「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場

2017.02.23 自動車ニュース
「マセラティ・レヴァンテ ディーゼル」
「マセラティ・レヴァンテ ディーゼル」拡大

マセラティ ジャパンは2017年2月23日、SUV「レヴァンテ」のディーゼルエンジン搭載モデル「レヴァンテ ディーゼル」を発表した。デリバリー開始は同年3月を予定している。

 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像拡大
 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像拡大
 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像拡大
 
「マセラティ・レヴァンテ」にディーゼルモデル登場の画像拡大

レヴァンテは2016年3月にデビューし、同年10月に日本でのデリバリーが開始されたマセラティ初のSUV。日本におけるこれまでのラインナップは「レヴァンテ」「レヴァンテS」の2グレードで、パワープラントには出力の異なる2種類の3リッターV6ガソリンターボエンジンが採用されていた。

今回発表されたレヴァンテ ディーゼルは、同車初のディーゼルエンジン搭載グレードであり、パワープラントはマセラティとVMモトーリ社が共同開発した3リッターV6ディーゼルターボエンジンと8段ATの組み合わせとなる。同エンジンには最大システム圧が2000barのコモンレール式筒内燃料噴射システムや、マルチインジェクションシステム、可変ノズルタービンを備えた可変ジオメトリーターボチャージャーなどの技術が採用されており、レヴァンテSを上回る61.2kgm(600Nm)/2000-2600rpmという最大トルクを発生(オーバーブースト時)。最高出力は275psで、0-100km/h加速は6.9秒、最高速は230km/hと公称されている。

一方で、アイドリングストップ機構を採用するなど環境性能についても配慮がなされており、欧州複合モードにおける燃費は7.2リッター/100km(約13.9km/リッター)とされている。

価格は、既存のベースグレードにあたるレヴァンテ(1080万円)より安い976万9090円。ハンドル位置は、他の2グレードが左なのに対し、右のみの設定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
レヴァンテ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ レヴァンテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ボルボV60クロスカントリーT5 AWDプロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.6.12 試乗記 スタイリッシュなワゴンボディーに、頼もしい悪路走破性能をプラスした「ボルボV60クロスカントリー」。スポーティーでクール、かつオーセンティックなワゴンとしての資質も備えた万能車を、リポーターがすんなりと受け入れられなかった理由とは?
  • 「スズキ・ジムニー」ベースのコンプリートカー発売 2019.5.31 自動車ニュース タジマモーターコーポレーションのスズキ車を中心としたカスタマイズカー部門であるモンスタースポーツは2019年5月31日、「スズキ・ジムニー」をベースとした新コンプリートカー「TOUGH STYLE(タフスタイル)」を設定し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
ホームへ戻る