スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編)

2017.05.04 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか。“谷口基準”で評価してもらおう。

Uターンするだけでメチャ楽しい!

「やっぱりね」 ドスンッ! 「僕はこういう小さいクルマが好きなんですよね」
途中の“ドスンッ”というのは谷口信輝がスマートBRABUSフォーツーのドアを閉めたときの音。つまり谷口はクルマから降りるとドアを閉めるよりも早く話し始めたことになる。クルマから降り立っても、こちらが問いかけるまではじっくりと考えていることが多い彼にしては、これはとても珍しいことである。
「ほら、僕は以前、『トヨタiQ』持っていたでしょう? だから、もともと小さいクルマが好きなんですよ」

根っからの走り屋にして日本屈指のレーシングドライバーが“小さいクルマが好き”とは、なんともアンバランスというか意外な発言だ。なぜ、谷口は小さいクルマが好きなのだろうか?
「もう、Uターンするだけでわらけてわらけて(笑えて笑えて、の意味)、もうメチャ楽しい!」
そう、この連載をよくご存じの皆さんであればご承知のとおり、谷口は大の“小回りフェチ”。だから、ステアリングを目いっぱい切ってから前に進むと、まるで曲がるというよりもその場で横に向かって進み始めるようにさえ思えるスマートの「ハンドルの切れ具合」が、谷口の心をグッとわしづかみにしてしまったようなのだ。

確かにスマートのハンドルはよく切れる。リアエンジン・後輪駆動のレイアウトのため、左右の前輪の間にエンジンを積んでおらず、おかげでタイヤを真横近くまでステアしてもどこにもぶつからずに済む、というのが理由のひとつ。しかも、フォーツーであれば2人乗りのためホイールベースが1875mmと極端に短く、これが小回り性をさらに高めるのに役立っているのだ。

いや、それは話の順番が逆というものだろう。ウルトラコンパクトなシティーコミューターとして誕生したスマートは、スペース効率を高めるとともに、小回り性を極限まで高めるために、いまではコンパクトカーにもほとんど使われなくなったリアエンジン・後輪駆動のレイアウトをあえて採用したのである。それは、「フォーフォー」のエンジニアリングと生産の大部分をルノーに委ね、フォーツーにも「ルノー・トゥインゴ」と共通のコンポーネントを多数使うようになったいまも変わることなく受け継がれている。

 
スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編)の画像拡大
 
スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編)の画像拡大
 
スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編)の画像拡大
スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2785×1665×1545mm/ホイールベース:1875mm/車重:980kg/駆動方式:RR/エンジン:0.9リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:109ps(80kW)/5750rpm/最大トルク:170Nm(17.3kgm)/2000rpm/タイヤ:(前)185/50R16 (後)205/40R17/価格:297万円
スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2785×1665×1545mm/ホイールベース:1875mm/車重:980kg/駆動方式:RR/エンジン:0.9リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:109ps(80kW)/5750rpm/最大トルク:170Nm(17.3kgm)/2000rpm/タイヤ:(前)185/50R16 (後)205/40R17/価格:297万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
ホームへ戻る