日産が「フェアレディZ」を一部改良

2017.07.07 自動車ニュース
「日産フェアレディZバージョンST」
「日産フェアレディZバージョンST」拡大

日産自動車は2017年7月6日、「フェアレディZ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大

今回の一部改良では、ヘッドランプとリアコンビランプの輪郭をブラックハウジングで強調し、アウトサイドドアハンドルやリアバンパーの下部をブラックとするなど、エクステリアデザインの一部を変更。さらに、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を設定したほか、「バージョンS」と「バージョンST」にはブラック塗装と切削光輝加工を施した19インチ鍛造アルミホイールを採用した。

走りに関する部分では、新型の高効率クラッチを採用することで、クラッチペダルを軽くするとともに、半クラッチコントロールの操作性を向上させた。

このほかにも、車内からバックドアを開けられる「バックドアアウトサイドオープナースイッチ」を装備したほか、中間膜に遮音層を挟んで遮音性を向上させたフロントガラスを採用することで車内の静粛性を向上。高性能モデルの「NISMO」については、転がり抵抗を20%低減した新タイヤを装着することで、ロードノイズの1dbの低減(50km/h時)と燃費の改善を実現しているという。

価格は390万7440円から640万1160円。

(webCG)

関連キーワード:
フェアレディZ, 日産, フェアレディZロードスター, 自動車ニュース

日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)【試乗記】 2007.12.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)
    ……569万1000円

    レーシングエンジンと同様のパーツを組み込んだ、専用の3.8リッターユニットを搭載するクルマが「フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS」。レーシングエンジンと聞くと気むずかしい印象があるが……。
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
ホームへ戻る