内外装ともに個性あふれる「日産キューブ」の特別仕様車登場

2017.05.31 自動車ニュース
「日産キューブ15X Vセレクション My cube」
「日産キューブ15X Vセレクション My cube」拡大

日産自動車は2017年5月31日、コンパクトカー「キューブ」に特別仕様車「My cube(マイキューブ)」を設定し、発売した。

「ロルブーインテリア」
「ロルブーインテリア」拡大
「インディゴブルーインテリア」
「インディゴブルーインテリア」拡大
「ヴィンテージキャメルインテリア」
「ヴィンテージキャメルインテリア」拡大
「コダワリブラウンインテリア」
「コダワリブラウンインテリア」拡大
「ラウンジブラウンインテリア」
「ラウンジブラウンインテリア」拡大

今回のMy cubeは、「15X Vセレクション」をベースに、人気のアイテムを標準で装備しながら価格を抑えた特別仕様車。

従来メーカーオプションとして設定していた5種類のインテリア(ロルブーインテリア/インディゴブルーインテリア/ヴィンテージキャメルインテリア/コダワリブラウンインテリア<4万3200円高>/ラウンジブラウンインテリア)を標準装備としており、これらのインテリアは、11色のエクステリアカラーと自由に組み合わせることができる。また、ステアリングでのオーディオ操作が可能なステアリングスイッチやGPSアンテナ、TVアンテナ、TVアンテナ用ハーネスをセットにした「日産オリジナルナビ取付パッケージ」や、夜間走行時の視認性を高める「バイキセノンヘッドランプ」も標準装備としている。

価格は185万4360円(ベース車価格+7万2360円)。

(webCG)

関連キーワード:
キューブ, 日産, 自動車ニュース

日産 キューブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • 第169回:「僕のはまっすぐ走りました」 2020.3.31 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第169回は「僕のはまっすぐ走りました」。「フェラーリ348」はまっすぐ走らないという筆者の持論に、異議を唱える若者が現れた。果たして、重大な欠陥は過去のものなのか? 新旧オーナーが激論する!
ホームへ戻る