「メルセデス・ベンツGLA」がマイナーチェンジ

2017.04.19 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC」
「メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年4月19日、コンパクトSUV「GLA」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

ボディーカラーは写真の「ジュピターレッド」のほか、「カルサイトブルー」や「エルバイトグリーン」など、全9色が設定される。
ボディーカラーは写真の「ジュピターレッド」のほか、「カルサイトブルー」や「エルバイトグリーン」など、全9色が設定される。拡大
穴のあいたグリルや、新デザインのバンパーおよびフォグランプの採用により、従来型よりもSUVらしさが強調されたフロントマスクとなった。
穴のあいたグリルや、新デザインのバンパーおよびフォグランプの採用により、従来型よりもSUVらしさが強調されたフロントマスクとなった。拡大
リアコンビランプには「クリスタルルック」を採用。後続車からの視認性を高められている。
リアコンビランプには「クリスタルルック」を採用。後続車からの視認性を高められている。拡大
発表会では、後席に装着できるペット用品の実演も行われた。
発表会では、後席に装着できるペット用品の実演も行われた。拡大
「GLA220 4MATIC」とメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長、そしてペット用品の実演に登場した、モデル犬のマロちゃん。
「GLA220 4MATIC」とメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長、そしてペット用品の実演に登場した、モデル犬のマロちゃん。拡大

よりSUVらしさを増したデザインに

2013年9月のフランクフルトショーでデビューしたメルセデス・ベンツのコンパクトSUV、GLA。2017年1月のデトロイトショーではマイナーチェンジを発表。その最新版のGLAが日本に上陸した

GLAは、「Gクラス」を頂点とするメルセデス・ベンツのSUVラインナップにおいて最もコンパクトなモデルで、全高が1.55m以下というSUVとしては低めのボディーサイズが特徴だ。その名前からもわかるとおり、基本コンポーネントを「Aクラス」と共用するが、リアオーバーハングを延長することで、Aクラスよりも広い荷室を手に入れ、実用性を高めている。

今回のマイナーチェンジでは、フロントマスクをリニューアル。力強い印象を与える「パンチドグリル」に加えて、ヘッドライト、フロントフォグランプ、アンダーガードなどにより、SUVらしさを増した。また、テールライトには「Eクラス」にも採用される「クリスタルルック」を採り入れることで、視認性を高めるとともに、最新のメルセデス・ベンツらしさをアピールしている。

さらにトップモデルの「メルセデスAMG GLA45 4MATIC」では、ツインルーバーが特徴のメルセデスAMGデザインを採用することで、スポーティーさを強調している。

パワーユニットは、従来の1.6リッター直列4気筒直噴ターボ(122ps)を「GLA180」に、2リッター直列4気筒直噴ターボ(211ps)を「GLA250 4MATIC」に、2リッター直列4気筒直噴ターボ(381ps)をメルセデスAMG GLA45 4MATICにそれぞれ搭載するとともに、184psを発生する2リッター直列4気筒直噴ターボを新たに設定し、「GLA220 4MATIC」に採用。駆動方式はGLA180がFF、それ以外は4WDとなる。トランスミッションは全車ともデュアルクラッチ式の7段ATが組み合わされる。

安全装備は、緊急ブレーキ機能の「アクティブブレーキアシスト」と、ドライバーの眠気や疲労を検知して注意を促す「アテンションアシスト」を全車に標準装備。また、渋滞追従機能を備えたレーダークルーズコントロールの「ディスタンスパイロット・ディストロニック」、ドアミラーの死角をレーダーによってモニターする「ブラインドスポットアシスト」、車線逸脱をドライバーに知らせる「レーンキーピングアシスト」などを含む「レーダーセーフティーパッケージ」を設定している。また、駐車の際にステアリング操作を自動的に行う「パーキングパイロット」も用意する。

GLAには新車購入から3年間のメンテナンスプログラム「メルセデス・ケア」が無償で付帯するが、地図ソフトの無償更新回数が増え、インフォテインメントシステム「COMAND」のソフトウエアアップデートが無償になるなど、そのサービス内容が充実しているのも見逃せないポイントだ。

新型GLAのラインナップと価格は以下のとおり。なお、GLA220 4MATICは2017年9月以降の発売となる。

  • GLA180:398万円
  • GLA220 4MATIC:449万円
  • GLA250 4MATIC(受注生産):513万円
  • メルセデスAMG GLA45 4MATIC:792万円

(文=生方 聡/写真=webCG)

 

関連キーワード:
GLA, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLA の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.14 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」がフルモデルチェンジして2代目に生まれ変わった。各ブランドの自信作がひしめき合う激戦区に投入された、メルセデスの最新コンパクトSUVの仕上がりをリポートする。
  • ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT(FF/6MT)【試乗記】 2021.7.19 試乗記 長く愛されてきた2代目「ルノー・カングー」の最終ロットがいよいよ日本上陸。しかもその中身は、最後にして最初となるディーゼルエンジン搭載モデルである。そしてこの希少な初物では、カングーの美点がガソリンモデル以上に味わえるのだからたまらない。
  • ジャガーXF SE R-DYNAMIC P300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.5 試乗記 優雅さとスポーティーな走りを併せ持つジャガーのEセグメントモデル「XF」が、操作系の刷新を含む改良を受けて、2021年モデルへと進化。パワフルなガソリンターボエンジンと4WDを組み合わせた「XF SE R-DYNAMIC P300」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツGLA」に新たなエントリーグレード登場 2021.4.5 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年4月5日、「メルセデス・ベンツGLA」のモデルラインナップに「GLA180」を追加設定し、予約注文受け付けを開始した。同年5月からの納車開始を予定している。
ホームへ戻る