新型SUV「レンジローバー ヴェラール」世界初公開

2017.03.02 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」
「ランドローバー・レンジローバー ヴェラール」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2017年3月1日(現地時間)、イギリス・ロンドンにおいて、ランドローバーの新型SUV「レンジローバー ヴェラール」を世界初公開した。

 
新型SUV「レンジローバー ヴェラール」世界初公開の画像拡大
 
新型SUV「レンジローバー ヴェラール」世界初公開の画像拡大
 
新型SUV「レンジローバー ヴェラール」世界初公開の画像拡大
 
新型SUV「レンジローバー ヴェラール」世界初公開の画像拡大
 
新型SUV「レンジローバー ヴェラール」世界初公開の画像拡大

レンジローバー ヴェラールは、既存の「レンジローバー イヴォーク」と「レンジローバー スポーツ」の中間に位置づけられるニューモデル。ランドローバーが掲げる“Above and Beyond”の精神を継承し、具体化したとアピールされる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4803×2145×1665mmで、ホイールベースは2874mm(数値は「ヴェラール」グレードの値。サイドミラー含む)。ランドローバー史上最もスレンダーとうたわれるスタイルや、フルマトリクスレーザーLEDのヘッドランプ、ドアパネルに格納されるデプロイアブルドアハンドルなどがエクステリアにおける特徴となっている。

乗車定員は5人。インテリアでは、デンマークの高級テキスタイルメーカーであるクヴァドラ社と共同で開発した、レザーに代わる素材がトピック。10インチのタッチスクリーンを用いたインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」は、有能な執事のごとくユーザーのニーズを予測し、ユーザーが望むものを適切なタイミングで提供するという。

走行性能については、高性能な四輪独立懸架式サスペンションシステムを搭載することで、快適性とコントロール性能、洗練性を、高いレベルで実現。渡河水深は、コイルサスペンションのモデルで600mm、電子制御サスペンション装着車は650mmが確保される。

エンジンは、まず最高出力180psの2リッターのインジニウムディーゼルエンジンや、同380psの3リッターV6スーパーチャージドガソリンエンジンを含む5種類がラインナップされ、2017年後半には、同300psのインジニウムガソリンエンジンも追加される見込みだ。

レンジローバー ヴェラールは、イギリス・ミッドランド州にあるソリハル工場でのみ生産される。

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー ヴェラール , ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー ヴェラール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー90 S(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.2 試乗記 新型「ランドローバー・ディフェンダー」はカッコいいけど大きいな~……と悩んでいた人に朗報だ。待ちに待ったショートホイールベース仕様「90」の国内デリバリーがようやくスタート。ロングホイールベース仕様「110」との違いを確かめるべく、早速林道に分け入ってみた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス【試乗記】 2021.7.23 試乗記 フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」がマイナーチェンジ。注目はこの改良を機に登場したステーションワゴン「アルテオン シューティングブレーク」である。流麗なフォルムと実用性の高さをうたうニューフェイスの仕上がりやいかに。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.26 試乗記 電動化に対する考え方はそれぞれだが、ことBMWの場合は電気の力を環境対応に使いつつ、走りの楽しさにも活用している。マイルドハイブリッド化された直6エンジンを積む「X6」のあまりの出来栄えに感じ入ると同時に、味わえる残り時間を考えると寂しくなった。
ホームへ戻る