「BMW 2シリーズ グランツアラー」に装備充実の限定車

2017.01.18 自動車ニュース
「BMW 218dクロスカントリー」
「BMW 218dクロスカントリー」拡大

BMWジャパンは2017年1月18日、「BMW 2シリーズ グランツアラー」に、特別仕様車「218dクロスカントリー」を設定し、同年1月28日より200台限定で販売すると発表した。価格は492万円。

ボディーカラーは専用色のインペリアルブルー(左)と、アルピンホワイトの2色が用意される。
ボディーカラーは専用色のインペリアルブルー(左)と、アルピンホワイトの2色が用意される。拡大

シリアルナンバー入りのインテリアバッジを装着

今回の特別仕様車は、2リッターディーゼルターボエンジンに4WDを組み合わせた「218d xDriveグランツアラー」の導入を記念して設定されたモデル。同車をベースに、さまざまな特別装備が追加されている。

エクステリアでは、ルーフレールを標準装備としたほか、専用デザインの17インチアロイホイールを採用。ボディーカラーはアルピンホワイトと、専用色のインペリアルブルーの全2色が用意される。

インテリアでは、ブラックのSensatecレザーシートに、フロントシートヒーティングが組み合わされる。また、専用のハイグロスブラックインテリアトリム/パールクロームハイライトには、シリアルナンバー入りのインテリアバッジが装着される。

装備面では、車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行うアクティブクルーズコントロールに加え、後席の乗員が食事をとるときに便利なフロントシートバックテーブルや、荷物で両手がふさがった状態でも、足元の操作でテールゲートの開閉ができるオートマチックテールゲートオペレーションなどが備わる。BMW 2シリーズ グランツアラーの機能性と快適性を高めることにより、「アウトドア志向のファミリーに最適な仕様」(プレスリリース)にしたという。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • ボディーカラー:アルピンホワイト、またはインペリアルブルー(専用色)
  • ルーフレール:ブラック
  • 専用17インチ ダブルスポークスタイリング385アロイホイール
  • 専用Sensatecレザーシート(合成皮革):ブラック
  • フロントシートヒーティング
  • 専用ハイグロスブラックトリム/パールクロームハイライト
  • 専用シリアル番号入りインテリアバッジ
  • 専用シリアル番号入りキーケース
  • アドバンスドパーキングサポートパッケージ(PDC/パークディスタンスコントロール<フロント>+パーキングアシスト)
  • ACC/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
  • プラスパッケージ(ITSスポット対応DSRC車載器<ルームミラー内蔵、ETC機能付き>+フロントフォグランプ+オートマチックエアコンディショナー<AUC[オートマチックリサーキュレーティングエアコントロール]+マイクロフィルター[花粉除去機能付き]+左右独立温度調節機能+後席用エアアウトレット[風量・温度調節機能付き]+パーキングベンチレーション>]
  • 電子油圧制御式8段スポーツオートマチックトランスミッション(ステップトロニック付き)
  • マルチファンクションスポーツレザーステアリングホイール(シフトパドル付き)
  • 専用フロントシートバックテーブル
  • コンフォートパッケージ(オートマチックテールゲートオペレーション+コンフォートアクセス+ライトパッケージ)
  • 専用HiFiサウンドシステム

(webCG)

関連キーワード:
2シリーズ グランツアラー, BMW, 自動車ニュース

BMW 2シリーズ グランツアラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 218dグランツアラー Mスポーツ(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.21 試乗記 “7人で乗れるBMW”「2シリーズ グランツアラー」の、ディーゼルモデルに試乗。ミニバンとしての実用性は、どれほどのものなのか? 走りの質感とあわせてリポートする。
  • BMW 225xeアクティブツアラー ラグジュアリー(4WD/6AT)【試乗記】 2016.6.6 試乗記 日本での販売も好調な「BMW 2シリーズ」の“FFモデル群”に、新しい選択肢「225xeアクティブツアラー」が加わった。単なるハイブリッドではない、驚きの四駆のPHVである。日本市場を取り巻く環境とその実力を検証してみた。
  • BMW 218dアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 「BMW 218dアクティブツアラー」に2リッターディーゼルターボ搭載車が加わった。新世代クリーンディーゼルエンジンを得て、アクティブツアラーはどんな魅力を手に入れたのだろうか。
  • 何がライバルと違うのか? 「ゴルフ」が“基準のクルマ”とされるワケ 2021.7.12 デイリーコラム 1974年の初代誕生以来、FFハッチバック車のお手本とされてきた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。同カテゴリーの元祖でもないのに、かくも高く評価されているのはなぜか? その決定的なポイントについてリポートする。
  • 第210回:カーマニア最後の桃源郷 2021.7.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車4台がすべて後輪駆動となったいま、カーマニアとして「人生の目的は達した」はずなのだが、なぜかココロは満たされない。その足りない何かに気づき、中古車サイトで検索したのは、まさかの“軽トラ”だった!
ホームへ戻る