マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ

2017.02.23 自動車ニュース
「マツダ フレアHYBRID XG」
「マツダ フレアHYBRID XG」拡大

マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は同年3月2日。車両価格は117万7200~147万0960円。

「マツダ フレアHYBRID XS」
「マツダ フレアHYBRID XS」拡大
「フレアHYBRID XS」のインテリア。
「フレアHYBRID XS」のインテリア。拡大
「フレアHYBRID XS」のインテリア。
「フレアHYBRID XS」のインテリア。拡大
「フレアHYBRID XG」のインテリア(ベージュ)。
「フレアHYBRID XG」のインテリア(ベージュ)。拡大

2種類の外観デザインを設定

「フレア」はスズキから「ワゴンR」のOEM供給を受けて、マツダが販売しているワゴンタイプの軽自動車。今回の全面改良ではワゴンRと足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スポーティーさと上質さを備えたスタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を用意した。

新型では安全装備を強化した。前方のクルマや歩行者を検知して衝突回避をサポートする「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用したほか、自動でヘッドランプのハイ/ローを切り替える「ハイビームアシスト機能」、運転席前方のダッシュボードに車速やデュアルセンサーブレーキサポートの作動状況を表示する「ヘッドアップディスプレイ」などを、マツダの軽自動車として初めて搭載した。

また減速時のエネルギーを利用して発電・充電して、その電力を活用してモーターによるクリープ走行や加速時のエンジンアシストを可能にする「マイルドハイブリッド」機構を搭載したほか、新プラットフォームの採用、サスペンションやボディーの軽量化などにより、軽ワゴンとしては最高の燃費となる33.4km/リッター(FF)を達成した。全車エコカー減税の免税対象となっている。

それと同時に、室内長やラゲッジルーム開口幅を拡大したり、アンブレラホルダーを装備したりするなど、軽ワゴンとしての機能性も強化した。

車両価格は以下のとおり。

・HYBRID XG(FF):117万7200円
・HYBRID XG(4WD):129万8160円
・HYBRID XS(FF):135万円
・HYBRID XS(4WD):147万0960円

(webCG)

関連キーワード:
フレア, マツダ, 自動車ニュース

マツダ フレア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダが「フレアワゴン」を一部改良 予防安全装備を強化 2020.9.3 自動車ニュース マツダは2020年9月3日、軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良し、販売を開始した。同車はマツダがスズキからOEM供給を受けて販売する軽スーパーハイトワゴンであり、スズキの「スペーシア」シリーズの姉妹モデルにあたる。今回は安全装備や機能装備の強化を図っている。
  • マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード 2015.8.27 自動車ニュース マツダが「フレアワゴン」に一部改良を実施。モーターアシスト機能付きターボエンジンを搭載した新グレード「カスタムスタイル XGターボ」「カスタムスタイル XSターボ」を追加した。FF車で26.8km/リッターという燃費性能と、力強い走りを両立しているという。
  • マツダが新型「フレアクロスオーバー」を発表 姉妹車「スズキ・ハスラー」と同様にさまざまな領域を強化 2020.1.29 自動車ニュース マツダは2020年1月29日、軽乗用車「フレアクロスオーバー」を全面改良し、同年2月27日に発売すると発表した。姉妹モデル「スズキ・ハスラー」と同様に、充実した運転支援システムも新型モデルのセリングポイントとなる。
  • マツダが「フレアワゴン」の安全装備を強化 2017.1.12 自動車ニュース マツダが軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良。ターボモデルを「カスタムスタイルXT」の1グレードに集約したほか、一部グレードに防眩(ぼうげん)式ルームミラーやバックアイカメラを採用するなど、安全装備を強化している。
  • ダイハツ・トールカスタムGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.12.7 試乗記 取り回しのしやすいコンパクトなサイズと、広々とした車内空間で人気を博す「ダイハツ・トール」。今やトヨタグループの量販モデルに成長した小型ハイトワゴンの実力はどれほどのものか? パワフルなターボ車で確かめた。
ホームへ戻る