上がりするクルマは……?」とウの目タカの目になるのは趣味の道を踏み外している。

とはいえ、かつて自分が所有していたクルマが思いのほか高価で取引されていて、内心、じくじたる思いを禁じえない。そんな人、多いのでは? かくいうワタシも、以前アシにしていた「930」こと「ポルシェ911」(1988年型のクーペ、MT車)と同じ仕様のクルマが700万円台で売られていて、ひっくり返ったことがある。ウン十年前の購入時には、いわゆる“ビカもの”(極上品)ながら200万円を切った金額だったから、その高騰ぶりにビックリ!

このたびのコロナ禍によって、趣味的中古車の価格上昇が止まるか、反転下落するか、はたまた上がり続けるか、それはわからない。ステイホームの暇つぶし(?)に、「大事に取っておいたら価値が出そうな、いま新車で買えるクルマ」を、個人的かつ趣味的視点から5台ピックアップしてみました(順不同)。ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニといった、ガチな投資物件は除外しています。

2020年1月にはマイナーチェンジモデルが発売された「ホンダS660」も、いつ消えてしまうかわからない。将来性で言うと、“最後の特別仕様車”あたりがねらい目か……?
2020年1月にはマイナーチェンジモデルが発売された「ホンダS660」も、いつ消えてしまうかわからない。将来性で言うと、“最後の特別仕様車”あたりがねらい目か……?拡大
運転席最優先でデザインされた「S660」のインテリア。これほど趣味性の高いクルマが200万円そこそこから買えるとは、ありがたいことである。
運転席最優先でデザインされた「S660」のインテリア。これほど趣味性の高いクルマが200万円そこそこから買えるとは、ありがたいことである。拡大

■ホンダS660

言わずと知れた軽のミドシップスポーツ。約30年前に登場した「ビート」は絶対的な動力面ではいささか頼りなかったが、「S660」は3気筒に過給機を得て存分に「スポーツ」を楽しめる。203万1700円からと軽自動車にしては高価だが、丈夫なボディーとリーズナブルな維持費ゆえ、手元に残しやすいクルマなのでは? 3ペダル式のMTが選べるのもうれしい。

キャラクターを“走り”に振り過ぎたせいか、ビートほどライフスタイルに広がりを感じさせないきらいはあるものの、峠をひと走りすればそんなことは忘れてしまう。世界的にも珍しいマイクロスポーツ保存の観点からも、オーナーの方にはぜひ大事に乗っていただきたい。うらやましいぞ。

ホンダ S660 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
  • ホンダS660モデューロX(MR/CVT)【試乗記】 2020.5.8 試乗記 「ホンダS660」のマイナーチェンジに合わせ、ホンダアクセスが手がける純正コンプリートカー「S660モデューロX」も最新モデルへとアップデート。ちょっとマイナー(?)なCVTモデルを連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:無限/NISMO編)【試乗記】 2020.11.26 試乗記 メーカー直系のチューニングブランドが一堂に会する合同試乗会を取材。後編では、無限(M-TEC)が現在開発中のカーボンエアロを装着した「ホンダS660」と、同じく無限の用品を装着した「シビック」、エンジンまで手が入った「日産マーチNISMO S/ノートNISMO S」を試す。
  • ホンダS660ネオクラシック 2018.9.4 画像・写真 ボディーパネルや灯火類を交換することで「ホンダS660」のスタイリングをクラシカルに変えられる、「S660ネオクラシックキット」が登場。“変身後”のS660の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る