プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売

2017.03.14 自動車ニュース
新型「プジョー3008」
新型「プジョー3008」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年3月13日、SUVの新型「プジョー3008」の販売を開始した。

新型「3008」のインテリア。写真は限定モデル「GTライン デビューエディション」のもの。
新型「3008」のインテリア。写真は限定モデル「GTライン デビューエディション」のもの。拡大
運転支援システムの強化も図られており、アクティブセーフティーブレーキ、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターなどが標準装備となる。
運転支援システムの強化も図られており、アクティブセーフティーブレーキ、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターなどが標準装備となる。拡大
荷室容量は、従来モデルより88リッター大きい520リッターを実現。また、ワンタッチで後席を倒すことができる。
荷室容量は、従来モデルより88リッター大きい520リッターを実現。また、ワンタッチで後席を倒すことができる。拡大
パノラミックサンルーフは「アリュール デビューエディション」に標準装備。カタログモデルの「アリュール」を除く、他の2モデルにオプションで用意される。
パノラミックサンルーフは「アリュール デビューエディション」に標準装備。カタログモデルの「アリュール」を除く、他の2モデルにオプションで用意される。拡大
2つの「デビューエディション」に装備される、ハンズフリー電動テールゲート。
2つの「デビューエディション」に装備される、ハンズフリー電動テールゲート。拡大
「GTライン デビューエディション」
「GTライン デビューエディション」拡大

よりSUVらしいスタイリングに一新

新型プジョー3008は、全長×全幅×全高=4450×1840×1630mmというボディーサイズのミドルクラスSUVである。欧州では2016年5月に発売され、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞している。従来モデルはAピラーの傾斜が緩やかなモノフォルムデザインが特徴のクロスオーバーモデルだったが、今回のモデルは直立したフロントフェイスと大型グリル、高いウェストライン、ワイドなプロテクターが特徴として挙げられる、よりSUVらしいスタイリングのモデルに一新された。

車体構造には、「シトロエンC4ピカソ」や「プジョー308」と同じく軽量設計の新世代プラットフォーム「EMP2」を採用しており、車両重量を1460~1500㎏としている。エンジンは最高出力165ps、最大トルク24.5kgm の1.6リッターガソリン直噴ターボで、トランスミッションにはシフトバイワイヤ方式の6段ATを搭載。アイドリングストップ機構を標準装備しており、燃費はすべての仕様で14.5km/リッター(JC08モード)となっている。

駆動方式はいずれもFFのみで、4WDの設定はないが、日本導入記念モデルである「GTライン デビューエディション」には、路面状況に応じて最適なトラクションコントロールの制御を選択できる「アドバンスドグリップコントロール」(ヒルディセントコントロール付き)が装備される。

パッケージングは従来モデルから大幅に改善しており、ラゲッジルームには88リッター大きい520リッター(VDA方式)の容量を確保。サイドの張り出しが少ないスクエアな荷室形状や、開口部と同じ高さのラゲッジフロアなど、実用性に配慮した設計となっており、ワンタッチラゲッジルームフラット機能、前方可倒式助手席バックレスト、ハンズフリー電動テールゲートなども採用されている。

日本導入を記念する2つの限定モデル

ラインナップはベーシックな「アリュール」とLEDヘッドランプを備えた「アリュールLEDパッケージ」の2種類で、それらに加え、日本導入記念モデルとして「アリュール デビューエディション」、GTライン デビューエディションの2モデルが限定販売される。

各限定モデルの特別装備は以下の通り。

【アリュール デビューエディション】(80台限定)
LEDヘッドライト
ハンズフリー電動テールゲート
パノラミックサンルーフ
ブラックダイヤモンドルーフ 他

【GTライン デビューエディション】(180台限定)
LEDヘッドライト
ハンズフリー電動テールゲート
ブラックダイヤモンドルーフ
アクティブクルーズコントロール
アドバンスドグリップコントロール
18インチマッド&スノータイヤ
i-Cockpitアンプリファイ
ドライバースポーツパック
スポーティテップレザー&フアブリックシート
GT Lineインテリア&エクステリア

価格は以下の通り。
アリュール:354万円
アリュールLEDパッケージ:369万円
アリュール デビューエディション:398万円
GTライン デビューエディション:400万円

(webCG)
 

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
ホームへ戻る