マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売

2017.04.20 自動車ニュース

マツダは2017年4月20日、コンパクトカー「デミオ」の全グレードに先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、販売を開始した。

同社は、日本国内で販売する、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」を対象に、i-ACTIVSENSEの標準装備化を2017年度中に行うことを公表しており、今回のデミオは、その第1弾となる。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。

価格は、138万2400円(15C:FF)から224万6400円(XDツーリングLパッケージ:4WD)まで。

(webCG)
 

「マツダ・デミオXDツーリングLパッケージ(FF)」
「マツダ・デミオXDツーリングLパッケージ(FF)」拡大

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6MT)【試乗記】 2018.8.27 試乗記 デビュー以来最大規模の改良を受けたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと新しい足まわりの織り成す走りは、従来モデルからどのように進化を遂げたのか? ちょっとマニアックなMT仕様で、その実力を確かめた。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.26 試乗記 “アンフォロー”をテーマに、ブランドの既存のルールにとらわれない独特な立ち位置でデビューした「BMW X2」。しかし、いくら“鬼っ子”として振る舞っても、出自はなかなか隠せないもの。試乗を通じて感じたのは、あのクルマとの強い類似性だった。
ホームへ戻る