アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用

2017.02.08 自動車ニュース
上段左から「アルファ・ロメオ4C」「4Cスパイダー」「ジュリエッタ」「ミト」。
上段左から「アルファ・ロメオ4C」「4Cスパイダー」「ジュリエッタ」「ミト」。拡大

FCAジャパンは2017年2月8日、アルファ・ロメオの「4C/4Cスパイダー」「ジュリエッタ」「ミト」にマイナーチェンジを実施し、同年2月18日に発売すると発表した。

「4C」と「4Cスパイダー」。
「4C」と「4Cスパイダー」。拡大
「ジュリエッタ ヴェローチェ」
「ジュリエッタ ヴェローチェ」拡大
「ジュリエッタ スーパー パックスポーツ」
「ジュリエッタ スーパー パックスポーツ」拡大
「ジュリエッタ スーパー」
「ジュリエッタ スーパー」拡大
「ミト スーパー」
「ミト スーパー」拡大

装備の強化とラインナップの見直しも実施

今回のマイナーチェンジは、新しいブランドロゴの採用や、装備の設定およびグレード体系の見直し、内外装デザインの一部変更が主となっている。

モデルごとの変更点は以下の通り。

【4C/4Cスパイダー】

  • 4Cにおいて、これまでオプション設定だった「カーボンヘッドライトフレーム」と「プレミアムパッケージ」を標準装備化。
  • 車体前後のブランドロゴを新しいデザインに変更。

【ジュリエッタ】

  • ラインナップを2グレード構成から「スーパー」「スーパー パックスポーツ」「ヴェローチェ」3グレード構成に変更。
  • フロントグリルをよりシャープな新デザインに変更。
  • 「スーパー パックスポーツ」と「ヴェローチェ」の外観の仕様を、よりスポーティーなデザインに変更。
  • 車体前後のブランドロゴを新しいデザインに変更。
  • ステアリングホイールのデザインおよびブランドロゴを変更。
  • メーターのデザインを変更。一部計器類のイルミネーションおよびマルチファンクションインジケーターを白文字とした。
  • 全グレードにクルーズコントロールとナビゲーションシステムを標準装備。

【ミト】

  • グレード名の「コンペティツィオーネ」を「スーパー」に変更。
  • フロントグリルをよりシャープなデザインに変更。
  • 車体前後のブランドロゴを新しいデザインに変更。
  • インテリアのブランドロゴを変更。
  • クルーズコントロールを標準装備。

価格は以下の通り。

  • 4C: 849万円
  • 4Cスパイダー:849万円
  • ジュリエッタ スーパー:376万9200円
  • ジュリエッタ スーパー パックスポーツ:387万7200円
  • ジュリエッタ ヴェローチェ:424万4400円
  • ミト スーパー:329万4000円

(webCG)
 

関連キーワード:
ミト, ジュリエッタ, 4C, 4Cスパイダー, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ミト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • 数字が雄弁に物語る 「レクサスGS」が販売終了となる理由 2020.5.27 デイリーコラム 2020年4月にトヨタ自動車は、「レクサスGS」の特別仕様車を発表すると同時に、GSそのものを生産終了することも発表した。かねてうわさされていたGSの生産終了ではあるものの、そこにはどんな事情があったのだろうか。
  • ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション(MR/6MT)【試乗記】 2020.5.28 試乗記 日本限定モデルとして開発された、特別な「ロータス・エリーゼ」に試乗。こだわりのカラーリングも魅力だが、その走りは、ほかのスポーツカーでは得がたいドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
ホームへ戻る