巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場

2017.06.23 自動車ニュース
「レンジローバー イヴォーク アランチョ・ネロ」
「レンジローバー イヴォーク アランチョ・ネロ」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月23日、「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「イヴォークARANCIO NERO(アランチョ・ネロ)」を発表。同日、受注を開始した。

 
巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場の画像拡大
 
巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場の画像拡大
 
巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場の画像拡大

今回のレンジローバー イヴォーク アランチョ・ネロは、2017年3月にオフィシャルカー契約を締結した読売巨人軍とのコラボレーション企画第1弾として設定されたもの。読売巨人軍・高橋由伸監督の背番号にちなみ、24台限定で販売される。

ベースとなるのは、上級モデルの「レンジローバー イヴォークHSEダイナミック」。フェニックスオレンジのボディーカラーにブラックルーフを組み合わせた上で、オプション「ブラックデザインパック」も装着するなど、読売巨人軍のチームカラーを思わせるカラーリングとなっている。

さらに、アダプティブクルーズコントロール(ACC)やレーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)などのドライバー支援システム、フロントシートヒーター&クーラー、ハンズフリーパワーテールゲートなども備わる。

レンジローバー イヴォーク アランチョ・ネロの特別装備は、以下の通り。

  • フェニックスオレンジのボディーカラー
  • ブラックルーフ
  • ブラックデザインパック
  • 20インチスタイル508アロイホイール(5スプリットスポーク、サテンブラックフィニッシュ)
  • フロントフォグランプ(ダークフィニッシュ)
  • ヘッドランプ(ダークフィニッシュ)&リアテールランプ(クリアフィニッシュ)
  • ナルヴィクブラックのフロントサンプトリムフィニッシャー
  • ナルヴィクブラックのリアアッパーサンプバランス
  • ナルヴィクブラックのRANGE ROVERレタリング(ボンネットおよびテールゲート)
  • ナルヴィクブラックグリルサラウンド
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)キューアシスト機能
  • レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)および自動緊急ブレーキフロントシートヒーター&クーラーおよびリアシートヒーター
  • ハンズフリーパワーテールゲート

価格は777万円。

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
ホームへ戻る