ポルシェ、700psの「911 GT2 RS」を発表

2017.07.03 自動車ニュース
「ポルシェ911 GT2 RS」
「ポルシェ911 GT2 RS」拡大

独ポルシェはイギリスで開催されたモータースポーツイベント、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2017(開催期間:2017年6月30日~7月2日)で「911」の高性能モデル「911 GT2 RS」を発表した。

巨大なリアウイングが特徴的なリアビュー。
巨大なリアウイングが特徴的なリアビュー。拡大
専用のチタンエキゾーストシステムが装着される。
専用のチタンエキゾーストシステムが装着される。拡大
室内はレッドアルカンターラ、ブラックレザー、およびカーボン模様仕上げのインテリアパーツで占められている。
室内はレッドアルカンターラ、ブラックレザー、およびカーボン模様仕上げのインテリアパーツで占められている。拡大
軽量化オプション「ヴァイザッハパッケージ」を選択すれば、さらに30kgのダイエットが可能。
軽量化オプション「ヴァイザッハパッケージ」を選択すれば、さらに30kgのダイエットが可能。拡大
車両のリリースと同時に、そのオーナーに向けた腕時計「ポルシェデザイン911 GT2 RSクロノグラフ」も発表された。
車両のリリースと同時に、そのオーナーに向けた腕時計「ポルシェデザイン911 GT2 RSクロノグラフ」も発表された。拡大

後輪駆動で700ps

「最も速く最もパワフルな公道走行可能な911」とうたわれる新型「911 GT2 RS」には、700psと750Nmを生み出す3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンが搭載されている。ベースは580psを発生する「911ターボS」の3.8リッターユニットで、性能向上のためにターボチャージャーが大型化され、加えてインタークーラーに水を噴射する機能が新たに追加されるなど、エンジン冷却システムも強化されている。

これに911 GT2 RS向けにカスタマイズされたGT 7段ダブルクラッチトランスミッション(PDK)が組み合わされる。また、911ターボ用より約7kg軽量な専用のチタンエキゾーストシステムが装着され「これまでにない、感情に訴えるサウンド」を響かせるという。

シャシーでは後輪操舵システムが備わるほか、ポルシェ・スタビリティー・マネージメントシステム(PSM)が911 GT2 RS専用の設定とされる。ブレーキはポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)が標準で、タイヤサイズはフロントが265/35ZR20でリアが325/30ZR21。従来型の911 GT2 RSと同様に後輪駆動のレイアウトを採り、0-100km/h加速は2.8秒でこなす。最高速は340km/h。

軽量化も911 GT2 RSにおける大きなテーマだ。フロントフェンダーやホイールハウジングベント、ドアミラーのアウターシェル、リアサイドセクションのエアインテークなどは炭素繊維強化プラスチック(CFRP)で、標準仕様のルーフはマグネシウムとされる。その結果、車重は1470kg(燃料満タン状態)に抑えられている。

オプションの「ヴァイザッハパッケージ」を選択すれば、さらなる軽量化も可能だ。ルーフ、スタビライザー、前後アクスルのカップリングロッドがCFRPとされるほか、チタンパーツが組み込まれたり、マグネシウムホイールが装着されたりと、追加で約30kg軽量化される。

(webCG)

→「ポルシェ911 GT2 RS」の詳しい画像はこちら

関連キーワード:
911, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ911 GT3 2021.2.16 画像・写真 独ポルシェは2021年2月16日(現地時間)、新型「911 GT3」を発表した。最高出力510PSの自然吸気フラット6ユニットを搭載し、ニュルブルクリンクの北コースを先代モデルよりも17秒以上速い6分59秒927で走破したというモンスター911の姿を写真で詳しく紹介する。
  • 新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上 2021.2.16 自動車ニュース 独ポルシェは2021年2月16日(現地時間)、新型「911 GT3」を発表した。最高出力510PSの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、フロントアクスルには911の市販モデルとしては初となるダブルウイッシュボーン式サスペンションを採用している。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
ホームへ戻る