「ジャガーXF」に錦織 圭選手の名を冠した特別仕様車

2017.05.29 自動車ニュース

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、4ドアセダン「ジャガーXF」に特別仕様車「KEI NISHIKORI EDITION(錦織圭エディション)」を設定し、2017年5月27日に受注を開始した。50台の台数限定で価格は697万円。

今回のXF KEI NISHIKORI EDITIONは、ジャガーのブランドアンバサダーを務めるテニスプレイヤー、錦織 圭選手の名を冠した特別仕様車であり、「FタイプKEI NISHIKORI EDITION」「XE KEI NISHIKORI EDITION」に続く第3弾となる。

ガソリンエンジン搭載モデルの「プレステージ」グレードをベースに、ウインブルドン選手権の象徴である天然芝に通じるブリティッシュレーシンググリーン(限定20台)と、ウインブルドン参加選手に着用が義務付けられている白のウエアを想起させるグレイシャーホワイト(同30台)の2色をボディーカラーとして設定。さらにフロントグリルやサイドパワーベントなどエクステリアのディテールを黒で統一したほか、グロスブラックの18インチアロイホイールも装着される。

主な特別装備は以下の通り。

  • メタリックペイントを施したブリティッシュレーシンググリーンもしくはグレイシャーホワイトのエクステリアカラー
  • インテリアにはライトオイスター・トーラス・レザーシートを採用
  • ブラックパック(グロスブラック仕上げのラジエーターグリル、グリルサラウンド、サイドパワーベント、テールゲートフィニッシャー、ボディーキットブレード、サイドウインドウ・サラウンド)
  • ブラインドスポットモニター(クロージングビークルモニター、リバーストラフィックディテクション付き)
  • 18 インチ Helix 10スポーク グロスブラック・フィニッシュ・アロイホイール
  • フロントシート・ヒーター&クーラーおよびリアシートヒーター
  • アドバンスド・パーキングアシストパック(360度パークディスタンスコントロール<駐車時や駐車スペースからの発進時に、障害物や他の車両の接近を感知した際、ドライバーに注意を促す>、パークアシスト<ドライバーはブレーキとアクセルペダルを操作するだけで縦列駐車、並列駐車および出庫を自動で行う>、サラウンドカメラシステム<ボディー各部に搭載したカメラにより、車両の周囲ほぼ360度の視界を10.2インチ静電式タッチスクリーンに表示>)
  • プライバシーガラス

(webCG)

「ジャガーXF KEI NISHIKORI EDITION」
「ジャガーXF KEI NISHIKORI EDITION」拡大

関連キーワード:
XF, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 300スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.28 試乗記 ジャガーのDセグメントセダン「XE」に、300psの2リッターターボエンジンを搭載した「300スポーツ」が登場。雨天のテストドライブでリポーターが感じた“心残り”とは? 2019年モデルより追加された、新しいスポーツグレードの出来栄えを報告する。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • スポーツセダン「ジャガーXE」が2020年型に スポーティーな「R-DYNAMIC」が登場 2019.8.2 自動車ニュース スポーツセダン「ジャガーXE」2020年モデルの受注がスタート。内外装のデザインをよりスポーティーなイメージに変更したほか、運転支援システムを標準化するなど、装備を大幅に強化。ラインナップには新たに「R-DYNAMIC」シリーズを設定した。
  • メルセデス・ベンツCクラスが一部仕様変更 PHVや特別仕様車もラインナップ 2019.9.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年9月2日、「Cクラス」のモデルラインナップおよび一部仕様の変更を発表した。PHVの「C350eアバンギャルド」や特別仕様車「ローレウスエディション」も追加設定されている。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る