フォルクスワーゲンが8車種の先進装備を強化

2017.07.20 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年7月20日、純正インフォテインメントシステムの「Composition Media(コンポジションメディア)」およびナビゲーション機能が付いた「Discover Pro(ディスカバー プロ)」の機能強化に加え、一部モデルの装備を充実させ、販売を開始した。

「ザ・ビートル」
「ザ・ビートル」拡大
「ゴルフ オールトラック」
「ゴルフ オールトラック」拡大
「パサート」
「パサート」拡大

今回、機能・装備の充実が図られたモデルは、「ザ・ビートル」「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ゴルフ オールトラック」「ゴルフトゥーラン」「ティグアン」「パサート」「パサートヴァリアント」の8モデル、全29グレード。

一番のトピックは「純正インフォテイメントシステムの大幅改良」だ。2機種の純正インフォテインメントシステムはともに画面が大きくなり、視認性が向上。ラジオシステムのComposition Mediaは6.5インチから8インチに、ナビゲーション機能付きのDiscover Proも8インチから9.2インチに変更された。

Discover Proは、立体的なスイッチ類に代えて、全面フラットになったタッチスクリーンを採用。さらに「ジェスチャーコントロール機能」を搭載することで、画面にタッチすることなく、手を画面の前で左右に動かすだけで、ホームメニューの切り替えやラジオの選局などが可能になった。

各種のコネクティッドサービスも充実し、プラグインハイブリッド車の予約充電やエアコンの遠隔操作などができるようになったほか、車両から離れた場所で目的地を検索、情報の送信ができるスマートフォン向け専用アプリケーション「Volkswagen Car-Net」が8月上旬から配信される。

これにあわせて、一部モデルでは安全性も強化された。具体的には、ゴルフ、ゴルフヴァリアント、ゴルフトゥーラン、パサート、パサートヴァリアントの「パークディスタンスコントロール」機能を拡張。「前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能」が追加された。「ザ・ビートル ベース/デザイン」では、死角にいるクルマなどの存在を知らせる「ブラインドスポットディテクション」や出庫時の車両後方の安全確認をサポートする「リアトラフィックアラート」が標準装備となった。

新たな価格は、以下の通り。(カッコ内は従来の価格)

【ザ・ビートル】

  • ベース:239万9000円(234万9000円)
  • デザイン:274万9000円(269万9000円)
  • Rライン:299万9000円(294万5000円)
  • 2.0 Rライン:349万9000円(345万9000円)

【ゴルフ】

  • TSIトレンドライン:249万9000円(249万9000円)
  • TSIコンフォートライン:279万9000円(279万9000円)
  • TSIハイライン:325万9000円(325万9000円)
  • GTI(MT):389万9000円(389万9000円)
  • GTI(DSG):399万9000円(399万9000円)
  • R(MT):549万9000円(549万9000円)
  • R(DSG):559万9000円(559万9000円)

【ゴルフヴァリアント】

  • TSIコンフォートライン:293万9000円(293万9000円)
  • TSIハイライン:339万9000円(339万9000円)
  • TSI Rライン:359万9000円(359万9000円)
  • R:569万9000円(569万9000円)

【ゴルフ オールトラック】

  • TSI 4MOTION:359万9000円(359万9000円)

【ゴルフトゥーラン】

  • TSIトレンドライン:284万7000円(284万7000円)
  • TSIコンフォートライン:325万9000円(319万9000円)
  • TSIハイライン:383万9000円(379万9000円)
  • TSI Rライン:389万9000円(397万4000円)

【ティグアン】

  • TSIコンフォートライン:360万円(360万円)
  • TSIハイライン:433万2000円(433万2000円)
  • TSI Rライン:463万2000円(463万2000円)

【パサート】

  • TSIトレンドライン:329万9000円(329万9000円)
  • TSIエレガンスライン:383万9000円(379万9000円)
  • TSIハイライン:449万9000円(443万9000円)
  • 2.0 TSI Rライン:504万9000円(499万9000円)

【パサートヴァリアント】

  • TSIトレンドライン:349万9000円(349万9000円)
  • TSIエレガンスライン:403万9000円(399万9000円)
  • TSIハイライン:469万9000円(463万9000円)
  • 2.0 TSI Rライン:524万9000円(519万9000円)

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフ, ザ・ビートル, パサート, ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.14 試乗記 Cセグメントハッチバックの世界的ベンチマーク「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいよいよフルモデルチェンジ。劇的なまでのデジタル化に込められたフォルクスワーゲンの狙いとは? 8代目となる新型の出来栄えを、ポルトガルよりリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.10.17 試乗記 質実剛健なブランドとして知られるフォルクスワーゲン。その看板車種の「ゴルフ」に追加されたディーゼルモデルは、良き選択肢となりうるか? 走りの印象のほか、装備の見どころや燃費についても報告する。
  • フォルクスワーゲンが7モデル33グレードの価格を改定 2019.12.20 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年12月20日、2020年1月1日に販売車両の価格改定を行うと発表した。価格変更対象となるのは、7モデル33グレード(特別仕様車を含む)に及び、価格改定幅は平均約1%になるという。
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.25 試乗記 自動車販売の最激戦区であるコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンは「Tクロス」を送り込んできた。「ゴルフ」や「ポロ」と同様、同社はこのクラスにも“ベンチマーク”を打ち立てることができるのだろうか。導入記念の特別仕様車に試乗した。
ホームへ戻る