巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場

2017.06.23 自動車ニュース
「レンジローバー イヴォーク アランチョ・ネロ」
「レンジローバー イヴォーク アランチョ・ネロ」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月23日、「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「イヴォークARANCIO NERO(アランチョ・ネロ)」を発表。同日、受注を開始した。

 
巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場の画像拡大
 
巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場の画像拡大
 
巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場の画像拡大

今回のレンジローバー イヴォーク アランチョ・ネロは、2017年3月にオフィシャルカー契約を締結した読売巨人軍とのコラボレーション企画第1弾として設定されたもの。読売巨人軍・高橋由伸監督の背番号にちなみ、24台限定で販売される。

ベースとなるのは、上級モデルの「レンジローバー イヴォークHSEダイナミック」。フェニックスオレンジのボディーカラーにブラックルーフを組み合わせた上で、オプション「ブラックデザインパック」も装着するなど、読売巨人軍のチームカラーを思わせるカラーリングとなっている。

さらに、アダプティブクルーズコントロール(ACC)やレーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)などのドライバー支援システム、フロントシートヒーター&クーラー、ハンズフリーパワーテールゲートなども備わる。

レンジローバー イヴォーク アランチョ・ネロの特別装備は、以下の通り。

  • フェニックスオレンジのボディーカラー
  • ブラックルーフ
  • ブラックデザインパック
  • 20インチスタイル508アロイホイール(5スプリットスポーク、サテンブラックフィニッシュ)
  • フロントフォグランプ(ダークフィニッシュ)
  • ヘッドランプ(ダークフィニッシュ)&リアテールランプ(クリアフィニッシュ)
  • ナルヴィクブラックのフロントサンプトリムフィニッシャー
  • ナルヴィクブラックのリアアッパーサンプバランス
  • ナルヴィクブラックのRANGE ROVERレタリング(ボンネットおよびテールゲート)
  • ナルヴィクブラックグリルサラウンド
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)キューアシスト機能
  • レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)および自動緊急ブレーキフロントシートヒーター&クーラーおよびリアシートヒーター
  • ハンズフリーパワーテールゲート

価格は777万円。

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー(FR/8AT)【試乗記】
    2019.5.15 試乗記 イタリア生まれのセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」にクリーンディーゼル搭載車が登場。その走りは、このブランドの歴史と伝統を思い起こさせるほど、スポーティーなテイストに満ちていた。
  • 第2回:ディスカバリー スポーツで知る認定中古車の魅力 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 上質なクルマをお値打ち価格で手に入れたいというわがままに答えてくれる、正規ディーラーの認定中古車。その実力を確かめるべく、「ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立」を訪問。「ディスカバリー スポーツ」の試乗を通して実際にクオリティーを確かめた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
ホームへ戻る