ホンダが「モンキー125」を一部改良 新エンジンと5段トランスミッションを採用

2021.09.16 自動車ニュース
ホンダ・モンキー125
ホンダ・モンキー125拡大

本田技研工業は2021年9月16日、原付二種のレジャーバイク「モンキー125」に新エンジンと5段トランスミッションを搭載し、同年9月27日に発売すると発表した。

 
ホンダが「モンキー125」を一部改良 新エンジンと5段トランスミッションを採用の画像拡大
 
ホンダが「モンキー125」を一部改良 新エンジンと5段トランスミッションを採用の画像拡大
 
ホンダが「モンキー125」を一部改良 新エンジンと5段トランスミッションを採用の画像拡大

今回採用される新エンジンは、従来よりもロングストローク、高圧縮比のものとなっており、力強い走りを実現しながら、最新の「平成32年(令和2年)排出ガス規制」をクリアする排ガス性能も実現しているという。

また、トランスミッションも従来の4段から5段に多段化。足まわりには、フロントブレーキのロックを抑制して制動時の安心感に寄与する、1チャンネルABSを標準装備した。

このほかにも、純正アクセサリーとして「グリップヒーター」を採用。快適性の向上を図っている。

カラーリングは「パールネビュラレッド」「パールグリッターリングブルー」「パールシャイニングブラック」の3種類。価格はいずれも44万円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
モンキー125, モンキー, ホンダ, バイク, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • BMW R nineTスクランブラー(6MT)【レビュー】 2021.10.19 試乗記 エンジンの改良により、厳しい環境規制をクリアした「BMW R nineT」シリーズのなかから、程よいオフロードテイストが魅力の「R nineTスクランブラー」に試乗。その走りからは、これからも空油冷フラットツインの魅力を伝えていきたいというBMWの意思が感じられた。
  • スズキ・ワゴンRスマイル ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2021.9.28 試乗記 スズキから、リアスライドドアを備えた新しい軽ハイトワゴン「ワゴンRスマイル」が登場。「ワゴンR」と「スペーシア」の間を埋めるニューモデルのターゲットは? ライバルとの違いは? 用意周到な戦略のもとに登場した新型車の仕上がりをリポートする。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
ホームへ戻る