「フィアット500/500C」にお買い得価格の限定モデル

2017.02.20 自動車ニュース
「フィアット500スーパーポップ チャオ」(手前)と「500Cスーパーポップ チャオ」。
「フィアット500スーパーポップ チャオ」(手前)と「500Cスーパーポップ チャオ」。拡大

FCAジャパンは2017年2月20日、コンパクトカー「フィアット500」および、同車のオープントップモデル「500C」に特別仕様車「スーパーポップ チャオ」を設定し、同年2月25日に発売すると発表した。

「パソドブレレッド」の「500スーパーポップ チャオ」。
「パソドブレレッド」の「500スーパーポップ チャオ」。拡大
「500Cスーパーポップ チャオ」
「500Cスーパーポップ チャオ」拡大

今回の特別仕様車は、1.2リッター直4自然吸気エンジンを搭載したエントリーグレード「1.2ポップ」をベースとしたもので、ベース車より15万円ほど低い価格設定が特徴。ボディーカラーは、500が「ボサノバホワイト」と「パソドブレレッド」の2色、500Cが「ボサノバホワイト」のみの設定で、後者についてはベージュのソフトトップとの組み合わせという、カタログモデルでは選べないコーディネートがなされている。

販売台数は、500のボサノバホワイトが100台、パソドブレレッドが50台、500Cが50台の計200台となっている。

価格は以下の通り。

  • 500スーパーポップ チャオ:184万6800円
  • 500Cスーパーポップ チャオ:237万6000円

(webCG)
 

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る