スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開

2017.04.07 自動車ニュース
2018年型「スバル・アウトバック」の北米仕様車。
2018年型「スバル・アウトバック」の北米仕様車。拡大

スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。

 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像拡大
 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像拡大
 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像拡大
 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像拡大
 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像拡大
 
スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開の画像拡大

2018年型モデルのアウトバックでは、ラギッドかつ上質な印象を外装デザインにおいて一段と強調しつつ、内装の質感を向上。さらに、サスペンション設定の最適化等により操縦安定性と乗り心地を向上させ、エンジンやCVTの特性を変更することでメリハリのある気持ち良い加速感を実現したという。

具体的な変更点は、以下の通り。

【エクステリア】

  • スバルのアイデンティティーをこれまで以上に強調した、新デザインのヘッドランプとフロントグリルを採用。たくましさを強調したフロントバンパーと組み合わせた。
  • リアバンパーに備わるマットブラックのクラッディングを拡大。ラギッドな印象をさらに強調し、フロントフェイスと統一感のあるデザインとした。
  • 18インチアルミホイールのデザインを変更した。
  • 新形状のLEDターンランプ付きドアミラーを採用し、空力性能や静粛性、他車からの視認性を高めた。

【インテリア】

  • センターベントグリルやエアコンユニットと一体的にデザインされたフラットな大型センターパネルを採用。ディスプレイのサイズを8インチに拡大した。
  • ハイグロスブラックのパーツとシルバーフレームを随所にあしらうことで、質感を向上させた。
  • インストゥルメントパネルとドアトリムにリアルステッチを施し、仕立てのいい上品なイメージを演出した。
  • 立体的でスポーティーなデザインの新型ステアリングホイールを装備した。
  • フロントドアガラスに遮音中間膜ガラスを採用し、遮音性を向上させた。

【シャシー/トランスミッション】

  • サスペンションの設定を最適化し、操縦安定性と乗り心地を向上させた。
  • 電動パワーステアリングの制御を変更。より自然で滑らかな操舵フィーリングを実現した。
  • ブレーキの特性を改め、剛性感の高いしっかりとしたブレーキフィールとした。
  • エンジンやCVTの特性を変更し、メリハリのある気持ち良い加速感を実現した。

【安全装備】

  • ステアリングの操作に合わせてヘッドランプの光軸を左右に動かす「ステアリング連動ヘッドランプ」を採用。夜間の視認性を向上させた。
  • 後側方警戒支援システムのインジケーターランプを鏡面中からミラーサイドに移設。ランプの光らせ方も改めた。

(webCG)

関連キーワード:
レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース