「メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン」に装備充実の特別仕様車

2017.07.26 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC180ローレウスエディション」
「メルセデス・ベンツC180ローレウスエディション」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年7月25日、「メルセデス・ベンツCクラス セダンステーションワゴン」に特別仕様車「ローレウスエディション」を設定し、販売を開始した。

「C220dローレウスエディション」
「C220dローレウスエディション」拡大
「C180ステーションワゴン ローレウスエディション」
「C180ステーションワゴン ローレウスエディション」拡大
「C220dステーションワゴン ローレウスエディション」
「C220dステーションワゴン ローレウスエディション」拡大

今回のローレウスエディションは、「C180セダン/ステーションワゴン」と「C220dセダン/ステーションワゴン」をベースに設定された特別仕様車である。ローレウスとは、2000年にリシュモンとダイムラーによって設立された財団で、スポーツの力を通して社会貢献を行っている。今回の特別仕様車には、「Laureus」のロゴが入ったバッジがセンターコンソールに装着される。

エクステリアとインテリアに「AMGライン」を採用したほか、シフトとアクセルの操作だけで縦列/並列駐車を可能とする「パーキングパイロット」を標準装備。さらにC180にはスポーツサスペンションを、C220dには電子制御可変ダンパーの「AIRMATICアジリティーパッケージ」を装着した。また、両ステーションワゴンにはパノラミックスライディングルーフも追加装備される。

主な特別装備は以下の通り。

【C180ローレウスエディション】

  • AMGラインインテリア、エクステリア
  • パーキングパイロット
  • パークトロニック
  • キーレスゴー
  • プライバシーガラス
  • 前席シートヒーター

【C220dローレウスエディション】

  • AMGラインインテリア、エクステリア
  • パーキングパイロット
  • パークトロニック
  • 前席シートヒーター

【C180ステーションワゴン ローレウスエディション】

  • AMGラインインテリア、エクステリア
  • パノラミックスライディングルーフ

【C220dステーションワゴン ローレウスエディション】

  • AMGラインインテリア、エクステリア
  • パノラミックスライディングルーフ

価格は以下の通り。

  • C180ローレウスエディション:498万円
  • C220dローレウスエディション:575万円
  • C180ステーションワゴン ローレウスエディション:540万円
  • C220dステーションワゴン ローレウスエディション:619万円

(webCG)

関連キーワード:
Cクラス ステーションワゴン, Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.24 試乗記 モデルラインナップは全7種類と、今や一大ファミリーとなったメルセデス・ベンツのSUV製品群。その中核をなすのが「GLE」だ。4代目となる現行型の出来栄えを、2リッターディーゼルターボを搭載したエントリーモデル「300d」の試乗を通して確かめた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
ホームへ戻る