「ホンダN-WGN」に装備山盛りの特別仕様車

2017.06.01 自動車ニュース
「ホンダN-WGN SS コンフォートパッケージ」
「ホンダN-WGN SS コンフォートパッケージ」拡大

本田技研工業は2017年6月1日、同年6月2日に軽乗用車「N-WGN」の特別仕様車「SSコンフォートパッケージ」を発売するとともに、「N-WGNカスタム」の特別仕様車に新色を追加すると発表した。

「N-WGNカスタム ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ」
「N-WGNカスタム ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ」拡大

今回のN-WGN SS コンフォートパッケージは、2016年12月9日に発売された特別仕様車「SSパッケージ」の装備をさらに充実させたモデル。以下の特別装備が装着される。

  • あんしんパッケージ
  • インパネガーニッシュ(レイヤードクリアパネル:ホワイト)
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • ドアオーナメントパネル(レイヤードクリアパネル:ホワイト)
  • クロームメッキ エアコンアウトレットリング
  • LEDフロントルームランプ/LEDリアルームランプ
  • 親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドアはっ水ガラス
  • 14インチアルミホイール(ブレードシルバー塗装)

価格はFF車が131万1000円で、4WD車が144万1000円。

また、同じく2016年12月9日に発売された、N-WGNカスタムの「SS 2トーンカラースタイルパッケージ」および「ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ」について、新たなボディーカラー「ルナシルバーメタリック&ブラック」「プレミアムベルベットパープルパール&ブラック」を追加した。

価格は以下の通り。

  • N-WGNカスタムSS 2トーンカラースタイルパッケージ:150万9000円(FF車)/163万9000円(4WD車)
  • N-WGNカスタム ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ:157万4000円(FF車)/170万4000円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
N-WGN, N-WGNカスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-WGN の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る