5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデル

2017.04.05 自動車ニュース
「シボレー・コルベット グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ」
「シボレー・コルベット グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年4月5日、「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ」を設定し、同年4月8日に発売すると発表した。

 
5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデルの画像拡大
 
5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデルの画像拡大
 
5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデルの画像拡大

今回のグランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージは、シャシー性能を高めたコルベットの上級グレード「グランスポーツ」をベースに、内外装に専用のコーディネートを施した特別仕様車である。

最大の特徴はボディーカラーにあり、量産モデルのコルベットに初めて「グランスポーツ」の名を冠するグレードが設定されたときと同じ「アドミラルブルー」を採用。フロントフェンダーにはトーチレッドのフェンダーハッシュマークを、エンジンフードからリアハッチにかけては、ホワイトのフルレングスストライプを施している。

一方、インテリアにもカーボンファイバーを用いたコンペティションスポーツバケットシートなどを装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • カーボンフラッシュバッジパッケージ
  • トーチレッドハッシュフェンダーマーク
  • ホワイトフルレングスストライプ
  • ヴィジブルカーボンファイバーグランドエフェクト
  • ジェットブラックレザー&スウェードラップドインテリア
  • スウェーデッドマイクロファイバーインサート付きコンペティションスポーツバケットシート
  • スウェーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング
  • ブラッシュドアルミニウムインテリアハッシュマーク

販売台数は限定5台で、トランスミッションは8段ATのみ。価格は1280万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
コルベット, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイNEW 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-30(FF/6MT)/CX-30(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.7.17 試乗記 「CX-3」と「CX-5」の間に割って入る、マツダの新型クロスオーバー「CX-30」。国内での発売に先駆けてドイツ・フランクフルトで試乗した筆者は、激戦のSUV市場でも輝ける完成度の高さを感じたのだった。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(前編)【試乗記】 2019.7.17 試乗記 本格的なオフロード性能を有するクロスカントリー車として、今や貴重な存在となった「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。価格もボディーサイズも異なる2台の間に、共通する価値観はあるのか? 東京-富士ヶ嶺のドライブを通して確かめた。
ホームへ戻る