ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ

2017.07.06 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシアR.S.」
「ルノー・ルーテシアR.S.」拡大

ルノー・ジャポンは2017年7月6日、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

フルLED可されたヘッドランプと、それを取り囲むように設置されるCシェイプLED。
フルLED可されたヘッドランプと、それを取り囲むように設置されるCシェイプLED。拡大
ヘッドランプの下に備わる「R.S.ビジョン」。ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する。
ヘッドランプの下に備わる「R.S.ビジョン」。ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する。拡大
「シャシーカップ」と「トロフィー」のインテリア。
「シャシーカップ」と「トロフィー」のインテリア。拡大

今回のマイナーチェンジでは、主に外装のブラッシュアップが行われ、よりアグレッシブさを増したデザインとされた。また、従来の「シャシースポール」と「トロフィー」に加え、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された

最も大きな変更を受けたのはフロントフェイスで、ヘッドランプがフルLED化され、ルノーを象徴するCシェイプLEDも搭載された。さらにチェッカードフラッグ模様をモチーフにデザインされ、ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する「R.S.ビジョン」と、新デザインのフロントバンパーが採用された。

シートについても改良が加えられ、表皮がより滑りにくいデザインへと変更された。また、ヘッドレストにはR.S.のロゴが赤く刺しゅうされる。

新グレードのシャシーカップについては、最高出力200ps、最大トルク240Nmはシャシースポールと同等。シャシーは、比較的コンフォートなシャシースポールと、最もハードなトロフィーの中間となるようセッティングされる。また、18インチアロイホイール(R.S.ロゴ入り、ノワール)やオートエアコン、7インチタッチスクリーンなど、一部装備にトロフィーと同等のものが与えられる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ルーテシアR.S.シャシースポール:284万円
  • ルーテシアR.S.シャシーカップ:309万円
  • ルーテシアR.S.トロフィー:329万円

(webCG)

 

関連キーワード:
ルーテシアR.S.ルノー 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
ホームへ戻る