第26回:ディーゼルに快音はあるのか!?

2017.01.24 カーマニア人間国宝への道

ディーゼルユニットの個性とは?

ニッポンが誇る革新的クリーンディーゼル、マツダ・スカイアクティブD。しかし私は薄情にもその搭載モデルの購入を見送り、「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」(7年落ち中古で208万円)なるレア車を買ってしまった。

ところで、ガソリンエンジンの場合は、言うまでもなくユニットによってさまざまな個性があるわけだが、ディーゼルエンジンはどうなのだろうか?

正直なところ、ディーゼルユニットの個性はかなり弱い。一般的には「ディーゼル」でひとくくりにしてしまっていいくらいに!

例えばサウンド。ディーゼルエンジンのサウンドといえば、真っ先に思い浮かぶのは特有のカラカラ音だ。それをどれくらい抑えているかがサウンド面での最大の特徴といえる。つまりネガつぶしで、ポジティブな面は乏しい。

マツダのスカイアクティブDは、登場当時、世界一の静粛性を誇っていた。正確にいえば4気筒ディーゼルとしては断然世界一だった、という感じか? これに匹敵していたのは、私の知る限りメルセデスのV6ディーゼルだけ。しかもメルセデスの場合、どちらかというとふんだんな遮音材で抑え込んでいる感じで、素の騒音レベルは、圧縮比わずか14.0のスカイアクティブDが世界をリードしていた(たぶん)。逆に一番うるさいのは「パジェロ」搭載の三菱製3.2リッターターボディーゼルでしたかね? あれは昔ながらのカリカリ音がかなり味わえました。

ただ、静粛性に関しては各社マツダを猛追しており、もはやあまり大きな差はない。各社徐々に圧縮比を落としているし、各社かなり静かになっている。つまり、この点に関しても個性は薄まっている。

筆者の愛車「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。(写真=池之平昌信)拡大
「マツダCX-5」のスカイアクティブD 2.2エンジンと筆者。(写真=池之平昌信)
「マツダCX-5」のスカイアクティブD 2.2エンジンと筆者。(写真=池之平昌信)拡大
3.5リッターV6ディーゼルエンジンを搭載した、先代「メルセデス・ベンツE350ブルーテック」。
3.5リッターV6ディーゼルエンジンを搭載した、先代「メルセデス・ベンツE350ブルーテック」。拡大
「三菱パジェロ」
「三菱パジェロ」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.18 試乗記 要人御用達の国産ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」が、20年ぶりにフルモデルチェンジ。「継承と進化」をテーマに開発された新型は、ほかのサルーンでは味わえない独自の高級車像を築き上げていた。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.9.13 試乗記 欧州製4ドアクーペの元祖、「メルセデス・ベンツCLS」が3代目にモデルチェンジ。“新世代メルセデスデザイン”の嚆矢(こうし)として語られることの多い新型CLSだが、実車に触れてみると、ほかにも多くの特筆すべきポイントが見受けられたのだった。
ホームへ戻る