フィアット500に“てんとう虫”をモチーフにした廉価な限定車が登場

2017.05.24 自動車ニュース
「フィアット500スーパーポップ コッチネッラ」。ボディーカラーは「ブルー ヴォラーレ」。
「フィアット500スーパーポップ コッチネッラ」。ボディーカラーは「ブルー ヴォラーレ」。拡大

FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。

「コッチネッラ」とはイタリア語で「てんとう虫」の意。Bピラーにエンブレムが付加される。
「コッチネッラ」とはイタリア語で「てんとう虫」の意。Bピラーにエンブレムが付加される。拡大
「コッチネッラ」のエンブレム。
「コッチネッラ」のエンブレム。拡大

ベースモデルは「1.2ポップ」。特別装備として、幸運のシンボルといわれるてんとう虫(コッチネッラ)のエンブレムとステッカーが付加される。また同車は車両価格が廉価に設定されているのも特徴で、ベースモデルより14万5800円安い。

ボディーカラーは「ボサノバ ホワイト」(限定100台)と「ブルー ヴォラーレ」(同100台)の2種類。

(webCG)

→「フィアット500スーパーポップ コッチネッラ」のフォトギャラリーはこちら。

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.5.21 試乗記 ツインエアを積んで復活した「フィアット・パンダ」が、日本に上陸。好きな人にはたまらない、その魅力に触れた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • 第205回:大嫌いな故郷の茨城を駆け抜けろ
    『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
    2019.10.10 読んでますカー、観てますカー 夏帆主演のプチロードムービー。東京でCMディレクターをしている砂田(夏帆)は、ある日思いつきで、秘密の友達清浦(シム・ウンギョン)の愛車「フィアット・パンダ」で故郷の茨城に帰ることに。コンプレックスの根源である大っ嫌いな故郷で彼女(たち)を待ち受けていたものとは。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る