ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ

2017.07.06 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシアR.S.」
「ルノー・ルーテシアR.S.」拡大

ルノー・ジャポンは2017年7月6日、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

フルLED可されたヘッドランプと、それを取り囲むように設置されるCシェイプLED。
フルLED可されたヘッドランプと、それを取り囲むように設置されるCシェイプLED。拡大
ヘッドランプの下に備わる「R.S.ビジョン」。ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する。
ヘッドランプの下に備わる「R.S.ビジョン」。ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する。拡大
「シャシーカップ」と「トロフィー」のインテリア。
「シャシーカップ」と「トロフィー」のインテリア。拡大

今回のマイナーチェンジでは、主に外装のブラッシュアップが行われ、よりアグレッシブさを増したデザインとされた。また、従来の「シャシースポール」と「トロフィー」に加え、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された

最も大きな変更を受けたのはフロントフェイスで、ヘッドランプがフルLED化され、ルノーを象徴するCシェイプLEDも搭載された。さらにチェッカードフラッグ模様をモチーフにデザインされ、ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する「R.S.ビジョン」と、新デザインのフロントバンパーが採用された。

シートについても改良が加えられ、表皮がより滑りにくいデザインへと変更された。また、ヘッドレストにはR.S.のロゴが赤く刺しゅうされる。

新グレードのシャシーカップについては、最高出力200ps、最大トルク240Nmはシャシースポールと同等。シャシーは、比較的コンフォートなシャシースポールと、最もハードなトロフィーの中間となるようセッティングされる。また、18インチアロイホイール(R.S.ロゴ入り、ノワール)やオートエアコン、7インチタッチスクリーンなど、一部装備にトロフィーと同等のものが与えられる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ルーテシアR.S.シャシースポール:284万円
  • ルーテシアR.S.シャシーカップ:309万円
  • ルーテシアR.S.トロフィー:329万円

(webCG)

 

関連キーワード:
ルーテシアR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシアR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る