「トヨタ・ハリアー」マイナーチェンジ 2リッターターボ搭載車も設定

2017.06.08 自動車ニュース
「トヨタ・ハリアー“Metal and Leather Package”」
「トヨタ・ハリアー“Metal and Leather Package”」拡大

トヨタ自動車は2017年6月8日、マイナーチェンジした「トヨタ・ハリアー」を発表。同日、販売を開始した。

エクステリアは、フロントバンパーやリアコンビランプなどのデザインが変更された。
エクステリアは、フロントバンパーやリアコンビランプなどのデザインが変更された。拡大
2リッター直4直噴ターボエンジン(写真)は、低回転域から豊かなトルク特性と、優れた燃費性能がセリングポイント。
2リッター直4直噴ターボエンジン(写真)は、低回転域から豊かなトルク特性と、優れた燃費性能がセリングポイント。拡大
「プログレス」グレードのインテリア。写真は、インテリアカラーがダークサドルタンのもの。
「プログレス」グレードのインテリア。写真は、インテリアカラーがダークサドルタンのもの。拡大

ターボエンジン搭載車を追加

2013年11月に国内専用車として登場した3代目ハリアーに、モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された。

最大のトピックは、スポーティーな性格の2リッター直4直噴ターボエンジン搭載車(最高出力231ps/5200-5600rpm、最大トルク350Nm/1650-4000rpm)がラインナップされたこと。従来の2リッター直4自然吸気モデルと、2.5リッター直4エンジンをベースとするハイブリッドモデルとあわせて、選べるパワートレインは3種類になった。

この2リッターのターボ車には、走行時の微振動を減衰・吸収するパフォーマンスダンパーが装着され、優れた直進安定性や操縦安定性を実現したとうたわれる。トランスミッションは、自然吸気エンジン車(CVTを搭載)とは異なる6段ATで、駆動方式はFFまたは4WD。マニュアル感覚のシフトが可能なシーケンシャルシフトマチックと相まって、スポーティーな走りが楽しめるという。JC08モードの燃費値はFF車が13.0km/リッター、4WD車は12.8km/リッターとなっている。

安全装備と運転支援システムの充実も図られている。全車、プリクラッシュセーフティーシステムやレーンディパーチャーアラート、レーダークルーズコントロールなどがセットになった運転支援システム「Toyota Safety Sense P」を標準装備。LED式のコーナリングランプや、シフトレバーの操作と連動して自動的に作動・解除を行う電動パーキングブレーキも全車に与えられる。

“Metal and Leather Package”のシートは、プレミアムナッパ本革(写真)で仕立てられる。
“Metal and Leather Package”のシートは、プレミアムナッパ本革(写真)で仕立てられる。拡大
アルミヘアライン加飾のパネル。“Metal and Leather Package”の特別装備に含まれる。
アルミヘアライン加飾のパネル。“Metal and Leather Package”の特別装備に含まれる。拡大
 
「トヨタ・ハリアー」マイナーチェンジ 2リッターターボ搭載車も設定の画像拡大

さらなる高級感と先進性を演出

エクステリアデザインについては、主にフロントまわりの意匠を変更。アッパーグリルを従来モデルより薄くする一方、ロワグリルはワイド化された。右左折の際に16灯のLEDランプが内側から外側へ流れるように光る「シーケンシャルターンランプ」も、一部エントリーグレードを除き装備される。リアまわりでは、これまでクリアタイプだったコンビネーションランプが、視認性の高い赤色のものへと変更された。

インテリアは、「T-Connect SDナビゲーションシステム」のディスプレイが8インチから9.2インチへと拡大されたのがポイント。プレミアムナッパ本革のシート(快適温熱シート+ベンチレーション機能付き)やアルミヘアライン加飾を施したシフトレバー周辺部のパネル、ピアノブラックのドアスイッチベースがセットになった“Metal and Leather Package”も用意され、さらなる高級感と先進性が演出されている。

ハリアーの価格は、パワートレイン別に以下の通り。

  • 2リッター直4:294万9480円(FF/CVT)~432万4320円(4WD/CVT)
  • 2リッター直4ターボ:338万0400円(FF/6AT)~457万4880円(4WD/6AT)
  • ハイブリッド:377万4600円(4WD/CVT)~495万3960円(4WD/CVT)

ボディーカラーは、新色の「ダークレッドマイカメタリック」「ダークブルーマイカメタリック」を含む全6色がラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
ハリアートヨタ 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る