ホンダが「モンキー125」を一部改良 新エンジンと5段トランスミッションを採用

2021.09.16 自動車ニュース
ホンダ・モンキー125
ホンダ・モンキー125拡大

本田技研工業は2021年9月16日、原付二種のレジャーバイク「モンキー125」に新エンジンと5段トランスミッションを搭載し、同年9月27日に発売すると発表した。

 
ホンダが「モンキー125」を一部改良 新エンジンと5段トランスミッションを採用の画像拡大
 
ホンダが「モンキー125」を一部改良 新エンジンと5段トランスミッションを採用の画像拡大
 
ホンダが「モンキー125」を一部改良 新エンジンと5段トランスミッションを採用の画像拡大

今回採用される新エンジンは、従来よりもロングストローク、高圧縮比のものとなっており、力強い走りを実現しながら、最新の「平成32年(令和2年)排出ガス規制」をクリアする排ガス性能も実現しているという。

また、トランスミッションも従来の4段から5段に多段化。足まわりには、フロントブレーキのロックを抑制して制動時の安心感に寄与する、1チャンネルABSを標準装備した。

このほかにも、純正アクセサリーとして「グリップヒーター」を採用。快適性の向上を図っている。

カラーリングは「パールネビュラレッド」「パールグリッターリングブルー」「パールシャイニングブラック」の3種類。価格はいずれも44万円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
モンキー125, モンキー, ホンダ, バイク, 自動車ニュース