「フィアット500/500C」にお買い得価格の限定モデル

2017.02.20 自動車ニュース
「フィアット500スーパーポップ チャオ」(手前)と「500Cスーパーポップ チャオ」。
「フィアット500スーパーポップ チャオ」(手前)と「500Cスーパーポップ チャオ」。拡大

FCAジャパンは2017年2月20日、コンパクトカー「フィアット500」および、同車のオープントップモデル「500C」に特別仕様車「スーパーポップ チャオ」を設定し、同年2月25日に発売すると発表した。

「パソドブレレッド」の「500スーパーポップ チャオ」。
「パソドブレレッド」の「500スーパーポップ チャオ」。拡大
「500Cスーパーポップ チャオ」
「500Cスーパーポップ チャオ」拡大

今回の特別仕様車は、1.2リッター直4自然吸気エンジンを搭載したエントリーグレード「1.2ポップ」をベースとしたもので、ベース車より15万円ほど低い価格設定が特徴。ボディーカラーは、500が「ボサノバホワイト」と「パソドブレレッド」の2色、500Cが「ボサノバホワイト」のみの設定で、後者についてはベージュのソフトトップとの組み合わせという、カタログモデルでは選べないコーディネートがなされている。

販売台数は、500のボサノバホワイトが100台、パソドブレレッドが50台、500Cが50台の計200台となっている。

価格は以下の通り。

  • 500スーパーポップ チャオ:184万6800円
  • 500Cスーパーポップ チャオ:237万6000円

(webCG)
 

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 「フィアット500」に5段MTを搭載した特別仕様車登場 2019.6.5 自動車ニュース FCAジャパンは2019年6月5日、コンパクトカー「フィアット500」に5段MTを搭載した特別仕様車「500S Manuale Rossa(マヌアーレ・ロッサ)」を設定し、同年6月15日に発売すると発表した。スポーティーな専用装備と赤い外装色が特徴で、80台の限定販売となる。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
ホームへ戻る