ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露

2017.04.15 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」拡大

ランボルギーニ・ジャパンは2017年4月14日、「アヴェンタドール」の進化版である「アヴェンタドールS」を東京都内で披露した。

 
ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露の画像拡大
 
ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露の画像拡大
 
ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露の画像拡大

従来比40ps強化の740psへ

アヴェンタドールSは従来のアヴェンタドールの改良進化版。エンジン出力の強化に加え、空力性能を改善した新デザインや四輪操舵システムの採用が主な特徴となっている。

6.5リッターV12自然吸気エンジンの最高出力は、従来比40psプラスの740psへと強化された。動力性能は0-100km/h加速が2.9秒、最高速は350km/h以上と発表されている。

また、新型ではエクステリアデザインが改められ、空力性能が大幅に改善された。より長くなったフロントスプリッターは空気の流れを変え、空力の効率だけでなく、エンジンの冷却も同時に改善している。フロントのダウンフォースは従来型と比べて130%増加しているという。

四輪操舵システムは、ランボルギーニの量産車としては初採用となる。このシステムは、低速走行時には後輪を前輪と逆相に操舵して回転半径を抑え、一方、高速走行時には前輪と同相に切って安定した走行を可能にするものだ。

車両価格は4490万4433円。

(webCG)

→「アヴェンタドールS」の関連ニュースはこちら。

→「アヴェンタドールS」の詳細な写真はこちら。

関連キーワード:
アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【海外試乗記】 2019.2.12 試乗記 5.2リッターV10エンジンを搭載した「ランボルギーニ・ウラカン」が、より走りを高めた「ウラカンEVO」に進化。高性能モデル「ペルフォルマンテ」譲りの心臓を得た“ベビー・ランボ”の走りを、バーレーンのインターナショナル・サーキットからリポートする。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.19 試乗記 フランス発のプレミアムブランドDSがリリースした、新しいコンパクトSUV「DS 3クロスバック」。かの地における芸術の歴史と文化をクルマという形で体現したとされるニューモデルは、似るもののない孤高の存在に仕上がっていた。
ホームへ戻る