ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ

2017.07.06 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシアR.S.」
「ルノー・ルーテシアR.S.」拡大

ルノー・ジャポンは2017年7月6日、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

フルLED可されたヘッドランプと、それを取り囲むように設置されるCシェイプLED。
フルLED可されたヘッドランプと、それを取り囲むように設置されるCシェイプLED。拡大
ヘッドランプの下に備わる「R.S.ビジョン」。ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する。
ヘッドランプの下に備わる「R.S.ビジョン」。ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する。拡大
「シャシーカップ」と「トロフィー」のインテリア。
「シャシーカップ」と「トロフィー」のインテリア。拡大

今回のマイナーチェンジでは、主に外装のブラッシュアップが行われ、よりアグレッシブさを増したデザインとされた。また、従来の「シャシースポール」と「トロフィー」に加え、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された

最も大きな変更を受けたのはフロントフェイスで、ヘッドランプがフルLED化され、ルノーを象徴するCシェイプLEDも搭載された。さらにチェッカードフラッグ模様をモチーフにデザインされ、ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能する「R.S.ビジョン」と、新デザインのフロントバンパーが採用された。

シートについても改良が加えられ、表皮がより滑りにくいデザインへと変更された。また、ヘッドレストにはR.S.のロゴが赤く刺しゅうされる。

新グレードのシャシーカップについては、最高出力200ps、最大トルク240Nmはシャシースポールと同等。シャシーは、比較的コンフォートなシャシースポールと、最もハードなトロフィーの中間となるようセッティングされる。また、18インチアロイホイール(R.S.ロゴ入り、ノワール)やオートエアコン、7インチタッチスクリーンなど、一部装備にトロフィーと同等のものが与えられる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ルーテシアR.S.シャシースポール:284万円
  • ルーテシアR.S.シャシーカップ:309万円
  • ルーテシアR.S.トロフィー:329万円

(webCG)

 

関連キーワード:
ルーテシアR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • ルーテシア ルノー・スポール トロフィー アクラポヴィッチ 2019.1.11 サーキットで試すルーテシアR.S.の真価<PR> ルノーの高性能ハッチバック「ルーテシア ルノー・スポール(R.S.)」に、台数100台の限定モデル「R.S.トロフィー アクラポヴィッチ」が登場。定評のある走行性能に刺激的なエキゾーストサウンドをプラスした特別なR.S.の走りを、雨のサーキットで確かめた。
  • メガーヌ ルノー・スポール 2019.1.17 実力検証! 新型メガーヌR.S.<PR> “最速のFF車”を目指して開発された、ルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノー・スポール」。その走りを、第一線で活躍するレーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? ワインディングロードにおける印象を報告する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
ホームへ戻る