第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ

2020.07.21 カーマニア人間国宝への道

エリート特急の緊急入院

私事で大変恐縮ですが、我が家のエリート特急こと「BMW 320d」が故障しました。

2週間ぶりにエンジンをかけ、走りだして約3分後。「ポーン」という警告音が鳴り、まず「ABSが作動しません」に始まって、「車両安定化装置が作動しません」「歩行者検知機能が作動しません」「エアバッグ・シートベルトプリテンショナー機能が正常に作動しません」「タイヤ空気圧警告機能が作動しません」と、5つもの警告が発せられたのです。まるで墜落寸前の旅客機を操縦する機長の気分。

2週間も乗らなかったのは初めてだったので、それでなんかおかしくなったのか。それともジメジメの梅雨空が続いてるせいか。エンジン止めて再始動すれば治るんじゃないかと思って実行したけどダメ。

エリート特急様のインフォメーションによれば、「慎重に走行してください」とのことで、間もなく墜落するから運転をヤメロとは言われなかったので、そのまま走り続けていれば治るかなーと思って、アクアラインを通って木更津まで行ったけどダメ。木更津で取材中放置して再始動すれば治るかなと思ったけどダメ。翌日もダメ。

いよいよこれはダメだと思ってブログに書いたところ、「スピードセンサーの故障では」というご指摘をいただき、なるほどそうか! と納得して、修理に出すことにしました。

エリート特急君は、「お近くの正規ディーラーへお早めに」と表示していたけれど、正規ディーラーだと高そうだし時間がかかりそうなので、購入した激安中古車店に連絡して、12カ月点検とともに修理してもらうことにしました。

2017年7月に中古で購入した「BMW 320d」が故障。次々と警告が発せられた。
2017年7月に中古で購入した「BMW 320d」が故障。次々と警告が発せられた。拡大
5つもの警告は、再始動しても消えることがなかった。無念!
5つもの警告は、再始動しても消えることがなかった。無念!拡大
「BMW 320d」を購入した中古車店で修理してもらうことにした。
「BMW 320d」を購入した中古車店で修理してもらうことにした。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
  • BMWが「X3 M/X4 M」および「X4 M40i」の価格引き下げを発表 2020.7.15 自動車ニュース BMWジャパンは2020年7月10日、ミドルクラスSUV「BMW X3 M/X4 M」および「X4 M40i」の価格引き下げを発表した。価格の改定は同年8月1日販売分から適用され、値下げ幅は6.2%から7.9%となる。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
ホームへ戻る