「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大

2017.03.13 自動車ニュース
新たに設定された「スバル・フォレスター2.0i EyeSight」。
新たに設定された「スバル・フォレスター2.0i EyeSight」。拡大

富士重工業は2017年3月13日、「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。

「スバル・フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」
「スバル・フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」拡大
「フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」は、ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイールを装備する。
「フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」は、ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイールを装備する。拡大
「フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」のインテリア。随所にオレンジステッチのアクセントが施される。
「フォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様」のインテリア。随所にオレンジステッチのアクセントが施される。拡大

今回、新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定した。また、6段MTの「2.0i-L」を除く全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。さらに車線中央維持機能(クルーズコントロールの作動中に、車線内中央を維持するようステアリング操作のアシストを行う機能)と車線逸脱抑制機能からなる「アクティブレーンキープ」の作動速度域を、従来の65km/h以上から60km/h以上に拡大した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 2.0i EyeSight:241万9200円
  • 2.0i-L:258万1200円
  • 2.0i-L EyeSight:268万9200円
  • X-BREAK:275万4000円
  • S-Limited:289万4400円
  • 2.0XT EyeSight:312万8760円

また今回の改良に合わせ、スポーティーな内外装が特徴の「X-BREAK」に、エクステリアのデザイン性を高めた「カラーアクセント仕様」を追加設定した。ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイールや、オレンジの加飾を施したフロントフォグランプカバー、サイドクラッディングなどを採用したほか、対向車や先行車の位置を検知しハイビームの照射範囲をコントロールする「アダプティブドライビングビーム」と、後側方警戒支援システムを組み合わせた、「アドバンスドセイフティパッケージ」を搭載する。価格は291万6000円。

X-BREAKカラーアクセント仕様の特別装備は以下の通り。

  • 17インチアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)
  • ブラックルーフレール
  • 「X-BREAK」リアオーナメント
  • フロントフォグランプ(オレンジ加飾付き)
  • フロントグリル(シルバーメッキ+ブラック塗装)
  • ブラックカラードドアミラー
  • サイドクラッディング(オレンジモール付き)
  • アドバンスドセイフティパッケージ
  • はっ水ファブリックシート(サイドは合成皮革、オレンジアクセント+オレンジステッチ)※
  • オレンジステッチ(本革巻きステアリングホイール、本革巻きシフトレバー、シフトブーツ、ドアアームレスト)※
  • ドアトリム(はっ水ファブリック)※
  • インパネ加飾パネル(ダークカーボン調+シルバー塗装)※
  • スライド機構付きコンソールリッド(表皮は合成皮革、オレンジステッチ)※
  • はっ水カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付き)※

※はX-BREAKの装備

(webCG)

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・アウトバック ウィルダネス 2021.3.31 画像・写真 スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表。「アウトバック」をベースに最低地上高を拡大したほか、専用サスペンションやオールテレインタイヤを装備。走破性と機能性をさらに強化したというニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 国内デビューがみえてきた! 新型「スバル・アウトバック」はここに注目 2021.4.19 デイリーコラム スバルの新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」が米国でデビュー。その一方で、かの地で先行発売された新型「アウトバック」の国内販売がみえてきた。これら2モデルの注目すべきポイントとは?
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
ホームへ戻る