第124回:買い物には言い訳が必要だ

2019.02.19 カーマニア人間国宝への道

3気筒のスーパーカー

これ以上のパフォーマンスの向上は、事実上無意味になってしまったスーパーカー業界。それでも各ブランド、相変わらずモアパワーで突き進んでいるが、そんな中、敢然とエコ&サステイナブルな方向へ舵(かじ)を切った「BMW i8」はスバラシイ! 

ところが、隣の駐車枠にクルマが止まってると、ドアがちゃんと開かなくて乗り降りが困難になるという悲劇! せっかく毎日でも乗れるハイブリッドスーパーカーなのにぃ!

もうひとつの気になる事実。それは、i8ってあんまり人気がないみたい……ってことだ。

i8のデザインはウルトラステキである。見た瞬間にほとんどの人が魅了される。パフォーマンスも十二分に高い。

ところが、いざとなるとみんなフェラーリやランボルギーニばかり買って、i8は買ってもらえていない(たぶん)!

i8がどれくらい売れてるか、実数は不明だが、東京でもめったに見ないので、間違いなくフェラーリやランボルギーニより売れてないだろう。

なぜか?

わが身に置き換えて考えてみりゃわかるけど、やっぱ人間、エンジンが3気筒のクルマに2000万円以上出すのって、なかなか勇気がいるんだよね。スピーカーからどんなにイイ合成音出してくれてもさ……。

だって、3気筒っていったら軽と同じだもん。直6ならセーフだった気がするが、3気筒に2000万オーバーはハードルが高すぎる。いや、ある意味、作り手の志が高すぎたのでしょう。

BMW i8ロードスター(写真=池之平昌信)
BMW i8ロードスター(写真=池之平昌信)拡大
「BMW i8」のバタフライドアには難点があった!(写真=池之平昌信)
「BMW i8」のバタフライドアには難点があった!(写真=池之平昌信)拡大
スタイルはいいし、パフォーマンスも高いのに……。(写真=池之平昌信)
スタイルはいいし、パフォーマンスも高いのに……。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

BMW i8ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【試乗記】 2018.11.17 試乗記 2017年11月のロサンゼルスモーターショーで発表された「i8ロードスター」は、プラグインハイブリッドスポーツ「i8」の派生モデルにして、BMWが「ピュアオープンeモビリティー」と呼ぶフラッグシップモデル。i8はオープン化によって、どんな走りをみせてくれるのか。
  • 第123回:タイヘンな盲点 2019.2.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第123回は「タイヘンな盲点」。「エコでサステイナブル、しかもメチャクチャカッコいい」と筆者絶賛の「BMW i8ロードスター」、しかし……。買ってみてわかった! 元i8オーナーが語るザンネンな点とは? 
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • BMW i8(後編) 2016.12.8 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「BMW i8」がテーマ。未来派スーパースポーツカーを5点満点で採点するなら、さて何点?
ホームへ戻る