内外装ともに個性あふれる「日産キューブ」の特別仕様車登場

2017.05.31 自動車ニュース
「日産キューブ15X Vセレクション My cube」
「日産キューブ15X Vセレクション My cube」拡大

日産自動車は2017年5月31日、コンパクトカー「キューブ」に特別仕様車「My cube(マイキューブ)」を設定し、発売した。

「ロルブーインテリア」
「ロルブーインテリア」拡大
「インディゴブルーインテリア」
「インディゴブルーインテリア」拡大
「ヴィンテージキャメルインテリア」
「ヴィンテージキャメルインテリア」拡大
「コダワリブラウンインテリア」
「コダワリブラウンインテリア」拡大
「ラウンジブラウンインテリア」
「ラウンジブラウンインテリア」拡大

今回のMy cubeは、「15X Vセレクション」をベースに、人気のアイテムを標準で装備しながら価格を抑えた特別仕様車。

従来メーカーオプションとして設定していた5種類のインテリア(ロルブーインテリア/インディゴブルーインテリア/ヴィンテージキャメルインテリア/コダワリブラウンインテリア<4万3200円高>/ラウンジブラウンインテリア)を標準装備としており、これらのインテリアは、11色のエクステリアカラーと自由に組み合わせることができる。また、ステアリングでのオーディオ操作が可能なステアリングスイッチやGPSアンテナ、TVアンテナ、TVアンテナ用ハーネスをセットにした「日産オリジナルナビ取付パッケージ」や、夜間走行時の視認性を高める「バイキセノンヘッドランプ」も標準装備としている。

価格は185万4360円(ベース車価格+7万2360円)。

(webCG)

関連キーワード:
キューブ, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産キューブ アクシス/キューブ ライダー パフォーマンススペック 2013.3.22 画像・写真 オーテックジャパンがカスタマイズした2台の特別な「日産キューブ」を写真で紹介。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える? 2018.5.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第91回は「日本独自のクルマ観は世界を変える?」。元日産・中村史郎氏インタビュー第6弾。国産車が90%以上を占める日本市場、その特殊な環境から生まれた強みとは!? グローバル視点で考える。
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
ホームへ戻る