「ホンダ・モンキー」が50年の歴史に幕……。
二輪車を取り巻く厳しい現実とは!?

2017.09.06 デイリーコラム

原付一種の販売台数は35年間で10分の1以下に

今年誕生50周年を迎えたホンダの原付きバイク「モンキー」が生産終了を発表した。記念モデルまで登場したその年に終了なんて、ホンダも気が利かないなあと思う人がいるかもしれないけれど、これにはやむにやまれぬ事情がある。

日本の二輪車販売台数は下がる一方。日本自動車工業会の統計によれば、1980年には237万台をマークしていたのに、35年後の2015年は32万台にまで下落している。大きく足を引っ張っているのがモンキーも属する50㏄以下の原付一種で、198万台から19万台へと10分の1以下に減っている。

僕が運転免許を取得した1980年頃、原付一種はヘルメットをかぶらなくても良かった。今では信じられないかもしれないが、原付=原動機付自転車という呼び名をまさに連想させるようなルールだったのだ。

僕の弟は当時モンキーを複数台所有する愛好家だった。少々“イケナイ”改造を施した彼のモンキーは活発なサウンドとともに鉄砲玉のようなダッシュを味わわせてくれた。それを弟や僕はノーヘルで楽しんでいた。若気の至りである。

「ホンダ・モンキー」の最終モデルとなった「50周年スペシャル」。500台の台数限定で販売されたが、すでに注文受け付け期間は終了している。
「ホンダ・モンキー」の最終モデルとなった「50周年スペシャル」。500台の台数限定で販売されたが、すでに注文受け付け期間は終了している。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る