ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場

2017.05.14 自動車ニュース
「ルノー・カングー アン プロヴァンス」
「ルノー・カングー アン プロヴァンス」拡大

ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。

さわやかな香りが特徴のハーブ「ヴァーベナ」をイメージしたグリーンのシートカバーを装着する。
さわやかな香りが特徴のハーブ「ヴァーベナ」をイメージしたグリーンのシートカバーを装着する。拡大
成約記念品として、ロクシタン監修による「ヴァーベナ」のドライビングキットがプレゼントされる。夏に向けて、汗やにおい、日焼けなどをケアするアイテムが組み合わされている。
成約記念品として、ロクシタン監修による「ヴァーベナ」のドライビングキットがプレゼントされる。夏に向けて、汗やにおい、日焼けなどをケアするアイテムが組み合わされている。拡大

今回のカングー アン プロヴァンスは、「ゼン」グレードをベースに、南フランス・プロヴァンス生まれのコスメティックブランドである、ロクシタンとのコラボレーションにより誕生したモデル。

夏のプロヴァンスの太陽をイメージしたというオレンジ(オランジュ エタンセル メタリック)のボディーカラーと、ロクシタンを代表する、さわやかな香りのハーブ「ヴァーベナ」をイメージしたグリーンのシートカバーを特徴とする。

また成約記念品として、ドライビングトートやUVフレッシュボディーローション、アイスハンドクリーム、アウトドアリストバンド、アウトドアミスト、リフレッシングタオレッツからなる、ロクシタン監修によるヴァーベナのドライビングキットがプレゼントされる。

主な専用装備は以下の通り。

  • スペシャルボディーカラー
  • シルバー&ブラックフロントバンパー
  • ブラックリアバンパー
  • シルバードアミラー
  • 専用CABANA製シートカバー

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • 「ルノー カングージャンボリー2018」の会場から 2018.5.15 画像・写真 2018年5月14日に行われた、「ルノー・カングー」のファンミーティングであるカングー ジャンボリー。10周年を迎えた記念すべきイベントの様子を、写真とともにリポートする。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
ホームへ戻る