ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露

2017.04.15 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」拡大

ランボルギーニ・ジャパンは2017年4月14日、「アヴェンタドール」の進化版である「アヴェンタドールS」を東京都内で披露した。

 
ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露の画像拡大
 
ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露の画像拡大
 
ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露の画像拡大

従来比40ps強化の740psへ

アヴェンタドールSは従来のアヴェンタドールの改良進化版。エンジン出力の強化に加え、空力性能を改善した新デザインや四輪操舵システムの採用が主な特徴となっている。

6.5リッターV12自然吸気エンジンの最高出力は、従来比40psプラスの740psへと強化された。動力性能は0-100km/h加速が2.9秒、最高速は350km/h以上と発表されている。

また、新型ではエクステリアデザインが改められ、空力性能が大幅に改善された。より長くなったフロントスプリッターは空気の流れを変え、空力の効率だけでなく、エンジンの冷却も同時に改善している。フロントのダウンフォースは従来型と比べて130%増加しているという。

四輪操舵システムは、ランボルギーニの量産車としては初採用となる。このシステムは、低速走行時には後輪を前輪と逆相に操舵して回転半径を抑え、一方、高速走行時には前輪と同相に切って安定した走行を可能にするものだ。

車両価格は4490万4433円。

(webCG)

→「アヴェンタドールS」の関連ニュースはこちら。

→「アヴェンタドールS」の詳細な写真はこちら。

関連キーワード:
アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ランボルギーニは新型モデルを夏以降に発表【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.25 自動車ニュース 2021年の干支は「丑(うし)」。昨2020年に6モデルを発表したランボルギーニも、エンブレムに“猛牛”を掲げている。その勢いは今年も続くのか。ニューモデルの発表時期や日本への導入スケジュールを、ランボルギーニ・ジャパンに聞いた。
  • ランボルギーニ・ウラカンSTO 2020.11.20 画像・写真 ランボルギーニ・ジャパンは2020年11月20日、東京・六本木のブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を世界初公開。レーシングマシンをモチーフにしたという市販ロードカーの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(後編) 2020.11.1 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第6回は、「ランボルギーニ・ウラカンEVO」の試乗リポート後編。これまで数々のスーパーカーを乗り継いできたベテランに「次期愛車候補」と言わしめた理由とは?
ホームへ戻る