新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー

2017.07.10 自動車ニュース
新型「ホンダCR-Vスポーツハイブリッド」
新型「ホンダCR-Vスポーツハイブリッド」拡大

本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。

「CR-Vスポーツターボ」
「CR-Vスポーツターボ」拡大

CR-Vは都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。

今回発表された新型では、1.5リッター直噴ターボを搭載する「スポーツターボ」と、2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載する「スポーツハイブリッド」の2タイプがラインナップ。スポーツターボでは6.2リッター/100km(約16.1km/リッター)、スポーツハイブリッドでは4.8リッター/100km(約20.8km/リッター)という燃費性能を実現している(ともに中国総合燃費モード)。

さらに安全運転支援システム「ホンダセンシング」などを採用し、“都市型SUVの新たなベンチマーク”となるべく、商品力の強化が図られている。

(webCG)

関連キーワード:
CR-Vホンダ 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-V(4WD/CVT)【海外試乗記】 2018.8.17 試乗記 日本での販売終了から2年、ようやく「ホンダCR-V」が帰ってくる。ガソリンターボとハイブリッドが用意されるうち、1.5リッターターボ版に試乗。ヨーロッパの道を走り込んで熟成させたという5代目モデルは、日常の道具として進化を遂げていた。
  • 新型「ホンダCR-V」が国内でデビュー 2018.8.30 自動車ニュース 本田技研工業は2018年8月30日、SUV「CR-V」の新型を国内で発表した。このうちガソリンターボエンジン搭載車は同年8月31日に、ハイブリッド車は同年11月1日に販売を開始する。
  • ホンダが新型SUV、アヴァンシアを世界発公開【北京ショー2016】 2016.4.25 自動車ニュース 本田技研工業の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は2016年4月25日、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)において、新型SUV「アヴァンシア(中国名:冠道)」を世界初公開した。
  • 何でいまさらカムバック?
    最新SUVに見るホンダとトヨタの販売戦略
    2018.8.17 デイリーコラム 一度は日本市場から姿を消したSUV、「ホンダCR-V」と「トヨタRAV4」が相次いで“復活”する。なぜ、このタイミングでのカムバックとなったのか? 発売を前にその背景について考察する。
  • ホンダ・ゴールドウイング(MR/7AT)【レビュー】 2018.8.7 試乗記 400kgに迫る車両重量、1.8リッターの水平対向6気筒エンジンと、あらゆる部分が規格外なホンダのフラッグシップモデル「ゴールドウイング」。6代目となる新型は、遠乗りに特化したクルーザーかと思いきや、“操る”ことを積極的に楽しめる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る