クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ランドローバー・レンジローバー イヴォークS D200(4WD/9AT)

歴史が支える都会派SUV 2021.10.29 試乗記 ランドローバーのプレミアムライン「レンジローバー」シリーズで、最もコンパクトなモデルが「レンジローバー イヴォーク」。マイルドハイブリッド機構を組み合わせ進化した2リッター直4ディーゼルターボ車の走りを、ワインディングロードで確かめた。

いま見ても新鮮なフォルム

2012年にデビューしたレンジローバー イヴォークは鮮烈だった。2008年のデトロイトモーターショーに出品されたコンセプトモデル「LRX」が、ほぼそのままの形で市販されたことに驚いたのである。ランドローバーはオフロード車の老舗であり、どちらかというと保守的なイメージがあった。だからこそ、クーペを思わせる大胆なデザインを採用したことは衝撃的だったのだ。しかも最初に発表されたのは3ドアモデルのみ。発売時には5ドアも追加されたが、クーペとSUVを融合させるというコンセプトの完成度は高かった。

ランドローバーには当時「フリーランダー」というコンパクトSUVがあり、イヴォーク開発のベースとなった。サイズ的にはほぼ同じだったが、見た目も成り立ちもまったく異なる。フリーランダーはカジュアルなコンパクトオフローダーで、道具感が強かった。イヴォークはレンジローバーファミリーの一員で、プレミアムSUVという色合いが強い。長男の「レンジローバー」が2002年に3代目となって大幅にオンロード性能を強化しており、末っ子のイヴォークも同じ方向性で開発された。

イヴォークは2019年にフルモデルチェンジを受けて2代目になり、2020年に仕様変更。パワーユニットは2種類の2リッター直4ガソリンターボエンジン「P200」と「P250」、そして2リッター直4ディーゼルターボエンジン「D200」の3種類に。それぞれ装備の異なるグレードが用意されていて、今回試乗したのは、ディーゼルモデルの「イヴォークS D200」である。

サイドから見た姿は、いま見ても新鮮だ。ルーフが後端に向かって下降していく一方でショルダーラインは上昇していくから、ガラスエリアはどんどん狭くなっていく。後席のスペースが確保されているか心配になるほどだが、これは視覚を欺く巧みなデザイン。実際に座ってみると十分以上の居住空間がある。

ランドローバーのコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」。今回試乗した2021年モデルの「S D200」は、2リッターディーゼルターボにマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワーユニットを搭載している。
ランドローバーのコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」。今回試乗した2021年モデルの「S D200」は、2リッターディーゼルターボにマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワーユニットを搭載している。拡大
フロントウィンドウ下部に、モデル名やクラス、ボディータイプ、トランスミッションおよびハンドル位置、搭載エンジン、製造年、製造工場、シリアルナンバーなどが入ったプレートが備わる。
フロントウィンドウ下部に、モデル名やクラス、ボディータイプ、トランスミッションおよびハンドル位置、搭載エンジン、製造年、製造工場、シリアルナンバーなどが入ったプレートが備わる。拡大
最高出力204PS、最大トルク430N・mを発生する「D200」の2リッター直4ディーゼルターボエンジン。減速時の運動エネルギーをバッテリーに充電し活用する、スマートリジェネレーティブチャージングシステムを組み合わせている。
最高出力204PS、最大トルク430N・mを発生する「D200」の2リッター直4ディーゼルターボエンジン。減速時の運動エネルギーをバッテリーに充電し活用する、スマートリジェネレーティブチャージングシステムを組み合わせている。拡大
車体後部にいくにしたがってガラスエリアが狭くなるエクステリアデザインが「イヴォーク」の特徴。このスタイルは、2008年のデトロイトモーターショーで発表されたコンセプトカー「LRX」のフォルムを受け継いでいいる。
車体後部にいくにしたがってガラスエリアが狭くなるエクステリアデザインが「イヴォーク」の特徴。このスタイルは、2008年のデトロイトモーターショーで発表されたコンセプトカー「LRX」のフォルムを受け継いでいいる。拡大

妥協のないインテリア

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4380×1905×1650mm。全長は「トヨタC-HR」や「ホンダ・ヴェゼル」とあまり変わらないが、全幅は100mm以上広い。コンパクトSUVというジャンルでありながらも、ディメンションが違うことで強いオリジナリティーを感じさせる。ワイドなフォルムはデザイン上のアドバンテージになるとともに、走行性能にも好影響を与えているはずだ。

インテリアはまったく妥協がない。小さなサイズであっても、レンジローバーファミリーに課せられた高い水準をしっかりとクリアしている。上質な素材を組み合わせて気品のある空間に仕立てており、レンジローバーや「レンジローバー スポーツ」に見劣りしないクオリティーだ。試乗車はシート生地が明るめのグレーで、ブルーのストライプが入っていた。重厚さより若々しさを前面に出した演出が、イヴォークには似つかわしい。

2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力がマイナーチェンジ前の180PSからアップして204PSに。最大トルクは430N・mで変わっていない。ランドローバーには3リッター直6ディーゼルターボエンジンもあり、数値はわかりやすくほぼ3分の2だ。すっかりトレンドとなったマイルドハイブリッドシステムが採用されている。ただ、アイドリングストップから復帰する時、大きめのショックがあったのが気になった。スタータージェネレーターがうまく働けばスムーズな始動が可能なはずなのだが。

1750rpmから最大トルクが立ち上がるため、発進は力強い。9段ATが効率よく変速してなめらかに加速する。車幅が広いので路地では注意が必要だが、高い視点から見下ろしているので街なかでもさほど苦労はしない。日本の道路事情にマッチしたサイズ感である。

ランドローバーで最もコンパクトなボディーサイズとなる「レンジローバー イヴォーク」。全長は「トヨタC-HR」や「ホンダ・ヴェゼル」「マツダCX-30」などと同等の4380mmだが、全幅はそれらよりも110mm以上ワイドな1905mmとなっている。
ランドローバーで最もコンパクトなボディーサイズとなる「レンジローバー イヴォーク」。全長は「トヨタC-HR」や「ホンダ・ヴェゼル」「マツダCX-30」などと同等の4380mmだが、全幅はそれらよりも110mm以上ワイドな1905mmとなっている。拡大
タッチ式スクリーンをセンターコンソールの上下に組み込み、スッキリとさせたインストゥルメントパネルまわりが特徴的な「イヴォーク」の2021年モデル。今回試乗した「S D200」グレードは、最新のオンラインインフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準装備している。
タッチ式スクリーンをセンターコンソールの上下に組み込み、スッキリとさせたインストゥルメントパネルまわりが特徴的な「イヴォーク」の2021年モデル。今回試乗した「S D200」グレードは、最新のオンラインインフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準装備している。拡大
「イヴォークS D200」の前席。試乗車のシートカラーは「クラウド」と呼ばれる明るいグレー系で、表皮に天然由来のテンセル素材を用いた「ユーカリテキスタイル&ウルトラファブリックシート」が選択されていた。
「イヴォークS D200」の前席。試乗車のシートカラーは「クラウド」と呼ばれる明るいグレー系で、表皮に天然由来のテンセル素材を用いた「ユーカリテキスタイル&ウルトラファブリックシート」が選択されていた。拡大
試乗車の後席にはヒーター機能が備わる。これはヒーター&運転席メモリー機能付き14ウェイフロントシートとセットとなるオプションアイテム。背もたれには、40:20:40の分割可倒機構が組み込まれている。
試乗車の後席にはヒーター機能が備わる。これはヒーター&運転席メモリー機能付き14ウェイフロントシートとセットとなるオプションアイテム。背もたれには、40:20:40の分割可倒機構が組み込まれている。拡大

予防安全装備を強化

レンジローバーやレンジローバー スポーツは、スポーティーでありながら良好な乗り心地が魅力である。イヴォークも、サスペンションが路面をしなやかに受け止めるところは同じだ。しかし、悠揚迫らぬゆったりとした乗り味を持っているとまでは言えない。やはり小さなボディーなりの、せわしない動きを感じてしまう。路面から強い入力があった際に、収まりの悪さがあったことは否定しがたい。とはいえこのクラスのなかでは満足できるレベルであり、とてつもなく優秀な兄貴分と比較してしまうのが酷なのだ。

小体なボディーを生かすなら、やはり山道だろう。アジリティーではアドバンテージがありそうだ。豊かなトルクを生かして俊敏にスポーツ走行ができるのではないかと期待したのだが、思ったよりも加速は活発ではなかった。車重は2tに迫るのだから、目の覚めるような速さを望むのはさすがに無理である。4000rpmほどでシフトアップしなければならないので、シフトパドルを使ってもさしたる効果はない。ワインディングロードを楽しみたいなら、ガソリンエンジンモデルを選ぶべきなのだろう。

ディーゼルエンジンのイヴォークが得意なのは、息の長い加速である。緩やかな上りの直線では、実力を遺憾なく発揮した。高速道路の巡航では静粛性も高い。ステアリングホイールに設けられたアダプティブクルーズコントロール(ACC)のスイッチが使いやすいのは、隠れた美点である。同じような仕立てでも、使いづらいケースが結構あるのだ。

マイナーチェンジでは、予防安全装備の強化も行われている。ACCに加え、「ブラインドスポットアシスト」「クリアイグジットモニター」「リアコリジョンモニター」「リアトラフィックモニター」などが標準装備となった。インフォテインメントシステムは、最新式の「Pivi」が採用されている。試乗車は「S」グレードなので、上級の「Pivi Pro」が装備されていた。10インチのタッチスクリーンで多くの機能を操作し、Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応している。

今回試乗した車両の外装色は、2021年モデルで初設定された「ランタオブロンズ」と呼ばれるオプションカラー。これを含め「イヴォーク」には全11色のボディーカラーが用意されている。
今回試乗した車両の外装色は、2021年モデルで初設定された「ランタオブロンズ」と呼ばれるオプションカラー。これを含め「イヴォーク」には全11色のボディーカラーが用意されている。拡大
「イヴォークS D200」のトランスミッションは従来と同じ9段AT。ATセレクターは、エンジンが始動すると自動でせり上がるダイヤル式に代わり、2代目モデルから一般的なガングリップ式に変更されている。
「イヴォークS D200」のトランスミッションは従来と同じ9段AT。ATセレクターは、エンジンが始動すると自動でせり上がるダイヤル式に代わり、2代目モデルから一般的なガングリップ式に変更されている。拡大
ステアリングホイールの右スポーク部分に設けられたアダプティブクルーズコントロールとステアリングヒーター(オプション)のスイッチ。直感的に使いやすいデザインとレイアウトになっている。
ステアリングホイールの右スポーク部分に設けられたアダプティブクルーズコントロールとステアリングヒーター(オプション)のスイッチ。直感的に使いやすいデザインとレイアウトになっている。拡大
今回の試乗車では、オプションの「20インチ“スタイル5076”5スプリットスポークホイール」に235/50R20サイズの「ピレリ・スコーピオンゼロ オールシーズンPNCS」タイヤが組み合わされていた。PNCSは、騒音吸収スポンジをタイヤのインナーライナーに組み込み空洞共鳴音を抑制する技術で、数デシベルぶんの騒音を抑制するという。
今回の試乗車では、オプションの「20インチ“スタイル5076”5スプリットスポークホイール」に235/50R20サイズの「ピレリ・スコーピオンゼロ オールシーズンPNCS」タイヤが組み合わされていた。PNCSは、騒音吸収スポンジをタイヤのインナーライナーに組み込み空洞共鳴音を抑制する技術で、数デシベルぶんの騒音を抑制するという。拡大

デザインだけじゃない

走行モードを切り替える「テレインレスポンス2」もタッチパネル操作である。以前は物理スイッチで切り替えていたが、今ではこれが標準となった。運転しながら操作するのは難しいわけで、あまり頻繁に使うことはないという判断なのだろう。普段は「オート」モードを選んでおけば困ることはない。雪道や泥、砂地などの設定もあり、オフロード性能は高い水準を保っているはずだ。実際にはオンロードでの使用が多いだろうが、いざという時のための備えは万全である。

ランドローバーには「ディフェンダー」というガチの本格オフローダーもあるのだから、イヴォークを選ぶユーザーはデザイン性を重視している場合が多いだろう。ラゲッジルームのアレンジに工夫が凝らされていたりして、使い勝手にも十分な配慮がなされている。国産コンパクトSUVと比べても、実用性は引けを取らないレベルだ。

メーカーとしては若い世代に乗ってほしいだろうが、価格を考えると若者が手を出すのは簡単ではない。むしろ、ずっとレンジローバーに乗っていたが大きなボディーをもてあますようになったユーザーに喜ばれるのではないかと思う。近場で買い物に出かけるにも不自由はしないし、プレミアムサルーンに乗るより気がきいている。圧倒的ないいもの感があるから、ダウンサイジングしてもプライドを損なうことにはならない。

イヴォークは、スタイリッシュな都会派コンパクトSUVである。それは、カッコだけのクルマであることを意味しない。見た目はトレンドに乗った、アーバンなオシャレ系のクルマだが、中身は本物である。自然に漏れ出てしまうオーラは、高次元のオフロード性能がもたらすものだ。ランドローバーは、1948年に最初のモデルを発売して以来、四輪駆動車の分野で輝かしい足跡を残してきた。栄光の歴史を背景にしていることが、ライフスタイル商品としてのイヴォークに重みを与えているのだ。

(文=鈴木真人/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

ワインディングロードを行く「イヴォークS D200」。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがマルチリンク式。路面の状況を検知してエンジンやトランスミッション、サスペンションなどを自動で最適に制御する「テレインレスポンス2」が標準装備されている。
ワインディングロードを行く「イヴォークS D200」。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがマルチリンク式。路面の状況を検知してエンジンやトランスミッション、サスペンションなどを自動で最適に制御する「テレインレスポンス2」が標準装備されている。拡大
センターコンソール下段のスクリーンとダイヤル式のコントローラーを用いて空調や走行モードなどが選択できる。走行モードは「オンロード」「草/砂利/雪」「泥/わだち」「砂地」「オート」の5つが用意されている。
センターコンソール下段のスクリーンとダイヤル式のコントローラーを用いて空調や走行モードなどが選択できる。走行モードは「オンロード」「草/砂利/雪」「泥/わだち」「砂地」「オート」の5つが用意されている。拡大
荷室容量はウエット計測方式で591リッター。2列目シートを折りたためば、最大で1383リッターに拡大できる。積載物の固定に役立つ写真の「ロードスペースレール」と「ロードスペースリテンションキット」はオプションとなるアイテム。
荷室容量はウエット計測方式で591リッター。2列目シートを折りたためば、最大で1383リッターに拡大できる。積載物の固定に役立つ写真の「ロードスペースレール」と「ロードスペースリテンションキット」はオプションとなるアイテム。拡大
都会派といえるスタイリッシュなエクステリアデザインが「イヴォーク」の特徴。その一方で、最低地上高212mm、アプローチアングル22.2度、ブレイクオーバーアングル20.7度、デパーチャーアングル30.6度と、オフロード専業ブランドにふさわしい数値も確保されている。
都会派といえるスタイリッシュなエクステリアデザインが「イヴォーク」の特徴。その一方で、最低地上高212mm、アプローチアングル22.2度、ブレイクオーバーアングル20.7度、デパーチャーアングル30.6度と、オフロード専業ブランドにふさわしい数値も確保されている。拡大

テスト車のデータ

ランドローバー・レンジローバー イヴォークS D200

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4380×1905×1650mm
ホイールベース:2680mm
車重:1920kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:9段AT
最高出力:204PS(150kW)/3750rpm
最大トルク:430N・m(43.8kgf・m)/1750-2500rpm
タイヤ:(前)235/50R20 104W M+S/(後)235/50R20 104W M+S(ピレリ・スコーピオンゼロ オールシーズンPNCS)
燃費:12.3km/リッター
価格:636万円/テスト車=903万円
オプション装備:ボディーカラー<ランタオブロンズ>(8万7000円)/コンビニエンスパック(17万5000円)/2ゾーンクライメートコントロール+リアコントロール(9万9000円)/室内空気浄化システム<ナノイー、PM2.5フィルター、CO2コントロール機能付き>(6万8000円)/Meridianサウンドシステム(15万2000円)/ツインカップホルダー<カバー付き>(1万2000円)/20インチ“スタイル5076”5スプリットスポークホイール<グロスミッドシルバー コントラストダイヤモンドターンフィニッシュ>(21万7000円)/固定式パノラミックルーフ(25万5000円)/プライバシーガラス(6万6000円)/トレッドプレート<クローム、RANGE ROVERスクリプト付き>(6万4000円)/フロントフォグランプ(3万1000円)/マトリクスLEDヘッドライト<シグネチャーDRL付き>(29万8000円)/ヘッドライトパワーウオッシュ(3万8000円)/プレミアムインテリアライト(4万5000円)/シーケンシャルウインカー(9000円)/アクティビティーキー(6万3000円)/コールドクライメートコンビニエンスパック(9万5000円)/テクノロジーパック(37万2000円)/コントラストルーフ<ブラック>(8万7000円)/ダイナミックハンドリングパック(23万7000円)/14ウェイフロントシート<ヒーター+運転席メモリー機能付き>+リアシート<ヒーター付き>(24万円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:966km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:389.5km
使用燃料:46.0リッター(軽油)
参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/8.6km/リッター(車載燃費計計測値)

ランドローバー・レンジローバー イヴォークS D200
ランドローバー・レンジローバー イヴォークS D200拡大
 
ランドローバー・レンジローバー イヴォークS D200(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。