50年前のデザインをまとう「ホンダ・モンキー」発売

2017.02.28 自動車ニュース

本田技研工業は2017年2月28日、原付きレジャーバイク「ホンダ・モンキー」の特別仕様車「モンキー 50周年アニバーサリー」を発売した。

今回のモンキー 50周年アニバーサリーは、モンキーの発売50周年を記念して設定されたモデル。初代モデルにあたる、1967年デビューの「モンキーZ50M」をイメージしたドレスアップが施されている。

具体的には、燃料タンク側面やサイドカバーがパールサンビームホワイトとなるほか、前後のフェンダーはシャスタホワイトでペイントされる。フレームやフロントフォーク、スイングアーム、ヘッドライトケース、燃料タンク上面のストライプにはマグナレッドのカラーが採用されている。

初代モンキーを模したチェック柄シートも特徴のひとつ。さらに、以下の部分に専用のロゴマークやエンブレムなどが添えられる。

  • 燃料タンク側面(復刻デザインのウイングマークバッジ)
  • シート後部(50周年記念ロゴ)
  • サイドカバー(50周年記念エンブレム)
  • メインキー(50周年記念マーク)

価格は35万2080円。

(webCG)

「ホンダ・モンキー 50周年アニバーサリー」
「ホンダ・モンキー 50周年アニバーサリー」拡大

関連キーワード:
モンキー, ホンダ, バイク, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダが「スーパーカブC125」に新色のブラックを設定 カラーバリエーションを3種類に拡大 2020.6.12 自動車ニュース ホンダが「スーパーカブC125」のカラーバリエーションを拡大。これまでの「パールニルタバブルー」「パールカデットグレー」に加え、新たに「パールシャイニングブラック」を追加設定した。発売は2020年7月31日、価格は40万7000円としている。
  • ホンダCT125ハンターカブ(MR/4MT)【レビュー】 2020.10.17 試乗記 “ハンターカブ”と呼ばれた往年の名車のイメージを受け継ぐ、ホンダの小型オートバイ「CT125ハンターカブ」。ポップでワイルドな見た目だが、実際の走りはどうか? 舗装路と未舗装路の両方で試してみた。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る