プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売

2017.03.14 自動車ニュース
新型「プジョー3008」
新型「プジョー3008」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年3月13日、SUVの新型「プジョー3008」の販売を開始した。

新型「3008」のインテリア。写真は限定モデル「GTライン デビューエディション」のもの。
新型「3008」のインテリア。写真は限定モデル「GTライン デビューエディション」のもの。拡大
運転支援システムの強化も図られており、アクティブセーフティーブレーキ、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターなどが標準装備となる。
運転支援システムの強化も図られており、アクティブセーフティーブレーキ、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターなどが標準装備となる。拡大
荷室容量は、従来モデルより88リッター大きい520リッターを実現。また、ワンタッチで後席を倒すことができる。
荷室容量は、従来モデルより88リッター大きい520リッターを実現。また、ワンタッチで後席を倒すことができる。拡大
パノラミックサンルーフは「アリュール デビューエディション」に標準装備。カタログモデルの「アリュール」を除く、他の2モデルにオプションで用意される。
パノラミックサンルーフは「アリュール デビューエディション」に標準装備。カタログモデルの「アリュール」を除く、他の2モデルにオプションで用意される。拡大
2つの「デビューエディション」に装備される、ハンズフリー電動テールゲート。
2つの「デビューエディション」に装備される、ハンズフリー電動テールゲート。拡大
「GTライン デビューエディション」
「GTライン デビューエディション」拡大

よりSUVらしいスタイリングに一新

新型プジョー3008は、全長×全幅×全高=4450×1840×1630mmというボディーサイズのミドルクラスSUVである。欧州では2016年5月に発売され、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞している。従来モデルはAピラーの傾斜が緩やかなモノフォルムデザインが特徴のクロスオーバーモデルだったが、今回のモデルは直立したフロントフェイスと大型グリル、高いウェストライン、ワイドなプロテクターが特徴として挙げられる、よりSUVらしいスタイリングのモデルに一新された。

車体構造には、「シトロエンC4ピカソ」や「プジョー308」と同じく軽量設計の新世代プラットフォーム「EMP2」を採用しており、車両重量を1460~1500㎏としている。エンジンは最高出力165ps、最大トルク24.5kgm の1.6リッターガソリン直噴ターボで、トランスミッションにはシフトバイワイヤ方式の6段ATを搭載。アイドリングストップ機構を標準装備しており、燃費はすべての仕様で14.5km/リッター(JC08モード)となっている。

駆動方式はいずれもFFのみで、4WDの設定はないが、日本導入記念モデルである「GTライン デビューエディション」には、路面状況に応じて最適なトラクションコントロールの制御を選択できる「アドバンスドグリップコントロール」(ヒルディセントコントロール付き)が装備される。

パッケージングは従来モデルから大幅に改善しており、ラゲッジルームには88リッター大きい520リッター(VDA方式)の容量を確保。サイドの張り出しが少ないスクエアな荷室形状や、開口部と同じ高さのラゲッジフロアなど、実用性に配慮した設計となっており、ワンタッチラゲッジルームフラット機能、前方可倒式助手席バックレスト、ハンズフリー電動テールゲートなども採用されている。

日本導入を記念する2つの限定モデル

ラインナップはベーシックな「アリュール」とLEDヘッドランプを備えた「アリュールLEDパッケージ」の2種類で、それらに加え、日本導入記念モデルとして「アリュール デビューエディション」、GTライン デビューエディションの2モデルが限定販売される。

各限定モデルの特別装備は以下の通り。

【アリュール デビューエディション】(80台限定)
LEDヘッドライト
ハンズフリー電動テールゲート
パノラミックサンルーフ
ブラックダイヤモンドルーフ 他

【GTライン デビューエディション】(180台限定)
LEDヘッドライト
ハンズフリー電動テールゲート
ブラックダイヤモンドルーフ
アクティブクルーズコントロール
アドバンスドグリップコントロール
18インチマッド&スノータイヤ
i-Cockpitアンプリファイ
ドライバースポーツパック
スポーティテップレザー&フアブリックシート
GT Lineインテリア&エクステリア

価格は以下の通り。
アリュール:354万円
アリュールLEDパッケージ:369万円
アリュール デビューエディション:398万円
GTライン デビューエディション:400万円

(webCG)
 

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • 日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催 2019.10.18 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーブランドの体感イベント「プジョーショー2019 -UNBORING THE FUTURE-(アンボーリング・ザ・フューチャー)」(会期:2019年10月19日~26日)の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。
  • あえての“商用車スタイル”が魅力 「ルノー・カングー」にグレーの特別仕様車が登場 2020.5.21 自動車ニュース ルノー・ジャポンが「カングー」の特別仕様車「クルール」を発売。クルールは特別なボディーカラーを特徴とするカングーおなじみの限定車で、今回のモデルではフランスで活躍する商用のカングーをモチーフに、グレーのボディーカラーを採用している。
  • カワサキZ H2(MR/6MT)【レビュー】 2020.5.21 試乗記 240kgの車体に最高出力200PSのスーパーチャージドエンジンを抱く「カワサキZ H2」。クルマでいうなら1000PS級のネイキッドバイクは、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る