この変化を喜ぶべきか? 哀しむべきか?
「ホンダ・モンキー」が“125”になって捨てたもの

2018.05.07 デイリーコラム

始まりは遊園地の乗り物

新しい「モンキー」が2018年7月12日より販売されるという。3月末に開催された東京モーターサイクルショーの展示車両そのままみたいだから、個人的にはさして驚かないのだけど、あれこれ斜めにものを見ながらも心根はロマンチストのwebCGホッタ青年は、新型発売に向けて自分のエピソードなど話しながら、郷愁漂う原稿を求めてきた。

「僕の地元の町では、盗難車両の人気ナンバーワンでしたよ。何しろちっちゃいから簡単に盗めちゃう。もちろん、オーナーが散々カスタムしたものから先に。いやぁ、懐かしいなあ」
犯罪行為を懐かしむ心持ちには首をひねるが、彼の話はまだ続く。

「そもそもモンキーって、多摩テック内の遊戯用に開発されたじゃないですか」。1961年に発表されたそれには「Z100」という名が付いていた。「で、最初は輸出専用モデルで、向こうでヒットした後1967年にモンキーと名付けて日本でも売り出したんですよね。懐かしいなあ」

ホッタ青年がそんな記憶を掘り起こすなら、年齢的には50歳を超えていなければならないだろう。彼はいくつだっけ? だんだん彼の郷愁が怪しくなってきた。

年々厳しくなる排出ガス規制と二輪市場の縮小を主な理由として2017年8月で生産中止。50年間で66万台を売ったモンキーは、ついにその生涯を終えた。かと思いきや、全体のイメージはそのままに、およそ3倍の排気量を持つエンジンを載せて復活。前後ディスクブレーキ装備でABS付きも用意。ほぼ最終型の「モンキー50周年アニバーサリー」が35万2080円に対し、「モンキー125」は39万9600円。エンジンがデカくなったのに5万円ほどしか値上げしないなんて、こんなにお得な話が他にあるだろうか。そこに郷愁を挟み込む必要などないだろう?

東京モーターサイクルショーに展示されていた「ホンダ・モンキー125」。
東京モーターサイクルショーに展示されていた「ホンダ・モンキー125」。拡大
1961年に登場した“元祖モンキー”こと「Z100」。モンキーの出自は、今はなき遊園地「多摩テック」の遊具だった。
1961年に登場した“元祖モンキー”こと「Z100」。モンキーの出自は、今はなき遊園地「多摩テック」の遊具だった。拡大
2017年2月末に発売された、50周年記念車の「モンキー50周年アニバーサリー」。この後、同年7月に発売された限定車「50周年スペシャル」(500台限定で価格は43万2000円)を最後に、50ccのモンキーは生産を終えた。
2017年2月末に発売された、50周年記念車の「モンキー50周年アニバーサリー」。この後、同年7月に発売された限定車「50周年スペシャル」(500台限定で価格は43万2000円)を最後に、50ccのモンキーは生産を終えた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
ホームへ戻る