日産が「フェアレディZ」を一部改良

2017.07.07 自動車ニュース
「日産フェアレディZバージョンST」
「日産フェアレディZバージョンST」拡大

日産自動車は2017年7月6日、「フェアレディZ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大

今回の一部改良では、ヘッドランプとリアコンビランプの輪郭をブラックハウジングで強調し、アウトサイドドアハンドルやリアバンパーの下部をブラックとするなど、エクステリアデザインの一部を変更。さらに、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を設定したほか、「バージョンS」と「バージョンST」にはブラック塗装と切削光輝加工を施した19インチ鍛造アルミホイールを採用した。

走りに関する部分では、新型の高効率クラッチを採用することで、クラッチペダルを軽くするとともに、半クラッチコントロールの操作性を向上させた。

このほかにも、車内からバックドアを開けられる「バックドアアウトサイドオープナースイッチ」を装備したほか、中間膜に遮音層を挟んで遮音性を向上させたフロントガラスを採用することで車内の静粛性を向上。高性能モデルの「NISMO」については、転がり抵抗を20%低減した新タイヤを装着することで、ロードノイズの1dbの低減(50km/h時)と燃費の改善を実現しているという。

価格は390万7440円から640万1160円。

(webCG)

関連キーワード:
フェアレディZ, 日産, フェアレディZロードスター, 自動車ニュース

日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • そこに熱はあったか!? プロトタイプを前に思う新型「フェアレディZ」とスポーツカーの哲学 2020.10.5 デイリーコラム なぜスポーツカーはブランドや時代の象徴とされるのか? 私たちはスポーツカーに何を求めているのか? 日産が発表した「フェアレディZ プロトタイプ」を前に、Zのファンであり、日産車を愛好してきたジャーナリストの西川 淳が「スポーツカーの哲学」を語った。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • 「ジープ・ラングラー」に電動開閉式ルーフを装備した限定モデルが復活 2021.5.21 自動車ニュース FCAジャパンは2021年5月20日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」に電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」を装備した限定モデルを設定し、同年6月5日に発売すると発表した。2色のボディーカラーが設定され、販売台数は合計300台。
  • 「ジャガーEペース」のプラグインハイブリッド版、国内導入へ 2021.5.21 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年5月21日、ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」のプラグインハイブリッドモデル「PHEVローンチエディション」を国内で販売すると発表。同日、20台の台数限定で受注を開始した。
ホームへ戻る