日産、EVの新型「リーフ」を9月6日に初公開

2017.06.30 自動車ニュース
新型「日産リーフ」
新型「日産リーフ」拡大

日産自動車は2017年6月30日、電気自動車(EV)の新型「リーフ」を同年9月6日に初公開すると発表した。

 
日産、EVの新型「リーフ」を9月6日に初公開の画像拡大

日産リーフはEV専用設計の車体構造を持つ量産・量販EVとして2009年8月に世界初公開され、2010年12月に発売された。

今回の新型は2代目のモデルにあたり、すでに2017年06月23日より先行して情報を配信するティザーキャンペーンがスタート。メーターまわりのデザインや、日産の運転支援システム「プロパイロット」が搭載されることなどが公表されていた。

今回の発表では、お披露目のスケジュールに加え、フロントグリルの一部の画像も公開されている。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
  • スペック的にはお買い得なのに? 「日産リーフ」が苦境を迎えている理由 2021.2.24 デイリーコラム 日本を代表する電気自動車である「日産リーフ」の販売台数がここにきて急落している。航続可能距離322kmで332万円からというスペックは、最新のライバル車と比較しても決してヒケをとらないのだが……。苦戦の理由を清水草一が考えた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 電気自動車はなぜ安くならないのか? 2021.2.17 デイリーコラム 電気自動車(EV)が高価な理由は、高価なリチウムイオンバッテリーを大量に搭載しているからだ。しかし、初代「日産リーフ」のデビューからはや10年以上。当時よりも技術革新が進んでいるはずなのに、いまだEVが高価にならざるを得ないのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る