「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場

2017.05.18 自動車ニュース
「ホンダS660 Bruno Leather Edition」
「ホンダS660 Bruno Leather Edition」拡大

本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノレザーエディション)」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6段MT仕様、CVT仕様ともに228万円。

 
「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場の画像拡大
 
「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場の画像拡大
 
「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場の画像拡大

今回のブルーノレザーエディションは、上級グレードの「α」をベースに、ステアリングホイールやスポーツシート、インパネソフトパッドにジャズブラウンレザーを配した、大人の上質なコーディネートを特徴とするモデル。

ボディーカラーは特別色のベルベットマルーンメタリックのほか、プレミアムスターホワイトパール、アドミラルグレーメタリックの全3色が設定される。

主な特別装備は以下の通り。

  • ブラックドアミラー
  • オールブラックアルミホイール
  • ジャズブラウンインテリア(スポーツレザーシート/本革巻きステアリングホイール/インパネソフトパッド)
  • 専用アルミ製コンソールプレート
  • センターディスプレイ(internavi POCKET連携)

併せてS660専用のiPhoneアプリ「REV BEAT(レブビート)S660」も発表した。これは走行データからギアチェンジのタイミングを判定し、センターディスプレイへの「Excellent」「Good」「Bad」の表示と音声により、ドライバーにタイミングの良しあしをフィードバックするというもの(6段MT車のみ。CVT車はシフトポジションを表示)。走行履歴をiPhoneに保存して確認できるほか、Twitterへの投稿もできる。さらに、走行を重ねることで専用楽曲などのアイテムが増えるというゲーム性も備えている。

センターディスプレイを備えたすべてのS660で使用可能で、2017年6月2日からダウンロードできる。

(webCG)

関連キーワード:
S660, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ S660 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660ネオクラシック(MR/CVT)【試乗記】 2019.3.26 試乗記 「ホンダS660」ベースの着せ替えモデル「S660ネオクラシック」に試乗! コンセプトカーの登場から2年7カ月。ついに市販化されたドレスアップキットで、見た目や走りはどう変わったのか? 元“エスロク”オーナーが、乗って触って確かめた。
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.9.2 試乗記 ホンダの軽スポーツカー「S660」に純正オプションをたっぷりと組み込んだ、コンプリートカー「S660モデューロX」に試乗。自らS660を所有していた清水草一が、その乗り味の特徴をリポートする。
  • トヨタ・コペンGRスポーツ(FF/CVT)/ダイハツ・コペンGRスポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2019.11.25 試乗記 「コペンGRスポーツ」は、トヨタのGAZOO Racingカンパニーとダイハツがタッグを組んで仕立てたスポーツカーだ。その出来栄えを試すべく、特設コースに乗り込んでステアリングを一発切ったリポーターは、思わず笑みをこぼしたのだった。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る