新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー

2017.07.10 自動車ニュース
新型「ホンダCR-Vスポーツハイブリッド」
新型「ホンダCR-Vスポーツハイブリッド」拡大

本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。

「CR-Vスポーツターボ」
「CR-Vスポーツターボ」拡大

CR-Vは都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。

今回発表された新型では、1.5リッター直噴ターボを搭載する「スポーツターボ」と、2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載する「スポーツハイブリッド」の2タイプがラインナップ。スポーツターボでは6.2リッター/100km(約16.1km/リッター)、スポーツハイブリッドでは4.8リッター/100km(約20.8km/リッター)という燃費性能を実現している(ともに中国総合燃費モード)。

さらに安全運転支援システム「ホンダセンシング」などを採用し、“都市型SUVの新たなベンチマーク”となるべく、商品力の強化が図られている。

(webCG)

関連キーワード:
CR-V, ホンダ, 自動車ニュース