「トヨタ・ハリアー」マイナーチェンジ 2リッターターボ搭載車も設定

2017.06.08 自動車ニュース
「トヨタ・ハリアー“Metal and Leather Package”」
「トヨタ・ハリアー“Metal and Leather Package”」拡大

トヨタ自動車は2017年6月8日、マイナーチェンジした「トヨタ・ハリアー」を発表。同日、販売を開始した。

エクステリアは、フロントバンパーやリアコンビランプなどのデザインが変更された。
エクステリアは、フロントバンパーやリアコンビランプなどのデザインが変更された。拡大
2リッター直4直噴ターボエンジン(写真)は、低回転域から豊かなトルク特性と、優れた燃費性能がセリングポイント。
2リッター直4直噴ターボエンジン(写真)は、低回転域から豊かなトルク特性と、優れた燃費性能がセリングポイント。拡大
「プログレス」グレードのインテリア。写真は、インテリアカラーがダークサドルタンのもの。
「プログレス」グレードのインテリア。写真は、インテリアカラーがダークサドルタンのもの。拡大

ターボエンジン搭載車を追加

2013年11月に国内専用車として登場した3代目ハリアーに、モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された。

最大のトピックは、スポーティーな性格の2リッター直4直噴ターボエンジン搭載車(最高出力231ps/5200-5600rpm、最大トルク350Nm/1650-4000rpm)がラインナップされたこと。従来の2リッター直4自然吸気モデルと、2.5リッター直4エンジンをベースとするハイブリッドモデルとあわせて、選べるパワートレインは3種類になった。

この2リッターのターボ車には、走行時の微振動を減衰・吸収するパフォーマンスダンパーが装着され、優れた直進安定性や操縦安定性を実現したとうたわれる。トランスミッションは、自然吸気エンジン車(CVTを搭載)とは異なる6段ATで、駆動方式はFFまたは4WD。マニュアル感覚のシフトが可能なシーケンシャルシフトマチックと相まって、スポーティーな走りが楽しめるという。JC08モードの燃費値はFF車が13.0km/リッター、4WD車は12.8km/リッターとなっている。

安全装備と運転支援システムの充実も図られている。全車、プリクラッシュセーフティーシステムやレーンディパーチャーアラート、レーダークルーズコントロールなどがセットになった運転支援システム「Toyota Safety Sense P」を標準装備。LED式のコーナリングランプや、シフトレバーの操作と連動して自動的に作動・解除を行う電動パーキングブレーキも全車に与えられる。

“Metal and Leather Package”のシートは、プレミアムナッパ本革(写真)で仕立てられる。
“Metal and Leather Package”のシートは、プレミアムナッパ本革(写真)で仕立てられる。拡大
アルミヘアライン加飾のパネル。“Metal and Leather Package”の特別装備に含まれる。
アルミヘアライン加飾のパネル。“Metal and Leather Package”の特別装備に含まれる。拡大
 
「トヨタ・ハリアー」マイナーチェンジ 2リッターターボ搭載車も設定の画像拡大

さらなる高級感と先進性を演出

エクステリアデザインについては、主にフロントまわりの意匠を変更。アッパーグリルを従来モデルより薄くする一方、ロワグリルはワイド化された。右左折の際に16灯のLEDランプが内側から外側へ流れるように光る「シーケンシャルターンランプ」も、一部エントリーグレードを除き装備される。リアまわりでは、これまでクリアタイプだったコンビネーションランプが、視認性の高い赤色のものへと変更された。

インテリアは、「T-Connect SDナビゲーションシステム」のディスプレイが8インチから9.2インチへと拡大されたのがポイント。プレミアムナッパ本革のシート(快適温熱シート+ベンチレーション機能付き)やアルミヘアライン加飾を施したシフトレバー周辺部のパネル、ピアノブラックのドアスイッチベースがセットになった“Metal and Leather Package”も用意され、さらなる高級感と先進性が演出されている。

ハリアーの価格は、パワートレイン別に以下の通り。

  • 2リッター直4:294万9480円(FF/CVT)~432万4320円(4WD/CVT)
  • 2リッター直4ターボ:338万0400円(FF/6AT)~457万4880円(4WD/6AT)
  • ハイブリッド:377万4600円(4WD/CVT)~495万3960円(4WD/CVT)

ボディーカラーは、新色の「ダークレッドマイカメタリック」「ダークブルーマイカメタリック」を含む全6色がラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ躍進の起爆剤となるか 新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の“強み”に迫る 2020.5.13 デイリーコラム トヨタが満を持して発表した「ヤリスクロス」。成長を続ける欧州コンパクトSUV市場を狙ったニューモデルの、ライバルにはないアドバンテージとは? 実施が差し迫るCO2規制の現状とともに、トヨタのグローバル戦略における、このクルマの重要性を解説する。
  • ケータハムが「スーパーセブン1600」を発売 クラシックな装いが特徴のニューモデル 2020.6.5 自動車ニュース ケータハムがニューモデル「スーパーセブン1600」を発売。1.6リッターモデルの「270S」をベースに内外装をクラシックに仕立てたモデルで、クラムシェルフェンダーや8スポークのアルミホイール、ウッドのステアリングホイールなどを装備している。
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
  • 第176回:フェラーリ車両保険物語 2020.5.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第176回は「フェラーリ車両保険物語」。スーパーカー購入の最大の壁は、高額かつ審査の厳しい自動車保険。最低限の補償内容からフルサポートへと大出世を遂げた筆者の、血と涙の節約エピソードを紹介。
  • 第175回:不要不急の妄想 2020.5.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第175回は「不要不急の妄想」。新型車「トヨタ・ヤリスクロス」のデザインに衝撃を受けた筆者。格段にカッコよく見えるのはなぜ? ベースとなる「ヤリス」との比較を交えながら、その違いを分析する。
ホームへ戻る