「アストンマーティン・ヴァンテージAMR」生産開始

2017.06.15 自動車ニュース
「アストンマーティンV12ヴァンテージAMR」(写真左)と「同V8ヴァンテージAMR」(右)
「アストンマーティンV12ヴァンテージAMR」(写真左)と「同V8ヴァンテージAMR」(右)拡大

英アストンマーティンは2017年6月13日、限定モデル「アストンマーティンV8ヴァンテージAMR/V12ヴァンテージAMR」の生産を開始したと発表した。

「V12ヴァンテージAMR」は、100台限定で生産される。
「V12ヴァンテージAMR」は、100台限定で生産される。拡大
パッケージオプション「Halo Pack」を選択した「V8ヴァンテージAMR」のリアビュー。
パッケージオプション「Halo Pack」を選択した「V8ヴァンテージAMR」のリアビュー。拡大
「V8ヴァンテージAMR」の「5スポーク19インチグロスブラックホイール」。タイヤは、ブリヂストンの「ポテンザRE050」が組み合わされる。
「V8ヴァンテージAMR」の「5スポーク19インチグロスブラックホイール」。タイヤは、ブリヂストンの「ポテンザRE050」が組み合わされる。拡大
「V12ヴァンテージAMR」のインテリア。写真は「Halo Pack」選択車のもの。
「V12ヴァンテージAMR」のインテリア。写真は「Halo Pack」選択車のもの。拡大
「アストンマーティンV12ヴァンテージAMR」
「アストンマーティンV12ヴァンテージAMR」拡大
ユニオンジャック・エナメル加工の「AMLウイングエンブレム」。「Halo Pack」選択車は無償で装着可能。
ユニオンジャック・エナメル加工の「AMLウイングエンブレム」。「Halo Pack」選択車は無償で装着可能。拡大

高性能かつ超個性的なヴァンテージ

V8ヴァンテージAMRとV12ヴァンテージAMRは、それぞれ「アストンマーティンV8ヴァンテージ」および「同V12ヴァンテージ」をベースに開発されたスペシャルモデル。最高出力436ps/7300rpm、最大トルク490Nm/5000rpmの4.8リッターV8エンジンを搭載する前者は世界限定200台で、588ps/7000rpmと630Nm/5500rpmを発生する6リッターV12モデルの後者は同100台で販売される(エンジンのスペックは日本仕様車の値)。

トランスミッションは、シフトパドル付きのATのほか、V8モデルでは6段MTが、V12モデルでは7段MTが選択可能。走行性能については、V8モデルの0-100km/h加速タイムが4.8秒で最高速度が305km/h。V12モデルは3.7秒および330km/hと公表される。

両モデルとも、ボディーのタイプはクーペのほかにオープンの「ロードスター」が選べる。4種類の特徴的なボディーカラー(ストレータスホワイトにオレンジのアクセント/ウルトラマリンブラックにブルーのアクセント/ザフレブルーにレッドのアクセント/シンティラシルバーにグレーのアクセント)が用意されており、オプション「Halo Pack」として、2016年の世界耐久選手権でタイトルを獲得した「ヴァンテージGTE」を模したカラーリング(スターリンググリーンにライムグリーンのアクセント)も選べる。カーボン製のフロントグリルやサイドストレーキ、ヘッドランプインフィル、ドアミラーキャップなどのオプションも選択可能だ。

一方のインテリアは、クーペがレザーとアルカンターラの仕立てで、ロードスターはオールレザー仕様となる。インテリアのカラーはそれぞれのエクステリアカラーにあわせて異なっており、Halo Packでは、インテリアにもライムグリーンの縁取りが施される。またオプションとして、軽量なカーボンファイバー製シートも用意される。

このほか、走行性能を高めるAMRアクセサリーラインナップとして、カーボンファイバー製エアロダイナミクスパッケージ「AMRエアロキット」(クーペモデル専用)や、鍛造アルミニウムの「AMRヴァンテージホイール」、14kgの軽量化と刺激的なエキゾーストノートをもたらす「AMRチタニウムエキゾースト」なども用意される。

ヴァンテージAMRのスタート価格は、英国では9万7995ポンド(約1370万円)、ドイツの場合で12万6995ユーロ(約1550万円)。デリバリーの開始時期は、2017年の第4四半期が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
V8ヴァンテージ, V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本に導入 3リッター直6ターボの高性能モデル 2021.7.16 自動車ニュース BMWが「M440i xDriveグランクーペ」を日本で発売。同日発表された「4シリーズ グランクーペ」の高性能バージョンであり、最大トルク500N・m(51.0kgf・m)/1900-5000rpmを発生する3リッター直6ガソリンターボを搭載している。
  • ランドローバー・ディフェンダー90 S(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.2 試乗記 新型「ランドローバー・ディフェンダー」はカッコいいけど大きいな~……と悩んでいた人に朗報だ。待ちに待ったショートホイールベース仕様「90」の国内デリバリーがようやくスタート。ロングホイールベース仕様「110」との違いを確かめるべく、早速林道に分け入ってみた。
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
ホームへ戻る