プジョーが「3008」のディーゼルモデルを発表

2017.04.10 自動車ニュース
「プジョー3008 GT BlueHDi」
「プジョー3008 GT BlueHDi」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年4月10日、ミドルクラスSUV「3008」のディーゼルモデル「GT BlueHDi」を発表した。

「3008 GT BlueHDi」のリアビュー。
「3008 GT BlueHDi」のリアビュー。拡大
2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジン。
2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジン。拡大
「i-cockpit」と呼ばれる新型「3008」のインストゥルメントパネルまわり(写真は「GTライン デビューエディション」のもの)。
「i-cockpit」と呼ばれる新型「3008」のインストゥルメントパネルまわり(写真は「GTライン デビューエディション」のもの)。拡大
「3008 GT BlueHDi」と、左からプジョー・シトロエン・ジャポンの八木亮祐PRマネジャー、クリストフ・プレヴォ代表取締役社長、ジャン・ミッシェル・オモン マーケティング部長、上村 学プジョー・プロダクトマネジャー。
「3008 GT BlueHDi」と、左からプジョー・シトロエン・ジャポンの八木亮祐PRマネジャー、クリストフ・プレヴォ代表取締役社長、ジャン・ミッシェル・オモン マーケティング部長、上村 学プジョー・プロダクトマネジャー。拡大

プジョー3008は、PSAグループの新世代プラットフォーム「EMP2」をベースに開発された、新型SUVである。日本でも2017年3月に販売が開始されたが、これまでのラインナップは、1.6リッター直4直噴ターボエンジンを搭載したガソリンモデルのみだった。

今回発表されたGT BlueHDiは、同モデルの最上級グレードにあたり、パワープラントには最高出力180ps/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpmを発生する2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジンを採用。トルコン式6段ATとの組み合わせにより、JC08モード計測で18.7km/リッターという燃費性能を実現している。

また、他のプジョーのディーゼルモデルと同様、排気の後処理には尿素水溶液「AdBlue」を用いた選択還元触媒(SCR)と微粒子フィルター(DPF)を採用。クリーンな排気を実現しているという。

今回の新グレードを含む、3008のラインナップと価格は以下の通り。

  • 3008アリュール:354万円
  • 3008アリュールLEDパッケージ:369万円
  • 3008アリュール デビューエディション:398万円
  • 3008 GTライン デビューエディション:400万円
  • 3008 GT BlueHDi:426万円

なお、GT BlueHDiの導入は2017年8月以降の予定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(後編) 2020.10.8 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「プジョー208」に乗った谷口信輝は、「これなら安心してすすめられる」とつぶやいた。そんな評価の決め手となった、最新型の注目ポイントとは?
  • プジョー208 GTライン(前編) 2020.10.1 谷口信輝の新車試乗 フランス生まれのコンパクトハッチバック「プジョー208 GTライン」に谷口信輝が試乗。新世代プラットフォームを使って開発された最新型の仕上がりを、走りのプロはどう評価する?
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
ホームへ戻る