「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場

2017.02.01 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシアS MT」
「ルノー・ルーテシアS MT」拡大

ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。

5段MTのシフトレバー。
5段MTのシフトレバー。拡大

今回の特別仕様車は、最高出力90ps、最大トルク14.3kgmの0.9リッター3気筒ターボエンジンに、5段MTが組み合わされたモデル。「フランスではスタンダードな小排気量エンジンにMTを組み合わせた」(プレスリリースより)モデルを手軽に楽しめるよう、価格も抑えたという。ボディーカラーは、ルージュドゥフランスメタリックなど、全4色が用意される。

主な装備は以下の通り。

  • ハロゲンヘッドランプ(ハイトコントロール機能付き)
  • フロントLEDランプ、フロントフォグランプ
  • 16インチアロイホイール
  • レザーステアリング
  • ストップ&スタート機能、エナジースマートマネジメント、ECOモード
  • ヒルスタートアシスト
  • R&Goアプリ対応ラジオ
  • 防塵(ぼうじん)フィルター付きマニュアルエアコン

(webCG)

 

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 視認性を高めてより安全に 「ルノー・トゥインゴ」の限定車「ブリヤント」発売 2020.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年5月14日、コンパクトカー「ルノー・トゥインゴ」に台数100台の限定車「トゥインゴ ブリヤントEDC/ブリヤントEDCキャンバストップ」を設定。同日、販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る