「ルノー・カングー」にペット用装備が充実した限定車登場

2017.03.30 自動車ニュース
限定車のベースとなったのは「ルノー・カングー ゼン AT」。
限定車のベースとなったのは「ルノー・カングー ゼン AT」。拡大

ルノー・ジャポンは2017年3月30日、「カングー」に特別仕様車「カングー ウィズ ペット」を設定し、20台の台数限定で発売した。

特別装備のSDナビゲーションは、起動画面も専用のものが用意される。
特別装備のSDナビゲーションは、起動画面も専用のものが用意される。拡大
ボディーカラーに合わせた専用ロゴ入りシートカバーを装備する。写真はジョンアグリュム用のイエローのカバー。
ボディーカラーに合わせた専用ロゴ入りシートカバーを装備する。写真はジョンアグリュム用のイエローのカバー。拡大
防水性や通気性、保温性に優れたパッカブルベッド。ファスナーを開けて広げると、大きなマットとして使用することもできる。
防水性や通気性、保温性に優れたパッカブルベッド。ファスナーを開けて広げると、大きなマットとして使用することもできる。拡大
車載用ペット用品で有名なクルゴのハンモック。シートを汚れから守る。
車載用ペット用品で有名なクルゴのハンモック。シートを汚れから守る。拡大
ペット用の簡易ドライブハウスであるベルトチューブ。ペットが車内で安全に遊ぶことができる。
ペット用の簡易ドライブハウスであるベルトチューブ。ペットが車内で安全に遊ぶことができる。拡大

獣医師の監修によるペット用装備が充実

カングー ウィズ ペットは、「ゼン AT」グレードをベースに、ペットと一緒に出掛ける際に、ペットがより安全で快適に室内で過ごせるための装備が追加されたモデル。このペット用装備については、ペット用品販売や動物病院の経営などの大手であるイオンペットの獣医師が監修している。

さらに、ナビゲーションシステムやリアカメラ、専用ロゴステッカー、専用ロゴ入りシートカバーなども装備する。ボディーカラーはジョンアグリュムとブルーエトワールメタリック(3万2400円高)の2色が用意され(各限定10台)、価格は241万5000円。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 2DIN SDナビゲーション
  • リアカメラ
  • ラゲッジマット
  • 専用CAVANA製シートカバー(車体色対応 ジョンアグリュム:イエロー、ブルーエトワールメタリック:ブルー)
  • 専用ロゴステッカー
  • ルームinわんタッチ ドッグラン(コンパクトに収納できる、犬用の携帯用サークル。ワンタッチで簡単に組み立てができ、飛び出し防止の屋根付き。キャンプ地などで固定するためのペグ固定用のひもも付いている)
  • ドンパックプラス(愛犬のウンチやにおいの気になるものを入れて、車のボディーに強力マグネットで貼り付けられる)
  • クルゴ ロフトシリーズ ハンモック(水や汚れからカーシートを守る、ハンモックタイプの後部座席用シートカバー。軽量で断熱性もあるため、秋冬のお出掛け時にも最適)
  • パッカブルベット(防水性と通気性、保温性に優れた、寝袋のような形のベッド。ファスナーを開けて広げると大きいマットにもなる。収納バッグが付属する。Lサイズ:70×4×105cm、重さ940g)
  • シートベルトアタッチメント(クルマのシートベルトを間に通しておき、犬を車に乗せた際に首輪に付ければ、簡単に係留ができるアタッチメント。ウォータースポーツ用と同じ素材、同じ製造方法で丁寧に手づくりされている)
  • ベルトチューブ(ペット用の簡易ドライブハウス。非常に強度の高い生地を使用しており、軽量で持ち運びも簡単。サイズ調整ができ、リアシートを有効に使用できる)
  • オリジナルお手入れキット(犬の手入れ用品、散歩グッズ、おもちゃなどが入ったキット。カングーの3連式オーバーヘッドボックス中央にぴったり収まるように設計されたオリジナルデザイン)

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • KANGOOでGO! 2020.7.2 おでかけするならルノーで行こう<AD> いよいよ夏本番。今度の休みは、どこへ行こう? ルノーのマルチパーパスビークル「カングー」で出掛けたら、期待いっぱいのドライブは、さらに楽しいものになるだろう。
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • ルノー・カングー ゼン(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.19 試乗記 日本のルノーの半分を占める人気モデル「カングー」に1.2リッターターボエンジンと6段MT搭載の新グレードが追加設定。マニアが注目する(?)新パワートレインの魅力を味わった。
ホームへ戻る