クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「ホンダ・モンキー」が50年の歴史に幕……。
二輪車を取り巻く厳しい現実とは!?

2017.09.06 デイリーコラム

原付一種の販売台数は35年間で10分の1以下に

今年誕生50周年を迎えたホンダの原付きバイク「モンキー」が生産終了を発表した。記念モデルまで登場したその年に終了なんて、ホンダも気が利かないなあと思う人がいるかもしれないけれど、これにはやむにやまれぬ事情がある。

日本の二輪車販売台数は下がる一方。日本自動車工業会の統計によれば、1980年には237万台をマークしていたのに、35年後の2015年は32万台にまで下落している。大きく足を引っ張っているのがモンキーも属する50㏄以下の原付一種で、198万台から19万台へと10分の1以下に減っている。

僕が運転免許を取得した1980年頃、原付一種はヘルメットをかぶらなくても良かった。今では信じられないかもしれないが、原付=原動機付自転車という呼び名をまさに連想させるようなルールだったのだ。

僕の弟は当時モンキーを複数台所有する愛好家だった。少々“イケナイ”改造を施した彼のモンキーは活発なサウンドとともに鉄砲玉のようなダッシュを味わわせてくれた。それを弟や僕はノーヘルで楽しんでいた。若気の至りである。

「ホンダ・モンキー」の最終モデルとなった「50周年スペシャル」。500台の台数限定で販売されたが、すでに注文受け付け期間は終了している。
「ホンダ・モンキー」の最終モデルとなった「50周年スペシャル」。500台の台数限定で販売されたが、すでに注文受け付け期間は終了している。拡大
ホンダ の中古車

二輪車を取り巻く厳しい状況

ところがその後、ヘルメットの装着が義務付けられ、多くの交差点で自転車と同じく2段階右折が適用された。でも最高速度は30km/hのまま。しかも電動アシスト自転車という新たなライバルが登場したことで、原付一種の売れ行きは急激に落ち込んでいった。

これに追い打ちをかけたのが駐車違反取り締まりの厳格化だ。それまで二輪車は、路肩や歩道に駐車していても反則キップを切られることはほとんどなかったのが、突然四輪車並みの厳しい取り締まりを受けることになった。でも当時二輪車の駐車場はほとんど存在しなかった。出掛ければ捕まる可能性が高い。これでは売れなくなるのは当たり前だ。

さらに四輪車と同様に、二輪車の排出ガス規制も厳しくなっている。ちなみに現在の規制は欧州とほぼ共通で、それだけ聞くと良いイメージを持つかもしれないけれど、その欧州での小排気量の主力は、日本では原付二種となる125㏄。わが国では四輪車の免許を取ると原付免許が自動的についてくるが、欧州ではこれが125㏄となる。

欧州にも昔は50㏄が数多く存在していたけれど、排出ガス規制が厳しくなって、2ストロークから4ストロークへ、キャブレターからインジェクションへという転換が行われ、力を失っていく中で125㏄が主流になっていったようだ。ところが日本は従来どおり50㏄が最下限のまま。ここに厳しい排出ガス規制を掛けようとすれば、満足に走らないのは自明だ。

1969年に発売された「モンキーZ50A」。当時のプレスリリースにある「月産目標1万2000台」という数字を見ると隔世の感がある。
1969年に発売された「モンキーZ50A」。当時のプレスリリースにある「月産目標1万2000台」という数字を見ると隔世の感がある。拡大

ヤマハの人気モデルも生産終了に

日本メーカーのバイクが多く走り回っている東南アジアも125㏄が基本であり、いまや50㏄は軽自動車と同じ、日本独自の規格になりつつある。でも前述したように販売台数は軽自動車に遠く及ばない。多大なコストを掛けてまで厳しい規制にパスさせようというのも難しい。

すでにホンダの「スーパーカブ」は110㏄を主力としている。このぐらい排気量に余裕があれば排出ガスはなんとかパスできるようだ。しかしモンキーの車体に110㏄エンジンは大きすぎるということもあり、やむなく販売終了という決断になったのかもしれない。

モンキーと同じ理由で生産終了となるバイクとして、来年40周年を迎える予定だった、ヤマハの400cc「SR400」がある。現在250㏄クラス以上は、やはり排出ガス規制もあって日欧問わず水冷化が進んでいる。空冷単気筒という昔ながらのエンジン形式で最新のレギュレーションにパスするのは無理らしい。僕はSRを2台乗り継いできたので、実はモンキーよりもこっちのほうが残念に思った。

四輪の世界で空冷や2ストロークが次々に消えていったのは1970年代以降。同じ波がついに二輪にも押し寄せてきたという事実は、時代の要請だからしかたないけれど、ノーヘルでモンキーに乗っていた自分が大昔の人扱いされているようで、ちょっと寂しい。

(文=森口将之/編集=藤沢 勝)

2017年9月1日に生産終了が発表された「ヤマハSR400」。ただ、後継モデルの開発が進められていることも同時に発表された。
2017年9月1日に生産終了が発表された「ヤマハSR400」。ただ、後継モデルの開発が進められていることも同時に発表された。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。